yami to hikari

闇と光、 自分にもあり、隣人にもある。

タグ:橋本病

蚊に刺されたような丘疹が、次第に大きくなり、
直径15センチほどの膨疹になる・・・
これが全身あちこちに出来ています。

3日ほどで腫れが引いたと思ったら、
また別の場所に・・・。
猛烈な痒みと痛み。

昨日、施設の看護師さんにちょっと診てもらいました。

「これは膠原病の紅斑かもよ。内科から来てる可能性あるから、ちゃんと検査した方がいいよ」
と言われ。
膠原病。
聞いたことあるけど漠然としたイメージでした。
膠原病=リウマチ
と思ってましたが、調べると他にも様々な病気があるようですね。

病気の原理は橋本病と似ていて、
自分の臓器等を外敵とみなし、自己免疫が攻撃してしまう。
自己免疫がエラーを起こしてるんですね。勘違いというか。
やっつけなくても良い自分を、自分自身が攻撃してるという・・。
なんだかなぁ、ですね。
細胞レベルでも自分を大事にできないとは・・・。

今日も仕事は休みを頂き、今度は膠原病の検査をしてきました。
血液を4本採り、結果は1週間後にわかります。

もし膠原病だったら、また不治の病気が1個増えることになります。
前にも書きましたが、治る見込みのない病気を持つって、非常に憂鬱ですよ。
「完治」というのは無く、「寛解」という病気が落ち着いた状態を目指すことになります。
全く健康な人と同じく生活できれば良いですが、
そうもいかず、疲れやすいとか、感染症に罹りやすいとか。
昔から、風邪を引いたら他の人より症状が酷くなりがちでした。
咳が2か月取れないとかね。
傷の治りも非常に悪いし。

去年からずっと健康状態が思わしくなく、気持ちも凹みがちです。
未来に明るい展望なんて持てやしない。
誰にも迷惑かけずなんとか生きて行こう。
そんなことばかり考えてます。

今はとにかくこの膨疹が収まらないかと。
寝ても起きても痒いのでどーもなりません。
皮膚科のアレルギー薬はぼんやり効いてるようですが。

膠原病じゃなく、酷い蕁麻疹だった、
そういうハッピーエンド?にならないかなぁ(笑)。

ちなみに、作業所で一緒に働いている60代の男性職員の奥様が膠原病だそうで、
ちょっと話を伺いました。
30代の頃診断され、半年入院したそうです(!)。
今も、風邪なんか引くととても症状が酷くなるので注意してるそう。
で、奥様の双子のお姉さんは橋本病だったそうで(!)。
最期は腎不全(透析していたが免疫の関係で腎移植ができなかった)で亡くなったそうです。

病気って凄く気を付けてる人でも、なるときはなるもの。
でも、こんな風にあちこちやられてくると、
2年前、3年前・・・元気でいられたことがありがたいことだった、と思います。
なんとか小康状態の自分に戻れたら良いですね・・・。
P_20180830_130654
入院することになったらにゃんこはどうすれば良いのだろう???
考えておかなくては。

妹も橋本病と診断されました。
これで遺伝ぽいことがわかりましたね。

うちの父が糖尿病、祖母もそうでした。
きょうだいのうち誰が遺伝するんだろー、とか言ってました。
糖尿は今のところ誰も受け継がず。
しかし同じ内分泌系の病気である橋本病に姉妹で罹患・・とほほ。

妹はおまけに腫瘍まで見つかってしまいました。
直径1センチほどの腫瘍で、近々細胞診があります。
内診では「おそらく8割がた良性」と言われたそう。
もし甲状腺がんでもほぼ完治するので、あまり心配はしていません。

代謝が落ち、疲れやすく、むくみやすくなりますが、
そんなに不安がることはないよ~と励ましてきました。
でもこの持病の数々の症状、嫌なもんです・・。
妹は若く見えるし、身体は丈夫な方でした。
その分、本人はちょっと落ち込んでるみたいです。

明日は私も健診です。
コレステロールと血糖値は大丈夫かなぁ。
体重は・・・もう諦めました(笑)。
P_20181022_171529_1
ちゃーこを看取れるぐらいには生きられるかな?

うつ病寛解状態がもう何年も続いています。
だがしかし。
劣悪な職場の人間関係で、悪化するのが不安な今日この頃。

先日、橋本病のことも書きました。
橋本病の症状のひとつに「うつ状態」もあるんです。
なんか、ダブルパンチですね。

職場のナースに、
「元気そうで橋本病に見えないね~。
橋本病の患者さんって、もっとどんよりしてる人が多いけど」
と言われました。
「いやいや、家ではどんよりですよ。満身創痍です」
独り暮らしで、家ではしゃいでたら怖いですよ(笑)。
私は甲状腺ホルモンがまだ出ているので、元気そうに見えるんでしょうね。

うつ病は、何となく付き合い方がわかってる、というか。
騙しだまし、闘わないようにしてます。
うつ病=今の自分、なのだから、闘うと余計こじれます。
おかしくなりそうな時はいい子にならない。
「バーカ」と思ったら、「バーカ」と心でつぶやきます。
「あームカつく!!」と車の中で言うことも。
自分が許せる範囲で悪い子になったらいいんです(笑)。
真面目過ぎ、善い人過ぎ、責任感じ過ぎは、
転げるようにうつの坂道を落ちて行きます。

うつ病になる人って、いくら悪い子になっても、
早い段階で内省するもんだと思います。
内省したくなったらすればよい。
内省し過ぎには注意だけど。

そんな感じでうつを飼い慣らしてきました。
最近は本当に精神的に疲れますが、
無理に明るくふるまわず、かといって深刻にもならず、
「ちょうど良いウツ」で生きています(笑・かな?)。
なーんて、カラ元気だなーと思うことも多いけど(笑)。

毎日、胸が塞ぎますが、
いつの間にかその日のうちにモヤモヤがなくなってます。
ブログに書くのもストレス解消になっているのかも。
読み流してくださってる皆さん、ありがとうございます。
P_20180909_081855_1
うつ人間は、猫に学ぶことが多い。

またまた起き抜けの頭痛です。
すぐに頭痛薬を飲んで治まりました。

私は橋本病という持病を抱えてます。
甲状腺ホルモンが普通の人より少ないんです。
ホルモン分泌量なんて皆さん意識しないで生活してるでしょうが、
これが多かったり少なかったりすると、
身体のいろんなところに影響が出ます。

私の場合、まだ自分の甲状腺ホルモンで賄える状態。
薬で補填しなくてもなんとか大丈夫みたいです。

しかし、普通の人より、あちこちにダメージが来やすいのです。
皮膚の代謝が遅く、傷がなかなか治りません。
身体全体の代謝も悪く、太りやすいしむくみやすい。
体力は無く、バテやすい。
眼圧高く、緑内障のリスクがあることも前に書きました。

頭痛も気になるし、めまいはもう何か月も放置しています。

ちょっとこれは全部病院で診てもらわないといけないのでは?!

・・・と思いつつ、行きそびれてます。
休みの日はのんびりしたいし。
そんなこと言ってる場合じゃないかな。
病院のスケジュールたてなきゃいけないなぁ。
P_20180519_144634
今日の休みは会議です

このページのトップヘ