えー、今日は思いっきり「yamiブログ」です(苦笑)。

今日は職場で生あくびばっかり出てました。
「疲れてますね。ストレスですか」
苦笑しながら新人さん(もう半年経ったけど)に言われました。
「かなー?」
私も苦笑しながら答えます。
「私は胃が痛くて、もう・・・」
ため息まじりに新人さんが言います。

職場の女ジャイアンは本日も、
肩で風を切り、ツカツカ歩き回り、ドアをばたん!と閉め、
「不機嫌アピール」をしまくり、
ワレワレを不愉快にさせていらっしゃいました(苦笑)。

新人さんはちょっとオロオロし、
私は「あーごめんごめん!」と謝りつつも流しまくり(笑)
(ラスボス並みの攻撃力なので)。
まともに相手にしたらライフがゼロになっちまう(笑)。

こんな人間が好かれるとは到底思えないのですが、
ご本人の口癖は、「あ、その人、私の友達!」です。
この町の人全員友達なんじゃないかと思います(笑)。
相手は友達と思っているのだろうか・・・。
ご本人は自分を「愛されキャラ」だと思ってるようで・・。

自分が音痴なのを自覚せず、広場でリサイタルを開催してしまうような。
・・・・・。

新人さん、「もう辞めたいです・・」と。
そりゃそうだ。
「私、こんなスゴイ人ばっかの職場って生まれてはじめてだよ」
と言うと、
「私もです」
・・・新人さんが話を合わせたとは思えません。

今日は仕事中、新人さん、気を遣って女ジャイアンに、
「それ私やりますか・・」
と言ったところ、
「いえ、いいです!結構です!いいですから!」
と、凄い剣幕で断られてました。
こんな勝気な女、あまり会ったこと無いですわ。
(気が強いのではない。「勝気」)

我慢して頑張って傷ついてる時間がもったいない、
考えるなら早い方がいいよ、と私は言いました。
今、究極の人手不足。
自分の身を案じるなら引き止めるのが策でしょうが。
新人さんに自分を重ねて見ています。
的のように当たられまくってる姿が可哀想。

そして女ジャイアンが1名ではないという地獄。
ドラえもんのような救世主はいつまで待っても現れず(苦笑)。

そして、ホントに怒りがこみ上げる。
こんなふうに、何人も葬ってきたであろう女たち。

社会でも、いろいろ問題が起こってますね。
アマチュアスポーツ界のパワハラだとか、
新調45の差別的寄稿だとか、
今日は貴乃花親方が引退するというニュース。

なんというか、皆、大人のいじめの変形のような気がする。

どうした?大人の世界。こんな歪んじゃって。

一般人は告発する術もない。
こんな思いをしてる人が世の中にどれぐらいいるんだろう?
相手はジャイアンだから、と諦めるしかないのかね(苦笑)。

P_20180830_130654
ちゃーは猫型ロボットじゃなく、猫(笑)。だが、癒してはくれる・・。