昔から私は、人に声を掛けられることが多いです。
ナンパとかそういうのではないですよ(笑)。
道を尋ねられたり、お年寄りに雑談を向けられたり、そういうのです。
たぶん、あまり美人じゃないからでしょう(笑)。
仕事以外は「話しかけないでオーラ」を出してないからかな(笑)。

ナンパは若い頃に数えられるほどです(笑)。
その中でもひとつだけ、強烈に憶えてる不思議な出逢いがありました。
(思い出話なのでここからは苦手な方はご遠慮ください・笑)

イニシアルはJ・P・・・アメリカ人でした。
20代の初め、別れた夫と遠距離恋愛をしてた頃、
初めて独りで訪れた新宿。元夫とのデートの時間まで東京見物していました。
ふらっと入ったダンキンドーナツ。混んだ店内で文庫本を広げ、時間を潰していました。
ふと、自分に近づいてくるトレイを持った大きな影に気づき顔をあげると、
にこやかな外人だ(笑)。思わずどっきりカメラかと思い辺りを見まわしました(笑)。
店内、満席。何故か私の前の席だけが空いていたのでした。

「ここ、いいですか?」
ものすごく彫りの深い顔、ものすごく背が高い、グリーンの瞳。ジンガイだ、どうするべか(笑)。
「どうぞ」
動揺と裏腹にクールな素振りで答えた私です(笑)。ぱたっと文庫本を閉じて。
「とても混んでますね」
綺麗な日本語と柔らかい物腰。どうやら英語はいらないみたい(ほっ)。
まともに外国の方と話したのは初めてでした。
本当に不思議ですが、ほんの数分の会話で一気に打ち解けてしまいました。
地方から来た私に興味を持ったようでした。
彼の出身地はニューヨークの北東にある町ということで、
気候が私の住む北国にとてもよく似ているということ。
「僕がずっと行ってみたかった街です」ワオ、という表情です(笑)。

彼は一枚の名刺を私に差し出しました。ヘンな物売りの人ではありませんでした(笑)。
外資系の証券会社名、彼の苗字?は日本語で「楽園」を意味する単語でした。
「へぇ、とても素敵な名前ですね」
「初めて会った方にもすぐ憶えてもらえますよ」
「私ももう憶えましたよ(笑)」
赤坂に住んでいて、休みの日は皇居周辺をサイクリングしていること。
私の年齢は聞いたのに、自分の年齢はどうしても言いたくないこと(笑)。
そしてお互いドーナツとコーヒーが無くなっても話が尽きません。
私の時間の余裕は2時間以上ありました。
「少し歩きませんか?案内させてください」彼は言いました。

新宿の人ごみの中、彼はゆっくり歩いてくれました。
すでに彼には、自分は婚約者に会うために上京していることを伝えていました。
それでは待ち合わせの時間まで、ということでエスコートしてくれました。
「是非かずみんさんを連れて行きたい場所がある」と言って、
案内してくれたのは裏通りのジャズバーでした。
まだ開店しておらず、外から眺めているだけでしたが、
「よくここに来てるんです。今日も夜行こうと思って」
なんとなく誘われてる気もしましたが、ふわっと流してしまいました(笑)。
まさか20年後、夫と別れるなんて思ってもいなかったので(苦笑)。

話はホント、途絶えることなく、新宿を歩き回りながらあっという間に時間が来ました。
「あなたは他の日本の女性とはどこか違う」
彼が言ったその言葉、どういう意味だったんだろう。
確かに私は都会の洗練された女性とはだいぶ違うし(笑)。
東京の真ん中で暮らすエリートのアメリカ人には、
不思議な生物に思えたのかもしれません(笑)。
当時の私はワンレングスの黒髪で、顔も「和」(笑)、
逆になんか新鮮だったのだろうか・・・。

最後、別れた雑踏は、あれはどこだったのか。
どこかのビルのホール、狭い空間にひしめくように都会の人達がいた。
その中で、人にもまれながら、求められて自分の電話番号を書いたメモを渡しました。
そのまま、私は人に流されてビルから押し出されました。
やっと振り返ると、ひとつ頭抜けて彼の顔が見えました。手を大きく振って。

やがて夫となる人にはひとことも言わない罪悪感(笑)。
一線も超えておらず、てか、触れてさえいないのに。

その後、毎日掛かって来るJ・Pなる外国人からの電話に実家は大騒ぎ(笑)。
「ええ?どうするの?」テンション高い母の問いに、
「どうするのって、婚約者がいることちゃんと言ってあるから」
夫と結婚することに迷いは無かったはずだけど、なんでこんなに憶えているのだろう(苦笑)。

次第に「逢いたい」と深刻になる彼に、私は途方に暮れるようになってしまった・・。
どうしても私の暮らす街に来たいと。ほんとうに街だけが目的だったかもしれないけれど。
「J、私はもうすぐ結婚するの」
それが最後の電話での私の言葉でした。
それから1か月ほどで、彼からの電話は途絶えました。

たった1回逢っただけ、(遭った、という感じか)、そしてなんにもなかったのに、
30年近く経ってもよく憶えています。
BBAとなった今、
「単に友達として北国を案内してあげればよかったんじゃないの?」
自分の娘ほどのあの頃の自分にそう言うかな。
たぶん彼には下心などなく、あったのは「friendly」だったんじゃないかと。
ちょっと怖いなら、私の友達も一緒に会おうよ、とか方法はあったはず。
幼くて、知恵もなかったなぁ・・。

BBAの昔話にお付き合いくださり誠にありがとうございました(笑)。