yami to hikari

闇と光、 自分にもあり、隣人にもある。

タグ:地震

今、北海道地方では、
地震から半年ということで特番がやってます。

つい先日も厚真町で震度6の地震がありました。
21時過ぎ。私は翌日早番で、早々に布団に入ってました。
枕もとのスマホから嫌な音が。
揺れの直前に警戒音が鳴りますね。
ありがたいような、鳴ってもどうしようもないような(笑)。
余計不安になります。どれだけの揺れがくるんだろうって。

うちは震度3で、何も被害はありませんでしたが、
札幌では地下鉄が止まり、多くの帰宅難民が出ました。

半年前も今回も、怖かったのが津波です。
津波警報が出ないのを確認するまで気が気じゃありません。
調べたら、大きな被害が出るのは第二波で、
警報が出てから約20分で到達するようです。
うちは海へ歩いて行ける距離なので、迷ってる暇はありません。
クルマを使うな、と言いますが、走ってどれだけ逃げられるのか???

今度、引っ越そうと思ってる町も、見事に海沿いの町です。
目星をつけた物件は、20歩歩いたら海(笑)。
海と反対側に山がありますが、その間に線路が走ってます。
踏切を超えないと山側に行けない。
が、踏切が、無い!!!!
踏切と踏切の間が3km以上ある・・・。
線路を越えられないじゃん。

この辺に住んでる人は、諦めの境地なのか?!

何かと危機管理の甘い北海道です。
海沿いに、10メートル以上のビルを何か所か建てるとか、
すぐ避難できる場所を確保しないとダメなんでないの?

海沿いに線路が走ってるのがネックです。
線路から海側に住むのはヤバイかもしれませんね。
(誰も疑問に思わないのかなぁ???)

復興はもちろん大事なんですけど、
2度あることは3度ある、
危機管理もしっかり行ってほしいです。
P_20180426_151244
海はいろんな顔を持っている

いつもの薬置き場に、薬がない!

薬置き場から、だいたい1週間分の薬を出して、
別の所に保管しています。
1か月半分の薬が、袋ごと無いのです。

病院に行った記憶を手繰ります。
主治医の顔は思い出せる。
でも薬局の記憶が無い。

もしかしたら薬局に行き忘れた?
だとしたら薬の数が合わない。
家の中にあるはず。
少し使ってどこかに置き忘れた?

それでも一応クルマの中をみます。
やっぱり無い。

と、ようやく。
玄関の、地震避難用バッグに気づきます。

あーーーーここだ。
袋ごと全部ここに入れたんだった。

薬が無い不安から解放され、
そして、自分のもの忘れにガックリきて、脱力・・・。

まだまだもの忘れに悩む年齢ではないのですが、
今回のはまいったなぁ。
全然思い出せないんだもの・・。
こんなことが増えていくのかなぁ。
P_20180911_182537
黄昏・・・。



地震の影響がいろいろと出ています。
今日は年に一度の施設のお祭りだったのですが、
余震がまだ続いているのもあり、中止になりました。

ほぼ全員の職員が出勤です。
中止になった今、こんなに職員はいらないわけで。
今朝、いつもの時間に起き、
(あら、私いなくてもいいんじゃない?)
と気付きました。

今回のシフト、一応出たのですが、
案の定めちゃくちゃでした。
休みが被って勤務者がいないとか。
二日分、休みを他の人に譲りました。

てなわけで、今日私が休んだ方が、
後から勤務調整しなくて良いので、事業所側も都合いいのです。

課長に電話すると、逆に感謝されました(笑)。

急な休み、早起きもしちゃったし(笑)、
何しようかな~有効に使おう!
P_20180909_082128_1
休みを察してか、膝で至福の表情(笑)

地震の疲れと寝不足で、さっきまで爆睡してしまいました。
外から農機具の音が聞こえたので、
「あ、電気来てるな!」と思って起きました。

テレビがつく、パソコン繋がる、充電できる、洗濯できる、風呂に入れる。
電気が無いと出来ないこと。
普段は当たり前のことがみんなありがたい。
昨日の夜は、静かで真っ暗で、
いつもは考えないことを色々考えて過ごしました。

16時過ぎに、妹から連絡がありました。
家庭があった頃、我が家で飼ってたワンコが亡くなった、と。
脚に肉腫が出来てだいぶ衰弱していました。
痛みは強くなかったようで、
最期は苦しまず静かに旅立ったと。

しばらく泣いてしまいました。
私は何もしてあげられなかったなぁ、と。
妹のことが昔から大好きで、
妹も自分の子どものようにかわいがっていました。
妹に看取られたのは幸せだったと思います。

大地震の日、ストレスがかかったのかもしれません。
名前はクロ、亡くなったのは9月6日(くろ)。
ほんとに、クロの日となってしまいました。

地震後の暗闇の中、
もし明日にでも自分の最後の日になったら、
思い残すことが多いなぁ、などと考えていました。
自分のことでいっぱいいっぱいの今。
こんなんでいいんだろうか、と思いました。

P_20180115_210653
ちゃーちゃん、キミに対しては愛情を注いでるつもりだけど、
他の大切な人たちを、
私は本当に大切にしてるとは言えないね。
私にできることは少ないかもしれないけど、
ちゃんと意識して生きて行かなきゃならないね。

夜勤中の大地震でした。
仮眠中の夢…夜中なのに利用者さんが寮内を歩き回っており、
何故か部長が「早く部屋に戻って!」と言ってる夢で。
なんだなんだ?と目が覚めたのが丁度3時。
それから間もなくして地震発生。
ある意味、予知夢?

停電で、窓のないトイレは朝になっても真っ暗。
詰所も真っ暗。
利用者さんたちに怪我もなく、取り敢えず安心です。

今は家にいますが、蝦夷の電力壊滅的みたいですね。
いつ復旧するんだ???
本当に停電が長引くと不便なもんですね。
情報源はスマホのみ、詳しいことは何もわかりません!
これからクルマに行って充電とラジオ聞いて来ますが、
クルマない人はホント大変だと思います。
ラジオくらいは備えておくべき。

震源地にかなり近いですが、意外と被害はほぼゼロ。
しかしこの先どーなる?
こういうことが起きると、我々の生活って案外脆いんだな、と気付きますね。
とにかく、早く電気ください!

このページのトップヘ