yami to hikari

闇と光、 自分にもあり、隣人にもある。

タグ:にゃんこ

ふと気になって、また年金額を調べてました。
自分に果たして「老後」が来るかどうかナゾですが・・。

んで、やっぱりガックリです。

今の時代、60歳で完全リタイアすることは現実的じゃないですよね。
65歳までの5年間、どうやって生きて行くかって、
なんとか働くしかない訳で。

老体に鞭打って65歳まで非常勤で勤務して、
私の年金はやっと13万円になります。

13万円かぁ~。
長生きしたいと思えないわ~(笑)。
でもまぁ食べて行くことはできるかな。
フィリピンに行かずとも・・。

60歳から市営住宅の抽選受けまくりで!(笑)
(にゃんこ次第ですが)
家賃を減らさないと厳しいですね。

今から15年後のことを考えて憂鬱になるのもバカらしいか。
最近いろんなことが不安で、つい考えてしまいます。P_20181103_192335
にゃんこはその頃22歳か~。

実家のある街まで車で2時間。
病院へ行ってきました。
うつ病の診断書をもらいに。

証拠と言うわけではありませんが・・・。
先日の脳神経外科みたいに、飲んでる薬から誤解されることもあるんで、
コピーはいつも持ち歩こうかなと思います。

11月は異動希望申請時期になります。
書類提出時に添付します。
その後、面談になるでしょう。
さて、どうなるか・・。

新人さんは、今日で退職です。
今頃、カウントダウンしてるかもしれません、心で。
本当にお疲れさまでした。

流石に今回の件は上層部の耳にも入り、
急遽、人事異動が11月イッピ付けで行われることになりました。
前年度、何かとお世話になったベテラン正職が戻ってくることになりました。
少し、私の気持ちがラクになってます。

しかし、何が辛いかって言うと、
状況に振り回されっぱなしの心が辛いです。
こうして、人が補充されれば「状況が好転するのでは?」と期待しますが、
たいして居心地が良くなるわけでもないのが常・・。
胸元に何かつかえてる感覚が今もします。

実家に泊ってきましたが、家族の前だと私は元気です(笑)。
「新型うつ病」みたいで困りますが。
ありのままの自分を受け入れられてもらえる安心感。
愚痴を遠慮なく言えるって大事。
悩みを吐き出せるって大事。

「この診断名の人に見えない!」
妹に思いきり言われました(笑)。

しかし、今もうひとりぼっちで家にいます。
ため息にして吐き出すばかり。

P_20181027_160303_1
ニャン語で話しかけてたら、こんな顔して聴いてました(笑)。

長距離運転のせいもあり、身体がガシガシです。
早くお風呂に入ってのんびりすることにします。

それは大概、
「こんなこと言いたくないけど」
という枕詞で始まります。

「(くどくど、くどくど)」

そして、
「あなたのためを思って言ったのよ」
という結詞で終わります。

中学生の頃、よく母親にそう言われました。
黙って流しておりましたが、ある日、
「本当に私のこと思ってるんだったら何も言うな!!」
とブチ切れてしまいました。

私はたぶん一度もこういう流れの物言いをしたことがありません。
「あなたのためだから」って。
息子にも言いませんでした。

そんな、恩着せがましい物言いは。

中学生の私は随分乱暴に返したものです。
ホントは、心に涙をいっぱい溜めて、
「見守っていて」
そうつぶやいていました。

転んで痛い思いをするのは、私。
傷ついて泣くのも、私。
でも立ち上がってちゃんと歩くから。
「見守っていて」。

手や口を出すのって簡単なんです。
わかっていて黙って見守るのって難しいんです。

世の中には、「助言」が大好きな人がいます。
そういう人ほど「見守り」がへたくそだと、私は思います。

しかし、そんな私のスタンスって、
ある類の人たちから見ると「冷たい」みたい(笑)。
おせっかいなぐらいがちょうど良いらしい。
まぁそういう人がいてもいい(笑)。

P_20180327_175602
にゃんこには言葉が通じない。
だからよく見る、思う、考える。
くどくど言う必要もない。
本当にして欲しいことをしてやれば良い。
ご飯をあげる、おやつをあげる、トイレを片づける、遊んでやる、たくさん撫でてやる。
大抵これで丸くおさまる(笑)。

P_20180830_130722
休みの日や夜勤の日は、のん気にしてる私を察してか、
膝に乗ってきて甘えるちゃーちゃん。
基本、膝乗りや抱っこが大の苦手なので、
せっかくだから、次のアクションを控えてしばらくナデナデタイムです。
幸せそうな顔してますね(笑)。

寝ても寝ても眠くて。
昨日はひとり旅の妄想で、旅行サイトを2時まで見てたから仕方ないけど(笑)。
のんびり、いろんなことから離れて、温泉につかり美味しいもの食べる妄想。
だけど一人じゃつまんないし、にゃんこが気になって帰りたくなりそうだ(笑)。
にゃんこ連れて旅する人っているのかな~?
気になる!ペットOKの宿って想定してるのは犬だよね~。
やはり、自分の家が大好きな猫にとっては苦痛だよね。
P_20180830_130536
こんなくつろぎの表情は旅先では見られないだろうなぁ。
そんなわけで、にゃんことの旅はいつも妄想で終わるのでした(笑)。

P_20180612_113129
寒い!
季節が逆戻りしていますね。
3か月ぐらい逆行しています。
ちょっと寒く、かつ私がリラックスしているときのみ、
にゃんこが膝に乗ってきます。
グルグルいいながら(笑)。
膝乗りするときは、すでに軽く興奮してるので、
撫でると「あむっ」と噛まれること多し(笑)。
そーっと撫でると、毛づくろいを狂ったように始めます。
本当は私の手にじゃれたいのだけれど、
自分の気を逸らすように体を舐め続けます。
スマホで撮影しようとすると、我に返り、
逃げの準備に入ります(笑)。
画像はその瞬間。

このページのトップヘ