yami to hikari

闇と光、 自分にもあり、隣人にもある。

カテゴリ: 趣味

本日はバッグのお手入れをしました。
仕舞い込んだ革製品は時々呼吸させましょう。
放っておくとカビ臭くなります。
・・って私もマメじゃないので久々にやったんですが(笑)。

P_20181114_133930_1
空拭きだけでも結構ツヤは甦ります。
今日はもうちょっと踏み込んでお手入れです。

P_20181114_133952_1
遠目で見るとわかんないですが、
こんな風にカド擦れしてるんですね。
あまり酷いと処分したくなるでしょうが・・、
ちょっと待って!ですよ。

P_20181114_134028_1
バッグやお財布のお手入れクリーム「Brillo」(ブリオ)です。
靴用のクリームでも悪くはないと思いますが、
一応、専用クリームの方が安全でしょう。
ヒマだった主婦時代はこのクリーム、よくお世話になっていました(笑)。

P_20181114_134040_2
中身はクリームというよりゲル。
肌用オールインワンみたいな感じです。
しかし使用するとわかりますが、
しっかり油分やワックス成分を感じます。
付属の布に少量つけて、
先ほどのカド擦れ部分に塗り込んでいきます。
ヌリヌリ、ヌリヌリ・・・あら不思議。
カド擦れが目立たなくなります。

P_20181114_143107_1
写真の角度がアレでわかりづらくてごめんなさい。
完璧に元に戻ることはないけれど、
許せるぐらいには目立たなくなりました。
しっかりツヤも蘇っています。
他の擦れや傷の部分もヌリヌリしていきます。
んで全体にも薄く伸ばす感じで塗布。

P_20181114_143146_1
ちょうど良く水分油分を補給して、革がしっとりしました。
少し時間を置いてから、目の細かい布(ネルが良い)で磨きます。

P_20181114_143211_1
いい感じのツヤが出てバッグが蘇りました!
(写真わかりづらいか・笑)
くたびれたバッグも、しっかりお手入れするとまだまだ使えることがわかると思います。
↑も、「持って歩くのは恥ずかしいかな」状態でしたが、
まだまだ大丈夫!になって良かった。

P_20181114_133817_1
買ったばかりのバッグも、クリームで保護しておくと長持ちします。
オイルレザーは手入れが簡単で、使用済みのクリームが残った布で軽く拭くだけでOK。
(手前のふたつがオイルレザーかな)
ヌメ革はシミになりやすいので注意!(ヴィトンの持ち手部分とか)。
布にクリームを擦り込んでからやさしく丁寧に磨きましょう。

たまに革製品を磨くのは、とても良い気分転換になります。
私の場合、精神が安定するようです(笑・いや真面目に)。
しばらく革磨きにハマるかも(笑)。

お財布磨きは金運UPに良いとか(ホンマかいな・笑)。
でも物を大切に使うのは素敵なことだと思います。
革製品が蘇るのはとても気分がいいですよ!

コロンブス製品 ハンドバッグ保湿保革万能クリーム Brillo ブリオ 革バッグのお手入れ 革製品ケア用品 バッグ 小物 ブランド雑貨 ファッション雑貨 小物 革(レザー)ケア用品 クリーム ワックス | 【RCP】
コロンブス製品 ハンドバッグ保湿保革万能クリーム Brillo ブリオ 革バッグのお手入れ 革製品ケア用品 バッグ 小物 ブランド雑貨 ファッション雑貨 小物 革(レザー)ケア用品 クリーム ワックス | 【RCP】

昨日はイシガレイの煮つけ、スナガレイの焼き物、茹でたクリガニをいただきました。

P_20180602_191920
クリガニは手のひらサイズで食べるところがほとんどなかった(笑)。
もうひと回り大きくないとだめですね。
小さじ一杯ほどのミソと足の付け根の肉がほんの少し。

イシガレイもやっぱり美味しかった。
皆、何故あんなに毛嫌いするのかわかりません。
わざわざ希少価値の少ないものを釣って持って帰りたくないってこと?
地元の人たちは口を揃えて、
「くせえ」「旨くない」「いらない」
贅沢だな~と思います(笑)。

魚なんだから、魚臭いのが魚でしょ(笑)。
カレイには臭みはあってはいけないものなのか?
煮付けると身も味もしっかりしていて、私は美味しいと思いました。
これが臭かったら青魚なんて食べられないじゃん。

カレイを堪能したけど、ちょっと焼きカレイも食べたくなって(笑)。
小さいスナガレイとイシガレイに塩をして焼いてみました。
美味い!にゃんこも夢中(笑)。
皮がパリパリして身がふわふわで。

P_20180602_134315
たくさん釣ったつもりだったけど、
意外と早く消費してしまいそう・・。
今度は堤防にいってみるかな。

P_20180602_072014
船釣り楽しんできました!

天気にも恵まれ、最高の釣り日和・・なはずが、
今年は水温が低く、カレイもまだ早いとのこと。
あと2週間ぐらいしてからがピークのようです。

私は早い当たりが来て、結局これが本日一番大きいカレイでした。
P_20180602_141116
30センチ超のイシガレイ(たぶん)。

イシガレイって皆敬遠するんですね。
たしかにドブっぽい臭いがありますが。
でも去年煮つけにして食べたら美味しかったんだけど。
バカ舌だからか?(笑)
カレイって淡白な味。しかしイシちゃんはダイナミックな味がします(笑)。

今日はマガレイがほとんど当たらず、皆さんイシちゃんばかり。
すっかり外道扱いで、リリースする人ばかり。
もらっとけば良かったかな(笑)。

同じユニットの先輩は最初全然当たりが来ず、
「私なんて現実でも釣られたことないんだから(独身)」
「そんな物好きなカレイなんていない」
などと悲観的でした(笑)。

しかしなんと!一発目に釣れたのがコヤツ↓
P_20180602_070646
よくわからないと思いますが「マツカワ(鷹の羽)」という高級カレイ。
黄色くて虎みたいなシマシマがあるカレイです。
それもデカイ!素晴らしい!
さっそく船長さんがシメてくれました。
刺身にしたらヒラメより美味しいそうです。
いいなぁ^^一度釣ってみたいものだ~。

結局8時間、長丁場でしたけど楽しいもんですね。
私の釣果は、
P_20180602_135723_1
カレイ12匹、カジカ2匹、クリガニ1匹(笑)。
マガレイが不作でしたね・・。残念。
トータルで目標の15匹いきました?(笑)。

しばらくご飯のおかずに困らないね(笑)。
さっそく煮つけをこれから食べようと思います^^

このページのトップヘ