yami to hikari

闇と光、 自分にもあり、隣人にもある。

タグ:カラス

P_20180321_101109
ちゃーが乗っているのはテレビです。
カラスが騒がしいので気になった様子。

こうやって見るとからだ長っ(笑)。
猫じゃないみたいです。
うしろ脚がなんか可愛い(笑)。

ずっとちゃーと一緒にいたいけど、
仕事です・・・。

寝室の窓辺がちゃーのお気に入りの場所です。
小さい川が流れ、防波堤が少し遠くに見える。
ウミネコやカラスが水辺にやってきて、ちゃーは身構えます。
窓ガラスで遮られ、永遠にゲットできない獲物にその気になって、尻尾を太くしています(笑)。

ちゃーちゃん。
家猫でしあわせかい?
ホントは自由に外を歩き回りたいんじゃないの?

寝室の窓から、向かいの家の庭が見えます。
ちゃーと同じキジトラの、たぶんオス猫が時々お散歩しています。
「ちゃー、お友達がいるよ」
我関せずで、ちゃーは鳥に夢中(笑)。
保護センターでも隣のオス猫をシャーシャー威嚇していたちゃーです(笑)。
自分が猫だという自覚も無いのかもしれないけど、
留守番の多い私との暮らしを、ちゃーはどう思っているんだろう?
しあわせなのかい?

メリットといえば、ご飯に困らないことぐらいで、
私と居ても、つまらなくない?
どこかで野垂れ死ぬとしても、猫らしく生きたかった?

人懐こく、おそらくずっと人と暮らしてきた猫だろうけど、
ふと、相方が私で本当によかったのか、
心細くなることがあるのです。

1500216903358
なにが君にとってしあわせなんだろう?

このページのトップヘ