yami to hikari

闇と光、 自分にもあり、隣人にもある。

タグ:犬

アレルギー検査の結果が出ました。
P_20190112_130144
あーあ(笑)。
やっぱり猫で出たか。

予想通り、ダニでも出ました。
ハウスダストはホコリ、ダニの死骸や糞ですね。
意外だったのは犬にも反応したこと。
猫ほどではないけど。

6段階評価なので、MAXでは無いんですね。
酷い目の痒みに襲われたり、くしゃみが出まくったり、
たまにそんなことがあります(たぶん部屋の掃除をサボってる時)。
最近そういう症状は出ず落ち着いてます。

ちゃーとは生涯の付き合いになるので、
「ずっと薬を飲み続けるとかした方が良いですか?」
と訊くと、
「いや、しなくていいです。もう飼っちゃってるんだから仕方ない」
症状が酷くなったら薬を貰いに行くということで良いみたい。

2週間分の飲み薬が処方されました。

そこで、
猫アレルギーの私が、猫と一緒に生活する上でのポイントをまとめてみます。


布団カバー、シーツはスルッとした生地

スルッとした生地(笑)。ポリエステルになるかと。
肌のためには綿が良さそうですが、
毛やホコリが付着するのを防ぐには、ポリ素材が良いみたいです。
コロコロ粘着シートでざっくり掃除してから干したり洗ったりしてます。

布小物は極力置かない

今回、部屋のクッションを全部、泣く泣く処分しました。
私は布小物が大好きで、たくさん手作りしましたが、
ホコリや猫の毛が付くのは必須です。
今後はカバー類も処分します。
ソファも布製品から買い替えたいところですが、
予算の都合で見送りました。課題ですね。

掃除はウェットタイプシートで

掃除機をいきなり掛けると、ホコリや毛が舞い上がります。
まずウェットタイプのクイックルワイパーで拭きながらホコリや毛を集めます。
それから集めたゴミを掃除機で吸い取る方法で掃除してます。
窓を開けてマスクして行うのがベター。

布団乾燥機をマメに掛ける

猫対策というよりダニ対策になりますね。
今は毎日掛けてます。
最後に布団に掃除機掛けるので、猫の毛も吸い取れますね。
P_20190107_211226

空気清浄機を設置する

うちも一昨年設置しました。
実感はそんなに無いのですが、
対策サイトでは症状を半減させる効果があると書かれていました。
アレルギー持ちの方には必須アイテムかもしれません。

猫に接近するのは最小限に

にゃんこ好きには最も辛いのがこれ(笑)。
うちのにゃんこはあまり膝乗りが好きではないので、
常に至近距離にはなりません。
しかしたまに膝に乗って来ると邪険にすることは無理(笑)。
撫でまくりです(笑)。
猫アレルギー対策サイトには、触ったら手洗いを必ずせよ、と書いてます。
やらなきゃダメですかー?(笑)。ハイ、やったほうが良いですよね・・。
爪で引っ掻かれたときや舐められると痒くなるので、
そういう時は流水で流すようにはしてます。

抗アレルギー薬を服用する

病院の薬が一番安心できると思いますが、
市販のアレルギー薬でも症状を抑えることができます。
鼻炎薬で大丈夫です。
常用はちょっと不安なので、
私は目が痒くなった時にだけ飲んでます。

神経質になりすぎない

アレルギーは体調が悪い時や、ストレスによっても悪化します。
マメな掃除は大事ですが、
あまり神経質になって、にゃんこがストレスになっては元も子も無いです。
にゃんことはほっこり暮らす、が大原則だと思います。


猫アレルギーといわれても、手放すことは考えられませんよね。
なんとかにゃんこと共存していきたいと思います。
猫を飼っていて、猫アレルギーMAXの方はさぞかし辛いことと思います。
飼った後から自分がアレルギーだとわかったとか、
どうしてもダメなこともあるかもしれません・・・。
そんな時でも、にゃんこの幸せになる方法を考えてあげてください。
保護団体に相談するとか、
猫カフェ経営しているところでも預かってくれることがあります。
(ただし悪質経営者には注意!)
他にも、ペットショップや動物病院など、
良いアドバイスが貰えるかもしれません。
まずは相談してみましょう。
P_20180115_210653

ペットというより家族だよね、やっぱり。

地震の疲れと寝不足で、さっきまで爆睡してしまいました。
外から農機具の音が聞こえたので、
「あ、電気来てるな!」と思って起きました。

テレビがつく、パソコン繋がる、充電できる、洗濯できる、風呂に入れる。
電気が無いと出来ないこと。
普段は当たり前のことがみんなありがたい。
昨日の夜は、静かで真っ暗で、
いつもは考えないことを色々考えて過ごしました。

16時過ぎに、妹から連絡がありました。
家庭があった頃、我が家で飼ってたワンコが亡くなった、と。
脚に肉腫が出来てだいぶ衰弱していました。
痛みは強くなかったようで、
最期は苦しまず静かに旅立ったと。

しばらく泣いてしまいました。
私は何もしてあげられなかったなぁ、と。
妹のことが昔から大好きで、
妹も自分の子どものようにかわいがっていました。
妹に看取られたのは幸せだったと思います。

大地震の日、ストレスがかかったのかもしれません。
名前はクロ、亡くなったのは9月6日(くろ)。
ほんとに、クロの日となってしまいました。

地震後の暗闇の中、
もし明日にでも自分の最後の日になったら、
思い残すことが多いなぁ、などと考えていました。
自分のことでいっぱいいっぱいの今。
こんなんでいいんだろうか、と思いました。

P_20180115_210653
ちゃーちゃん、キミに対しては愛情を注いでるつもりだけど、
他の大切な人たちを、
私は本当に大切にしてるとは言えないね。
私にできることは少ないかもしれないけど、
ちゃんと意識して生きて行かなきゃならないね。

このページのトップヘ