yami to hikari

闇と光、 自分にもあり、隣人にもある。

タグ:緑内障

またまた起き抜けの頭痛です。
すぐに頭痛薬を飲んで治まりました。

私は橋本病という持病を抱えてます。
甲状腺ホルモンが普通の人より少ないんです。
ホルモン分泌量なんて皆さん意識しないで生活してるでしょうが、
これが多かったり少なかったりすると、
身体のいろんなところに影響が出ます。

私の場合、まだ自分の甲状腺ホルモンで賄える状態。
薬で補填しなくてもなんとか大丈夫みたいです。

しかし、普通の人より、あちこちにダメージが来やすいのです。
皮膚の代謝が遅く、傷がなかなか治りません。
身体全体の代謝も悪く、太りやすいしむくみやすい。
体力は無く、バテやすい。
眼圧高く、緑内障のリスクがあることも前に書きました。

頭痛も気になるし、めまいはもう何か月も放置しています。

ちょっとこれは全部病院で診てもらわないといけないのでは?!

・・・と思いつつ、行きそびれてます。
休みの日はのんびりしたいし。
そんなこと言ってる場合じゃないかな。
病院のスケジュールたてなきゃいけないなぁ。
P_20180519_144634
今日の休みは会議です

ようやく眼科に行ってきました。

健診では、左0.3、右0.7だった視力が、
眼科では、左1.0、右1.2に回復していました(笑)。

こんなことって良くある話なの?(笑)

眼科の看護師さん、視力検査の時、私が間違えると、「うーん違いますね~」
また間違えると「あー違いますね~」
あとは2択やんけ(笑)。ツーストライクまでは大丈夫なのか?
3回目に正解、で、視力回復ってどうなの(笑)。

そんなわけで眼鏡を作る必要がなくなりました。
もうすぐ免許更新に行くので、医者にその旨伝えると、
「午前中行けば大丈夫!見えるから!」だって(笑)。
非常に不安です!!

まぁここまでは笑えるんだけど、なんか「眼圧高いなぁ」と言われてしまい、
意味わからない私が「?」という表情をすると、
「眼圧高いとだんだん視野が狭くなって緑内障になっちゃうの」って。
りょ緑内障?!
この展開は想定外でした。
機械に顎を乗せ、検査。青い光が近づいてくる!
「ちょちょっと!力抜いて!眼圧高くなっちゃうから!」
医者のその声にさらにビビる私。青い光が刺さりそうだよー(涙)。
「うーんやっぱり高いなぁ」

それからもう少し検査したいとのことで待たされ。
緑内障=怖い病気=失明
頭にピーコさんが浮かぶ・・・。
(眼圧高い、眼圧高い、眼圧高い・・・)
怖いよーーー。(何故かきよし師匠も頭に浮かぶ)

「眼底の写真撮りますね~」と看護師さんに呼ばれ。
ぴかっとフラッシュが目の中に入る。数回の撮り直しが更に不安を煽る。
何度目かでOKになり、また診察室に入ります。

視神経に異常はないとのことで、少し安堵しましたが、
眼圧は基準値超えで、「半年後にまた来て」と言われました。
「が、眼圧ってどうして高くなるんですか?」ビビりながら尋ねると、
「老化!!」と即答されました(笑)。

あーあ。どんどん身体は錆びていくんだなぁ。
私は目の良さだけは自信があったんだけど。
緑内障のリスクは高いわけで(眼圧高いからね)。
「5年後はわからないからね」と医者は言ったが、どういう意味?怖いよー(泣)。

緑内障のパンフレットをもらい、すごすごと眼科を後にしました。
特に生活に気を付けるとかないみたいだし・・・検診をまめに行い、早期発見が大事ということみたいです。
老化の現実がまた、突き付けられました・・・。
P_20180117_145248_1
なるようになるにゃ

このページのトップヘ