yami to hikari

闇と光、 自分にもあり、隣人にもある。

タグ:イライラ

昨日、怒りブログを書き終え、
ぼんやり考え事・・・。

すさんでるのぉ、自分・・・と・・・。

ちっとも痩せないからか(笑)。
寝足りなかったのか。
性周期の関係か。
仕事がたてこんでいるからか。
とにかく昨日の朝からイライラしていたなぁ。

そんな日は、さらにイライラする出来事が起きるもんだ。

たぶん、自分が出来事を呼んでいるんだろう。

脱出したいなら、自分を切り替えなくちゃダメだね。

P_20180628_192848
ピンク色の空

職場は人里離れた山の中にあります。
こんな悪天候の日は、陸の孤島となります。

町の方はみぞれのような雨ですが、
職場は暴風雪横殴りです。

上の人から詰め所に連絡が入りました。
「今日は帰れない心づもりで」
・・はぁ?!
私は帰りますよ(笑)。

この地域は降雪が少ないのです。
私が生まれ育った所は、側道に背丈ほどの雪が詰まれる地域。
これぐらいの降雪なら慣れてます。
でもここらの人は慣れてないんだよね。

雪つぶてが顔に突き刺さる中、駐車場に辿り着きました。
思ったほど車が雪に埋まってなく、ちょっと前を押してもらえれば車が出せる状態だったのですが、
他の部署のエライ人が、「今応援が来るから待ちましょう」とか言っている。

ぐずぐずしてるとせっかく出せる状態の車さんたちも、
また吹き溜まりにやられてますます出られなくなっちゃうじゃん?
早めにどんどん出さないとだめなんじゃないの?待ってどうする?
私は帰りますよ!!!

総務の方が車の前を押してくれて、無事私は車出ました。
駐車場の真ん中は平らなんだから、ちょっと押せば出るんですよ。
会釈して帰ってきました。(総務の方はまだ勤務時間で帰る人ではない)
こういう天気でぐずぐずやってると危険だし邪魔なんですよ。

山道も、そんな積雪ではなかったですよ。
風は相変わらず酷くて家が揺れてますが(笑)。
道すがら、電線が切れてぶらぶらしてる所が何か所かありました。

また上の人の変な判断にイライラしてしまったよ(笑)。
安全を考えるなら、もっと早い時間に車を出しやすい場所に移動させるとか出来たんじゃ?

P_20180117_133705_1
保存食で乗り切るぜ!

このページのトップヘ