yami to hikari

闇と光、 自分にもあり、隣人にもある。

タグ:北海道

人生、あんまり旅行しなかったなぁ。
それが今、心残りだな。

休みといえばパチンコ屋に入り浸り(笑)。
そして何処にでも行けそうなお金を溶かし(笑)。

東京に居ながら、東京の何処にも行かなかった。
北海道民の癖に、北海道のことよく識らない。

考えてみたら、行ったことのないところばかり。

こんなこと考えるのって若者だけなのかなぁ。

バックパッカー婆さんにでもなろうかな(笑)。
そんなこと思ってるうちに、足腰が立たなくなってしまうんだろうな。

壮大な風景が観たい、とか、
知らない人と交流したい、とか、そういうのは無い。
19d2018a-s
単純に「美味しそう!食べたい!」とか、
7e23e02c-s
「紫色のコメって食べたこと無いわー」とか、
もっぱら食い気ですね(笑)。

あとは今更外国語の習得に興味が出てきた。
片言でなんとか食べたいものを注文している自分を想像すると面白い。
(やっぱり食いもの関係・笑)

まぁ、中華街にでも行けば台湾料理はなんでも食べられるだろうけど。
そういうことでなくて。
温度とか、湿気とか、街の匂いとか。
「美味しい」と思う要素って、そういうところにもある。

日本だって行ったことないとこだらけだ。
数年前、実家の連中で計画立てたがパーになった沖縄。
自分のルーツである新潟。
そういや旭川にすら行ったことない(笑)。
襟裳岬も歌でしか知らん(笑)。

この歳になっても知らないことがたくさんある。
旅のこと考えると、つくづくそう思う。
P_20181208_125710_1
しかし旅の間、にゃんこはどーするのだ???
これ大問題。リュックに詰めて行くか?(笑)

夜勤中の大地震でした。
仮眠中の夢…夜中なのに利用者さんが寮内を歩き回っており、
何故か部長が「早く部屋に戻って!」と言ってる夢で。
なんだなんだ?と目が覚めたのが丁度3時。
それから間もなくして地震発生。
ある意味、予知夢?

停電で、窓のないトイレは朝になっても真っ暗。
詰所も真っ暗。
利用者さんたちに怪我もなく、取り敢えず安心です。

今は家にいますが、蝦夷の電力壊滅的みたいですね。
いつ復旧するんだ???
本当に停電が長引くと不便なもんですね。
情報源はスマホのみ、詳しいことは何もわかりません!
これからクルマに行って充電とラジオ聞いて来ますが、
クルマない人はホント大変だと思います。
ラジオくらいは備えておくべき。

震源地にかなり近いですが、意外と被害はほぼゼロ。
しかしこの先どーなる?
こういうことが起きると、我々の生活って案外脆いんだな、と気付きますね。
とにかく、早く電気ください!

このページのトップヘ