yami to hikari

闇と光、 自分にもあり、隣人にもある。

タグ:入院

先ほど妹から連絡があり、父が入院したとのこと。
急性肺炎だそうです。
重症ではないみたいですが・・・。
歳なので心配ですわ。

11日、実家に泊ったときも熱を出して咳してました。
翌日、お寺参りをして、皆の健康を祈ったんだけどなぁ。

私も一昨日、またアレルギー症状が出てしまいました。
P_20190813_224602
汚い画像ですみません(苦笑)。
これは豚・・もとい膝です(苦笑)。
多分、蚊アレルギーです。
他にも数か所やられたようで、がっつり腫れました。
脚が浮腫むと痒みが酷くなります。
今はだいぶ腫れが引いたので、
正月みたいな惨事にはならないかと・・・。
薬飲みました。

身体のあちこちがボロボロです。
気になっていた持病(甲状腺)の診察予約も入れました。
本当に50歳を過ぎてガタガタと、何もかもが崩れてます・・・。

6連休が終わります。
実家に行ったくらいで、またまたなーんにも無かったよ。
悔しいので、独り、外食に行ってきました。
P_20190815_115622
近所の中華屋さんです。
GWに妹と行った店。
地元では安くてウマいという人と、
安くてマズイという人で分かれます(笑)。
多分、本場の味に近い?
厨房から賑やかな中国語が聞こえてました。
画像はランチ「鶏とカシューナッツ炒め定食」
680円、安い!!私的には「ウマい」。
マズいという人は日頃から美味しいもん食べてるんでしょう。
久しぶりの贅沢した気分です。

明日から仕事だな。
北にも台風の影響が出る模様。
日本海に抜けてから再上陸するっぽいので、ヤバいみたい。
子ども達、来るんかな?
仕事行きたくないな(笑)。

私、取り越し苦労タイプです。
若い時から「もしも」の時のことをシュミレーションするのが癖になっております。
何故か?
ただ安心したいだけです。
「もしも」に備えると安心するんですね。

20代の終わり。
あらゆることが不安になり、
(まぁ病んじゃってたわけですが)
あらゆる対策をたてたわけです。
そのひとつとして、
夫婦型のガン保険に加入いたしました。
20代で、もしもの時は400万円もらえるという、
手厚すぎる保険に加入しました(笑)。

今思えば「なんでそんなのに入った?」と笑えますが、
当時は真剣でした。

がしかし。
「もしも」は10年経たずにやってきた。

30代半ばで、元夫がガンに罹患。
まさかの若年でガンとは。

それが、なんとも幸運なことに、
元夫のガンは極めて予後の良い「甲状腺がん」でした。
9割方完治します!と大学病院の医師のお墨付き。

ハイ、400万円、ドッカーンです(笑)。
他にも手術給付金やら入院給付金が出て、
元夫は「ガン長者」と呼ばれることに(笑)。

そして、ヤツは全額で、レガシー(車)を購入。
「貯金にまわそう」とか「美味しいもの食べようか」とか、
全くナシで全額クルマにしちゃいました(笑)。
その後もちろんガンは完治。

まぁいいけど。
何の話だっけ(笑)。

そうそう、「もしもを考える」というのは無駄ではない、
ということが言いたかった!

それで今、「今後、入院、手術という事態になったらどうするか」
ということを真面目に考え中です。
地元で入院するのか、仕事はどうするのか、
にゃんこはどうするのか、お金は大丈夫か、etc・・・。

「なんとかなるんでないかい?!」
そうは言っても、いろいろ決断し実行するのは自分だし、
お金は降って来るものじゃないのでね(笑)。
考えますよ。

・・・まだ病気が確定したわけじゃないので、
取り越し苦労に終わるかもしれないですが(笑)。
いつかは現実問題となることなので、考えておくことは無駄ではないよね。
P_20181027_160303_1
私が健康でにゃんこを看取るのがベストなのですが。

12月になっちまいましたね。
11月も怒涛のように過ぎてしまいました。

がんの手術で入院していた利用者さんが退院しました。
医療設備の整った施設に転院、という話でしたが、
受け入れ先が見つからず、戻ってきました。
なんとなく予想はしてましたが・・。

上顎洞がんということで、
手術でがっぽり上顎が切除されてました。
口腔内上部と鼻腔の境目が無くなりました。
そこに蓋のような器具が装着されてます。
文字だとうまく説明できないな・・。
口と鼻がストレートになってしまった、ということです。
蓋で境目を作ってるんですね。

目を離すと他害に及ぶ利用者さんだったので、
戻ってきたら大変だ、と皆覚悟してたのですが、
全く手の掛からない別人になって戻ってきて驚愕です。
「座っててね」と言えばずーっと座ってるし、
すっかりおとなしくなってしまったというか。
我々にとっては良い変化なのですけれど。

精神薬を盛られて鎮静されてるわけではありません。
現在、精神薬を飲んでません。
どうしてなのか謎ですが、
手術後、ICUで数日間、昏々と眠らされてたようです。
もしかしたら電気ショック療法のような効果があったのでしょうか?
本当に、入院前の自分を忘れてしまったようなのです。

そんなわけで、
居るか居ないかわからないような存在になってしまい、
ユニットがカオスになることも無く。
今日も無事に私の仕事は終わりました。

しかし。私は凄く疲れてまして、
まるで燃えカスです(笑)。
仕事は通常業務だけではなく、
12月10日締め切りの論文提出だの、
会議だの、チューターだの何だので、あっちもこっちもです。
一応上司に診断書は提出しました。
予想通り、ふわっとした対応でした(笑)。
大ごとにしたくないんでしょうね。

ボヤけばキリがないです。今日はこのへんで・・・。

P_20181203_213345_1_1
ちゃーは今日もお美しいです。

さすがに、夜勤なしの5連勤は疲れますね。
時間も毎日バラバラ。早朝のシフトがあったり、今日は夜までの勤務。
しかも今日はお風呂の日です。
お風呂介助は本当に体力奪われます(涙)。

土日は比較的のんびりとした日課ですけど、
月曜がばたばた忙しいので、その準備に追われることも。

そうだ、今日は長年うちの施設に居住している利用者さんが、
病院に行く日です。
認知症の方が多く入院している精神科です。
今日は初診となりますが、今後入院となるでしょう。

入院したら帰ってこない可能性もあります。

実はその利用者さん、私は大好きなんですよ。
過去は高校の普通科を出て普通に就職していた方です。
今の時代なら、アスペルガー症候群という障がい名が付くであろう方で。
現在はお話が出来る時と出来ないときの差が激しいけれど、
ちゃんと話が出来る時は、こちらの体調を気遣ってくれたり、
お手伝いをしたがったり、善い方なのです。

今は興奮すると全裸になったり、職員を叩いたりが多くなってます。
入院を決めたのは前リーダー。
話しぶりから、なにか「厄介払い」のようなニュアンスを感じました。
職員の負担を減らすことを第一に考えてた人でした。
(職員からすれば負担が減るのはラクだけど)
新しい環境が利用者さんの負担にならないだろうか・・・。

薬の調整が終わったら、戻って来る可能性もあります。
また昔話を聞かせてほしいです。

P_20180414_200443_1
その利用者さんも猫が大好き

このページのトップヘ