どうしてまたブログを書く気になったか?

実は現在の自分の仕事に関わっています。

今私は、重度知的障碍者施設で生活支援員として働いています。
要は知的障碍者の身の周りのお世話をする仕事です。

ご存知の通りこの職種は、担い手がどんどん減少しています。
理由は単純、「安い」「汚い」「キツイ」、
負の三拍子が揃えば、誰だって敬遠してしまう職業になってしまうのではないでしょうか。
施設は慢性的な人手不足、職につくのは簡単です。
結構な数の施設が「学歴不問」「経験不問」「資格不要」で職員を募集しています。
臨時職員やパートタイマーとしての採用が多いと思いますが。
私もはじめ臨時職員として採用され、その後正規職員採用試験に合格し、現在に至っています。

そんなふうにホイホイと採用してしまうもんだから、
実に多種多様の人間が、この手の施設に集まってきます。
然るべき養成機関で福祉系の資格を取り志高く就職した人、
どこにも働き口が見つからず面接したら「明日から来て」と言われた人・・・

「社会福祉法人」という立派な冠の下で、

酒飲んで夜勤に来て利用者の居室で寝ているとか、
悪さをしたから利用者の食事を抜くとか、

お漏らしが酷い利用者に、「オメエくせーんだよ!近寄るな!」(近寄らなきゃお世話ができません)
言葉がおぼつかない利用者に、「なんか言え!この負け犬!」(障碍者に勝ちも負けもありません)


フィクションではなく、現実なのです。

そして虐待は犯罪であり、黙認している職員も同罪なのです。

(自分も一員だ)という意識。葛藤の日々。
欝々としながらぼんやり悩みに時間を費やすより、
頭の中を整理しよう。何か書いてみよう。

そんな気持ちが、ブログをスタートした大きな理由です。
(もちろん「雑記の一部」との位置づけではありますが)
今後施設のyamiについて、書いていくつもりです。

(どんな人もhikariの部分を持ち合わせていると信じつつ・・)

*プライバシーに十分配慮した上で執筆いたします。