今、北海道地方では、
地震から半年ということで特番がやってます。

つい先日も厚真町で震度6の地震がありました。
21時過ぎ。私は翌日早番で、早々に布団に入ってました。
枕もとのスマホから嫌な音が。
揺れの直前に警戒音が鳴りますね。
ありがたいような、鳴ってもどうしようもないような(笑)。
余計不安になります。どれだけの揺れがくるんだろうって。

うちは震度3で、何も被害はありませんでしたが、
札幌では地下鉄が止まり、多くの帰宅難民が出ました。

半年前も今回も、怖かったのが津波です。
津波警報が出ないのを確認するまで気が気じゃありません。
調べたら、大きな被害が出るのは第二波で、
警報が出てから約20分で到達するようです。
うちは海へ歩いて行ける距離なので、迷ってる暇はありません。
クルマを使うな、と言いますが、走ってどれだけ逃げられるのか???

今度、引っ越そうと思ってる町も、見事に海沿いの町です。
目星をつけた物件は、20歩歩いたら海(笑)。
海と反対側に山がありますが、その間に線路が走ってます。
踏切を超えないと山側に行けない。
が、踏切が、無い!!!!
踏切と踏切の間が3km以上ある・・・。
線路を越えられないじゃん。

この辺に住んでる人は、諦めの境地なのか?!

何かと危機管理の甘い北海道です。
海沿いに、10メートル以上のビルを何か所か建てるとか、
すぐ避難できる場所を確保しないとダメなんでないの?

海沿いに線路が走ってるのがネックです。
線路から海側に住むのはヤバイかもしれませんね。
(誰も疑問に思わないのかなぁ???)

復興はもちろん大事なんですけど、
2度あることは3度ある、
危機管理もしっかり行ってほしいです。
P_20180426_151244
海はいろんな顔を持っている