昨日は面白いブログを見つけてしまって、貪るように読んでいました。
個人ブログなので紹介するのは避けます。
人生について、深い洞察に基づいた記事なので考えされること多かったですが、
読後感は何故か明るい気持ちになるブログでした。
ハマるとまた今日一日あっという間に終わってしまいます(笑)。
読者登録して、ひと休止いれました。

人生とは真っ暗なトンネルの中を歩いているようなもの

よくわかります。一寸先のことも、私たちは何もわからないのです。
しかし、その文言よりもストンと腑に落ちた言葉がありました。

死は、そのトンネルから明るい所へ我々を引き出してくれる

生が暗で、死が明だという、この感覚。
ちょっと鳥肌が立ちました。

そして起床時、何故かこんなことを考えていた自分を思い出しました。

あの世から見たら、この世こそがあの世

死は忌むべきもの、怖いものという感覚は、本能として大事な感覚です。
その感覚があるから我々は容易に自殺しませんし、人も殺しません。
しかし、いずれ死にゆく者としては、どうにか死を肯定できる事として捉えたい、
そういう思いが私にはあります。

なるほど、死は、トンネルの外側の明るい世界なのか。

なんだか凄く気がラクになりませんか。

その昔、ユーミンが「コンパートメント」という歌を作りました。
自殺を肯定する歌だと批判も生まれた曲です。
その歌の是非はともかく、こんな一節があります。

やがて私は着く すべてが見える明るい場所へ

(しかし「コンパートメント」では自殺者の末路を示唆するように、
「けれどそこは朝ではなく 白夜の荒野です」と歌詞が続きます。
白夜の荒野をほぼ永遠に彷徨う魂・・・背筋が凍ります。)

精いっぱい生きて自然に訪れた死であれば、
あの世はきっと明るい陽が差すような場所なんだろうな。
P_20181114_165627

私はこうやって時々、「死ぬ」ということを真面目に考えます。
一部の人には「くらーい」と言われそうですが(笑)。
いえいえ、死を考えるということは、生きることを考えるのに等しい。
私はそう常々思ってます。