yami to hikari

闇と光、 自分にもあり、隣人にもある。

タグ:入院

12月になっちまいましたね。
11月も怒涛のように過ぎてしまいました。

がんの手術で入院していた利用者さんが退院しました。
医療設備の整った施設に転院、という話でしたが、
受け入れ先が見つからず、戻ってきました。
なんとなく予想はしてましたが・・。

上顎洞がんということで、
手術でがっぽり上顎が切除されてました。
口腔内上部と鼻腔の境目が無くなりました。
そこに蓋のような器具が装着されてます。
文字だとうまく説明できないな・・。
口と鼻がストレートになってしまった、ということです。
蓋で境目を作ってるんですね。

目を離すと他害に及ぶ利用者さんだったので、
戻ってきたら大変だ、と皆覚悟してたのですが、
全く手の掛からない別人になって戻ってきて驚愕です。
「座っててね」と言えばずーっと座ってるし、
すっかりおとなしくなってしまったというか。
我々にとっては良い変化なのですけれど。

精神薬を盛られて鎮静されてるわけではありません。
現在、精神薬を飲んでません。
どうしてなのか謎ですが、
手術後、ICUで数日間、昏々と眠らされてたようです。
もしかしたら電気ショック療法のような効果があったのでしょうか?
本当に、入院前の自分を忘れてしまったようなのです。

そんなわけで、
居るか居ないかわからないような存在になってしまい、
ユニットがカオスになることも無く。
今日も無事に私の仕事は終わりました。

しかし。私は凄く疲れてまして、
まるで燃えカスです(笑)。
仕事は通常業務だけではなく、
12月10日締め切りの論文提出だの、
会議だの、チューターだの何だので、あっちもこっちもです。
一応上司に診断書は提出しました。
予想通り、ふわっとした対応でした(笑)。
大ごとにしたくないんでしょうね。

ボヤけばキリがないです。今日はこのへんで・・・。

P_20181203_213345_1_1
ちゃーは今日もお美しいです。

さすがに、夜勤なしの5連勤は疲れますね。
時間も毎日バラバラ。早朝のシフトがあったり、今日は夜までの勤務。
しかも今日はお風呂の日です。
お風呂介助は本当に体力奪われます(涙)。

土日は比較的のんびりとした日課ですけど、
月曜がばたばた忙しいので、その準備に追われることも。

そうだ、今日は長年うちの施設に居住している利用者さんが、
病院に行く日です。
認知症の方が多く入院している精神科です。
今日は初診となりますが、今後入院となるでしょう。

入院したら帰ってこない可能性もあります。

実はその利用者さん、私は大好きなんですよ。
過去は高校の普通科を出て普通に就職していた方です。
今の時代なら、アスペルガー症候群という障がい名が付くであろう方で。
現在はお話が出来る時と出来ないときの差が激しいけれど、
ちゃんと話が出来る時は、こちらの体調を気遣ってくれたり、
お手伝いをしたがったり、善い方なのです。

今は興奮すると全裸になったり、職員を叩いたりが多くなってます。
入院を決めたのは前リーダー。
話しぶりから、なにか「厄介払い」のようなニュアンスを感じました。
職員の負担を減らすことを第一に考えてた人でした。
(職員からすれば負担が減るのはラクだけど)
新しい環境が利用者さんの負担にならないだろうか・・・。

薬の調整が終わったら、戻って来る可能性もあります。
また昔話を聞かせてほしいです。

P_20180414_200443_1
その利用者さんも猫が大好き

このページのトップヘ