yami to hikari

闇と光、 自分にもあり、隣人にもある。

タグ:泣く

昨日、今日と寝込みました。
なんとも言えないダルさ、気分の落ち込み。
気持ちの塞ぎっぷりが酷くて・・。
突然泣き出したい気分に見舞われました。
しかし涙が出ない。

みんな、そう。
困ってる時ばかり私にお願いに来る。
でも私が困ってる時は見て見ないふり。
今、私は本当につらいのに!
ずーっと人生そうだった。
そんな役割で生まれたのかもしれない。
もう、やだ。
でも諦めるしかないのかもしれない。
だれか助けて!こんなに頑張っているのに!

・・・・・。

心の中を吐露すると、そんな感じです。
気付きました。
人生しんどいとき、毎度同じことつぶやいてるなぁ、と。

そこから、昨日書いた「自分が変わらなければ」という文言に繋がるのです。
変わらなければ、節目で私は同じつぶやきを発するだろう、と。
でもわかっているけど変えられない自分がいる。

大げさに聞こえるかもしれないけど、
たぶん何転生しても解決してない自分のテーマ。

いい子になっても脱出できない。
今はゆっくり物を考えられる時間がほしい。休養したい。

寝込んだおかげと月のものが来たおかげで、
だいぶ気持ちがラクになってます。
これから掃除しましょう。好きな音楽かけながら。

少しずつ、自分の身の周りを整えてみよう。

P_20180317_180523
人生時計だと今自分は午後5時のところにいる。

今、テレビで「火垂るの墓」やってますね。
私的に涙腺崩壊NO1の映画かもしれません(笑)。
このまま見続けると明日目が開かなくなりますね(笑)。
d0091006_22371447.jpg

はじめてこの作品をテレビで観たとき、
声を出して泣いてしまい、それが止まらず、
お風呂場でも暫く泣いていました。
母が心配して「大丈夫かい?」と声をかけたほど(笑)。

「悲しすぎてジブリの中で一番嫌い」と友達は言ってました。
ジブリ映画は言いたいことがわからんようなわかるような、
ぼんやりした感動がいつもあるんですけど、
これは直球で訴えてきますね。やばいです・・・。

戦争で死ぬことが普通だった頃。
お兄ちゃんは母の死に涙をこぼしませんでしたね。

私は戦争で愛する人が死ぬなんて嫌です。
これは理屈ではなく、生涯変わりようのない感覚だと思っています。

P_20180322_105949
生きてるだけでありがたいんだろうなぁ

このページのトップヘ