夜勤明けで超勤してきました。
平日は職員も一緒に作業場に行くのですが、
今日の職員は二人とも新しい人。
仕事を教える人がいません(笑)。

こういう隙だらけのシフト作るのやめてほしいです!!
結局、いる人間が超勤することになってしまいます。
ある程度、仕事を教えたら帰ろうと思ってたけどそうもいかず。
ほぼびっしり、午前の勤務になってしまいました。

うーん・・・超勤あてにしてシフト作ってるのかな?
そんな上司は年休だし(苦笑)。

なんというか、あらゆる面で、「奉仕の精神」で成り立っている介護の仕事。
「奉仕の精神」あてにされても困るんですよ。
それでいて、あんまり「よい人」だと続かない仕事でもあります。

ちょっと話飛びますが、昨日書いた案件が大ごとになっている模様です。
今週中に全国ニュースになるかもね・・・。

介護職=誰でもできる仕事、とか言われてますが、
誰もが続けていけるような生やさしい仕事ではないです。
一歩間違えると、あっけなく「容疑者」になってしまいます。

よくニュースになりますが、親が子を虐待して、「いやそれは躾のつもりだった」というやつ。
それに似た感覚が、介護者にないだろうか?
介護や支援って、相手を矯正するものではないし、妙な処罰感情みたいの持ったらアウトだと思う。
イライラしたら負けなんです。

子育てしてる時も、(相手は子ども、自分はおとな)という感覚がありました。
この仕事も、そういう感覚が大事なんじゃないかなぁ。
相手には出来ないことがたくさんあるということ。決して見下してるわけではなく。

なんだかね、「ガキの集団か!」と職員に対して思ってしまうんですよ・・・。
(全員ではないですよ。オトナな職員だっています。)
組織自体が未熟なんですね。合理的ではないことも多いし、不条理だらけだし。

今日入った新人さんも、持つかなぁ?
その人が私の知り合いだったら、「よーーーーく考えた方がいいよ」、と言うだろうなぁ。

P_20180107_001407_1
疲れた!寝くさりまーす(笑)