yami to hikari

闇と光、 自分にもあり、隣人にもある。

タグ:引っ越し

まだ辞令も出ていないのに引っ越す気満々です(笑)。
朝から引っ越しに関するサイトをウロウロ。
いつの間にかこんな時間になってしまいました。

たぶん、異動は確定だと思うのですが。
先日、会社から通達が。
外部のカウンセリング(精神科医による)を受けてこい、と。
ごちゃごちゃ説明せず、
「現在、地元の病院にうつ病で通院中」
と告げると、
「あ、それは話が早いですね!」
と言われました(笑)。
会社への報告書にその旨記載してくれました。
「まずは地元に帰りましょう!」
と、主治医から帰郷の指示がある、とも書いてくれました。

カウンセリングの帰り道、
ラジオから「遠くで汽笛を聞きながら」が流れてきました。
「何もいいことが~無かった~この~街で~~♪」
すごいタイミングだったわ(苦笑)。
(この街に留まりなんとか生きて行こう、という歌なのだが・・)
留まるまい。

そんな訳で、
はやる気持ちを抑えきれず、
引っ越しの見積もりを出してもらったところ、

「25万円に消費税プラスですね~~~」

・・・・
・・・・・・。

いくら繁忙期とはいえ、足元見過ぎでしょうが!!!
たしかにうちは新婚家庭ぐらいの荷物があるし、
片道150キロの移動ではあるが。

「ああ、そうですか・・・」
落胆した声で反応すると、
昨今の運転手不足を懇々と説明され。
明らかに吹っ掛けてきてるのに、あたかも正当な値段だ、と言ってるようで、
もうその業者にお願いする気が無くなって、
「じゃあ、いいです・・」
引くと、やっぱり押してきた。
「お日にちをもう少しずらして頂ければ」
お日にちをずらしてみたが、それでも、
「15万プラス消費税です~~」
数々のサイトで知った相場よりかなり高い。

2年前、こちらに来た時の引っ越し代は、7万5千円だったのです。
同じ業者でデータも残っていたのですが、
「7万5千円というのは奇跡に近い値段ですね」
と言われ(あなたの所で出したミラクルでしょうが!!)。
また2年前と業界の状況がいかに違っているかを説明され・・・。
(なんかもうこの人と話したくないな)
他の所で見積もり取ってもらってるんで、と言って電話切りました。
とても疲れました。

私の苦手分野に、価格交渉があります。
とにかく値切るのって苦手。
(なんか悪いな)って気持ちが先に立ってしまう。
交渉するのがとてもめんどくさいんです。

かといって15万プラス消費税というのは、
3月半ばの引っ越し価格では高いんじゃないの?
もう少しなんとかならんのか、という思いがある。

ちょっと気持ちがはやり過ぎたのかな(笑)。
もう少し見積もりは後にすべきだったか。

明日も他社から電話が掛かってくるな・・・。
引っ越す気満々だったけど、
一気にめんどくさい気持ちになってしまったよ・・あ~あ。

P_20181103_192331_1
「それでも引っ越しますけどね!」

今の私にはただ逃げの手段でしかない引っ越しです。
本当に体力、メンタル大丈夫かぁ・・大仕事だな。

昨日、一昨日は連休で、ずーっと台湾のサイトを観てました。
ボーナスがもしも多かったら、思い切って飛んでしまおう、と。

本日、「もしも」が泡のように消えました(笑)。
P_20181209_190452
毎度おなじみ、明細公開処刑です

これ、夏のボーナスより少ないんですけど・・・。
クルマのローンが天引きとはいえ、
これじゃ台湾どころじゃないですね。

最初、数字が、2だか3だかよく見えなかったんです。
(3なわけ無いよなー)
と思った瞬間、脱力しました(笑)。

たぶん、春には引っ越しです。
前回も10万ぐらい持ち出しがありました。
今回は繁忙期に引っ越すことになると思います。
このボーナス、全額パーかもしれません(涙)。

病気になるほど張り詰めて、
贅沢ゼロで切り詰めて、
2年頑張って働いて、いくら貯金できただろうか・・・。

台湾よ、さようなら・・・。
taiwan
ふらっと行きたかったよ。
・・・でも必ず行くぞ!そのために働くぞ!
激安弾丸ツアーでも絶対行きたい!

そうそう、私、かなり煮詰まってるんでしょうね。
「遠くへ行きたいbyジェリー藤尾」が頭に流れてます(笑)。
台湾の雑踏に独り揉まれたいのです。

当分お預けです。
あとは宝くじ当てるしかないですね(笑)。

丸二日の大吹雪が去り、すっかり穏やかな気候になりました。
ここは北方ですが、ほんの少し春の気配がします。

この大吹雪の前、急に家の気温が上がったんです。
5度くらい、いつもより暖かい。(5度はだいぶ違うよ!)
休日のお昼はストーブを消していたほど。
外気温はいつもと同じ、特別暖かい日が続いたわけでもなく。

ピンポーンと家のチャイムが鳴り、出ると、
「下に越してきた〇〇です~」と、私より少し年下な感じの奥さんが。

あ~~~そういうことか~~、とそのとき、
家が急に暖かくなったワケを知ったのでした。

階下の若夫婦が引っ越したのは知らなかった~。
そういえば子どもの声がしなくなってた。
このアパート異常に寒い!と思ってたんですが、
階下に誰か住んでるとこんなに暖かさが違うもんなんですね。

先月の灯油代は2万弱・・・派手に焚き過ぎましたね(笑)。
今月は挽回すべく灯油代を抑えられるのか??
うちの灯油代は階下のお宅にかかってます(笑)。

P_20180303_110345
ご挨拶の品、ありがとうございます。

このページのトップヘ