yami to hikari

闇と光、 自分にもあり、隣人にもある。

タグ:縁

今日は映画ネタです。
といっても仕事後なので長々書く気がありません(笑)。
なのに「クラウドアトラス」という超大作を書こうとしてるこの無謀(笑)。
クラウドアトラス に対する画像結果
いや、とにかく観て(爆)。
内容は説明しきれません。私も1回観ただけでは話の筋や組み立てが全然わからなかった。
ただ、1回目から、「これは絶対もう1度しっかり観直さなければ!」と感じました。
大げさですが、運命的な1本でした。

クラウドアトラス に対する画像結果
同じ俳優さんが何役もこなしていたり、
クラウドアトラス に対する画像結果
1849年から2321年までの6つの物語が複雑に絡み合い、
クラウドアトラス に対する画像結果
一度観ただけでは頭が大混乱です(笑)。
私はレンタルDVD3回観てようやく内容を把握しました。
そしてさらにアマゾンプライムで3回観ました。
(残念ながら無料視聴期間が終了しました。)
クラウドアトラス に対する画像結果
登場人物がこれだけいるとわけわからん(笑)。
それぞれ転生して6つの時代、物語に登場します。
因果応報というより、転生しておのおの、願いを継承している、のかな。
過去世で愛した人は今生でも愛の対象だったり人生のキーパーソンになります。
クラウドアトラス に対する画像結果
私的にはやはりペ・ドゥナの物語がぐっときましたね。
クラウドアトラス に対する画像結果
時代がかわっても二人の願いは同じ。
クラウドアトラス に対する画像結果
ハル・ベリーとトム・ハンクスの物語も泣けましたが、
上の場面、背景が思いっきりCG(ただの写真?)丸出しで、そこだけが残念だった。
クラウドアトラス に対する画像結果
愛する人とは、過去も未来も縁がある、ということ。
その間にある永遠の願いとは何だろう?
そんなことを考えて胸が熱くなる映画でした。

身体がだるく、お昼まで寝ていました。ちょっと疲れ気味の休日です。
何か書くと愚痴になってしまいそうな感じです(苦笑)。

そろそろ全体の人事異動が発表になります。
出ていく人もいれば入って来る人もいるわけで、
来年度から誰が配属されるのか、皆ざわざわしています。
私もごちゃごちゃ考えていましたが、結局どんな困った人が配属されたにせよ働いていくんだから、
もう思い煩うのはやめよう、と思いました。
いっこだけ、「もうここにいるのは来年度限りにしよう」とだけ決めました。

昨日も(やれやれ)と思うことがありました。
疲れるとたまに読むブログ↓
https://blogs.yahoo.co.jp/dyhkr486
難しい内容ですが、「そっかー」と思うこと多しです。

かれらは、過ぎ去ったことを思い出して悲しむこともないし、未来のことにあくせくすることもなく、ただ現在のことだけで暮らしている。それだから、顔色が明朗なのである。
 ところが愚かな人々は、未来にあくせくし、過去のことを思い出して悲しみ、そのために、萎(しお)れているのである。ー 刈られた緑の葦のように。」

厳しい環境に身を置かざるを得ないときってありますよね。
たぶんそこにも理由や縁があるわけで。
嘆いてばかりいても仕方ない。
たしかに、「今このとき」だけに生きれば思い煩うこともない。
だけどそれは物凄く難しいことだと思います。

リミットは決めた。あとは一日一日、一生懸命やろう。

お腹がすいてきました(笑)。なにか食べます。
P_20180304_204654
爆睡、無我の境地(笑)

このページのトップヘ