昨日は明け番、職場で1時間ほど残業して帰ってきました。

11時頃から在宅ワークをスタート。
途中だらだら休憩だらけで、結局記事を書き終えたのが17時前。
やはりスムースに書くことができません。考え考え書くもので。
「ここの言い回し変だな」「ここはもう少し丁寧に説明しないと」「まとめがちょっと雑だな」
色々気になる訳です。
19時から修正して、完成したのが21時。眠かった・・。

順調に検収されたとしても、時給250円です(笑)。
能力次第なんですね。早くて完璧なら割の良い仕事です。

私の場合、コーヒー飲んだり、煙草吸ったり、テレビに気を取られたり、にゃんこに邪魔されたり(笑)。
自由な感じで書いております。これが私には良いんですね(笑)。
だから時給に換算するのは正しくないかな。
ただ、雑な仕事はしたくないので、「やっつけ記事」にならないよう気をつけてます。

「割に合わない!やめた!」と思う方もいると思いますね。
文章書くのが好きな私ですら四苦八苦してます。
「在宅ワークってどうなのかなぁ」と思ってる方は、一回単発の仕事をしてみて考えると良いかもしれません。

先日、ニュースで「在宅ワーク詐欺」についてやってました。
最初に50万払え、みたいな・・昔からあるやつですね。
私はその辺慎重で、時折「記事の書き方マニュアルお渡しします」という仕事もあるんですけど、
それすら「え、マニュアル代くれとか言わないよね?」と警戒してます(笑)。
今回の依頼主様は、最初から縛りが少なく自由に書かせて頂いたので信頼しております。

クラウドワークスが仲介してくれて、依頼主は報酬を前払いする訳で。
クラウドワークスがヤバかったら話にならないけど(笑)、
すでに支払われている報酬は検収が終わると受け取れるので、まぁ安心してます。

ちょっと困るのが報酬を振り込んでもらう時、振り込み手数料が500円掛かるんですよね。
これ何とかならんの?
仕方なく、これが痛手にならないくらい報酬が貯まってから受け取るようにしてます。

P_20180213_200057
こんなふうに邪魔されること多し(笑)