yami to hikari

闇と光、 自分にもあり、隣人にもある。

タグ:嫌い

「置かれた場所で咲きなさい」

最近、よく目(耳)にするこの言葉。
率直に言うと、私はこの言葉が嫌いです。

まず、「置かれた」って受動体。
「そう簡単に自分の人生選べないよ」
ってニュアンス感じます。
確かに人生そう甘くない。
実際、選べない現実に右往左往している自分ではあります。
でも、「置かれた」ら、自分で移動しちゃダメなんですかね。
よそに行ったらダメなんですかね。
自分の人生、誰かに「置かれ」ることに、違和感はないですか?

そして、なんなんですか、「なさい」って命令口調は。
咲かないと、ダメなんですかね。
咲けなかったら、どうすれば良いのですか。
咲きたくても、咲けなかったら。
elly20160628571122_TP_V

先日、テレビで観ました。
この言葉がデカデカと黒板に書かれている、卒業式の教室の風景。
アナウンサーは、
「なんか涙が出そう、感動しちゃって」
とか言ってました。
私は、心がヒリヒリしました。

学業優秀で、友達にも恵まれ、家庭も安泰。
そんな子どもはこの言葉に素直に感動するでしょうね。
「よし、進路でも頑張るぞ!」
そう思えるでしょうね。

でも、何かに躓いてしまった子どもはどう感じるでしょう。
この言葉を読んで、自分は脱落者のように感じませんか。
(置かれた場所で咲けませんでした・・・)
(だから次の場所でも咲けないかもしれません・・・)
すごく傷つきませんか。

道の真ん中にぶっ倒れたランナーの耳元で、
でっかい声で、「頑張れ頑張れ」と叫んでるような。

「置かれた場所で咲きなさい」
とても強く、美しく、無慈悲な響き。
勝ち組が、勝ち組を叱咤激励するときに使う言葉。
弱者の傷に塩を擦り込むような言葉。

私にはそう思えます。

咲けそうな場所を探していいんだよ。
そして、咲けなくってもいいんだよ。

「置かれた場所で咲きなさい」
という言葉は、だれかれ構わず掛ける言葉ではないと思います。
むしろ、
「置かれた場所で咲こうなんて、そんな無理しなくて良い良い!」
と言われた方が心がラクになりませんか?(笑)。

「あなたのこと嫌いなんです」
というタイトルでブログ書いて、
保存してそのままになっていました(苦笑)。
夜書いて、朝読み返したら憂鬱になって(苦笑)。

自分が嫌だな、と思う人間に対して、
気を遣う必要はない、
「嫌いなんです」
っていう態度でいいんじゃないの?

と自分に言い聞かせるブログだったんです(苦笑)。

よく、「自然体で生きよう」とか皆言うけど、
それって、嫌いな人に対して「嫌い」っていう接し方してるの?
どうするのが自然体なの?
大人として、と考えると、わけわかんなくなる。 

嫌味を言いまくるとか、
キッツイ言い方するとか、
いくら嫌いな人とはいえ、そういうことは元来できなくて。

ただ、若い頃の自分はもう遠くて、
無理に笑ったり、場に合わせたりはできなくなっています。

それが私の自然体?
なんだかわからなくなっている。
何しても疲れる。
一言で言えば今の状態って「適応障害」なのかな。


↑カーペンターズの歌は気持ちにしっくりきますね。

介護の仕事って、度々人間の真っ黒い部分を見てしまう仕事。
自分自身のそれも。
本当に、うんざりだ。

このページのトップヘ