今の仕事に就く前に、私がやってみようと本気で思った仕事、それがタクシードライバーでした。
今思うと何と大それたことを・・・と思うのですが、本気でした。
それまでスーパーの6時間パートで食い繋いでいたけど、
3回ギックリ腰をやった身には立ち仕事はキツく、
身体の負担が少ない事務仕事は、40代後半を雇ってくれるような所なんて少なく、
しかし、今正社員にならないともう後がない、という焦りから、
辿り着いた答え、「タクシードライバー」。

面接に行ったのは、地元の大手、評判の良いタクシー会社でした。
60歳手前ぐらいの面接官の方、渡した履歴書に目を落とし、やや暫くして、
「・・・どうしてうちに?」
教育系の短大を出て、事務畑で働き、専業主婦歴も長かった私です。
イコールで結びつかない仕事ですよね。
どう答えていいのかわからず、
「離婚しまして・・・何とか食べて行かなくてはならず・・・立ち仕事をしてたんですが身体もキツくなって・・・えーと・・・」
本気でなろうと思ったから面接受けたんですが、突っ込まれると志望動機が実に曖昧なことに自分で気づきました。
面接官の方はざっくばらんな元運転手さんという感じの方で、そのあと色々説明してくださいました。

・女性は日勤オンリー
夜勤は危険なので老人と女性は日勤のみです。
・日勤の給料は11万ぐらい
定時より皆さんかなり早く出てます。それぐらい頑張って11、2万ぐらい。
・日勤には保証給制度はありません
保証があるのは隔日勤務です。
・クラッチ車です
クラッチだけど大丈夫?どうしてもオートマが良ければ考えますけど基本はクラッチ車です。
・2種免許取りに行ってもらいます
提携してる教習所だからまず落ちることはないよ。
・この辺の土地勘ある?
うちはほとんどこの近隣のお客さんが近距離利用するの。この辺は入り組んでるけど大丈夫?

・・・他にもいろいろ詳しく、丁寧に、1時間半ぐらいの時間を割いて説明して頂きました。
自分の認識不足が、甘さが、途中からとても恥ずかしい気持ちになりました。
思ってたよりずっと、タクシードライバーって大変な仕事なんだ・・・!!

最後に面接官は私に名刺を下さいました。
「〇〇さん、もう一度家に帰ってよく考えてみて。それで気持ちがはっきり決まったら電話ください。そしたら私、すぐ教習所押さえて採用の段取りしますから。もう一度考えてみて」

考える猶予が与えられました。帰り道、運転しながら私は「無理だ」と、もう結論を出していました。
歩合でご飯を食べて行くということ。景気回復を実感できない世間でそれは厳しい。
ドライバーさんは2時間も早出しているとは。それでそんなお給料とは。
そんなに厳しい世界でたまに出会う、愛想の良いドライバーさんは神かも。自分には無理!
しかも私、方向音痴じゃん(爆)

なにか酷く凹んで帰宅しました。本当に自分の考えが浅かったことに凹みました。
実家の一同も満場一致で不可。
自分からタクシー会社に電話することはありませんでした。

しかし、もし他のタクシー会社だったら?あの面接官じゃなかったら?
もしかして今、私はタクシードライバーだったのかも?
歩合が稼げずに大変な思いをしている姿が目に浮かびます。
いや、もうとっくに務まらずに辞めているかも・・・。

そう考えると、この道で良かったのかも、と思えます。
不満も不安もたくさんありますが、ありがたい現状なのかもしれませんね。

P_20180204_125821