以前、利用者さんがガンになった話を書きました。
その後職場は、呪われたように不幸が連鎖してます。

他の利用者さんが高熱を出し入院。肺の疾患でした。
直後、準職員の義父に末期がん発覚。
9月半ばに正規職員退職。
新人さんいじめでの退職問題継続中。
ナースは足指を骨折。

私も毎朝「もう駄目かも」と思うくらい身体がだるい。
目がさめたとたん、気持ちが塞いでるのがわかる。
なんとか頑張って仕事に行ってます。
今日は12時間寝て、だいぶラクになってます。

「なんなの、皆でお祓いに行った方がいいんじゃないの?」
なんて言ってる人もいます。
しかし直後に、
「誰?原因は」(苦笑)
ここでもまた犯人探しです。

たしかに、知的障がい者施設は、磁場が狂いやすい環境かもしれません。
利用者さんに原因があるということではないのです。
利用者さんに携わる、我々職員の心の在り方が問題なのです。
怒鳴りつけて言うことをきかせる、あるいは恫喝まがいの暴言。
言った方からも、言われた方からも、真っ黒い想念が排出される。
わかる人が観たら、うちの職場、おかしな気が充満しているんじゃないだろうか。
これじゃヤラれちゃうよね、身体もこころも。

と、環境のせいにばかりしてられない。
私も心を浄化したい。
・・・と、休みの日はそう思える・・・。

しかし、職場に行くと、あの修羅の気に飲み込まれてしまう。
どうしたら善いのだろう?
P_20180331_140710
せめて家をきれいに・・。掃除しようっと。