yami to hikari

闇と光、 自分にもあり、隣人にもある。

カテゴリ: 社会

川崎の殺傷事件から5日経ちました。
当日、思わず書いた「ひとりで死ねって言うな」という意見に対するブログ・・。
今も「ひとりで死ね論争」とか名付けられ、メディアで話題になってますね。

私が書いたものも、かなり感情的なものでした。
論者の藤田氏の背景も全くわかってなかった。
彼は社会的弱者の支援を行っている方だそうです。
実際、そういう活動を行っている方の意見には、
「何故そう言うのか」の動機が明確で説得力があります。

だがしかし。
すごく単純に。

今回の犯人の生い立ち、確かにとても可哀想な境遇だと思います。
でもね、
何の落ち度も無い被害者の方が、比較できない程可哀想だよ。

やはり5日経っても、私は感情的なまんまです。

んで、
いったい社会的弱者の定義って何なん?
という疑問が湧いてきました。

身体的特徴、出自、学歴、病歴、性別、年齢、経済面、思想面などが、
他の多くの人と比べて不利な立場に置かれている人のことを言うらしい。

他の多くの人と比べて、って、どこで線引きするのだろう?
広義では、私も社会的弱者じゃん?
寛解してるものの、いまだに精神薬と睡眠薬を飲んで就寝し、
しんどいと言いながら働き、薄給を頂きなんとか生きています。
しかし、誰も私を「社会的弱者」とは認定しないと思います。
自分でも思わないし。
薄給だとしても、毎日外に出て働き、外部と繋がっていること、
がラインなのだろうか?

今の私が、「私は社会的弱者だよ!!」と大声で叫べば、
周りは冗談だと思って大笑いするでしょうね。
だけど、仕事を辞め、カーテンも開けない散らかった部屋に引きこもり、
訪ねてきた市の福祉課の人に、
「私は社会的弱者だよ!!」と叫んだらどうなるのか。
顔を引きつらせ、腫れ物に触るように丁重に扱われるんでしょうか。

どちらも、同じ私なのに。
社会的弱者って、いったい何やねん。

あと、もう二つ。今回の事件について。

「社会的弱者」である犯人も、
柳葉包丁両手に持って子どもの前に現れた時点で、
もう強者になっちゃうんでないの?
これもネットで言うなって言うけど、
完全に無敵なんでないの?

被害で負傷した方に、
「命が助かって良かったね」とはとても言えない。
包丁で切られるダメージって相当なものです。
長いリハビリが余儀なくされるでしょう。
後遺症に苦しむ方もいるでしょう。
「痛いよーおかあさーん」
事件直後の様子を映したテレビから聞こえた声。

この事件の本当の弱者は誰???
まず寄り添うべきは、誰だと思いますか?

また、子どもの尊い命が奪われる事件が起きました。
職場の昼休み、この事件が話題になりました。
皆、口々に、「酷い」「どうして子供に」と。
「なんで人を巻き込むか!」そして、
「独りで死ねばいいのに!」と。

私も同じこと言いました。

先ほど、「ひとりで死ねばいい、とネットで流布するな」
という記事を読みました。

このような犯罪を犯す者は社会から孤立し、恨みを募らせている、
誰も救いの手を延ばさない者に「ひとりで死ね」と叩くことは、
今後、似たような犯罪者を増やすことに繋がりかねない。

という正論でした。

そう言われても、私は今後も、
「なんで人を巻き込むの?!独りで死ねって!」
と、このような事件を前にしたら言うでしょう。

犯人や、このような犯罪予備軍に対する優しい配慮など、出来そうもありません。
発言してる人も、「ひとりで死ね」にウェイトを置いている訳ではないと思う。
「こんな小さな子どもを自分の死の道連れにしてなんなの?!」
という、正常な心の反応だと思う。

単に、この期に及んでの論者の冷静さにカチンと来たのでしょう、私は。
この正論は、事件がもっと鎮静してから言うべきだったのでは、と思います。

今、北海道地方では、
地震から半年ということで特番がやってます。

つい先日も厚真町で震度6の地震がありました。
21時過ぎ。私は翌日早番で、早々に布団に入ってました。
枕もとのスマホから嫌な音が。
揺れの直前に警戒音が鳴りますね。
ありがたいような、鳴ってもどうしようもないような(笑)。
余計不安になります。どれだけの揺れがくるんだろうって。

うちは震度3で、何も被害はありませんでしたが、
札幌では地下鉄が止まり、多くの帰宅難民が出ました。

半年前も今回も、怖かったのが津波です。
津波警報が出ないのを確認するまで気が気じゃありません。
調べたら、大きな被害が出るのは第二波で、
警報が出てから約20分で到達するようです。
うちは海へ歩いて行ける距離なので、迷ってる暇はありません。
クルマを使うな、と言いますが、走ってどれだけ逃げられるのか???

今度、引っ越そうと思ってる町も、見事に海沿いの町です。
目星をつけた物件は、20歩歩いたら海(笑)。
海と反対側に山がありますが、その間に線路が走ってます。
踏切を超えないと山側に行けない。
が、踏切が、無い!!!!
踏切と踏切の間が3km以上ある・・・。
線路を越えられないじゃん。

この辺に住んでる人は、諦めの境地なのか?!

何かと危機管理の甘い北海道です。
海沿いに、10メートル以上のビルを何か所か建てるとか、
すぐ避難できる場所を確保しないとダメなんでないの?

海沿いに線路が走ってるのがネックです。
線路から海側に住むのはヤバイかもしれませんね。
(誰も疑問に思わないのかなぁ???)

復興はもちろん大事なんですけど、
2度あることは3度ある、
危機管理もしっかり行ってほしいです。
P_20180426_151244
海はいろんな顔を持っている

ネットニュースで、「受刑者の薬、看護師が無断処方箋」というタイトルの記事がありました。

岐阜刑務所(岐阜市)で、看護師らが常勤医師らの名前を無断使用し、受刑者向けの薬の処方箋約1000枚を作成していたことが、同刑務所への取材でわかった。医師法は、医師の診断なく処方箋を交付することを禁じている。受刑者はこれらの処方箋で出された薬を服用したが、健康被害は確認されていないという。

 同刑務所によると、常勤の男性医師が休暇中だった2月13日~4月13日、看護師1人と准看護師5人が、この医師や非常勤医師の名前で処方箋を作成。大半はこれまでの薬を継続するもので、薬剤師も不正を把握していたという。

 同刑務所は、4月に外部からの指摘で問題を把握。看護師らは「常勤医師がいなくなり、薬を出せずに病状が悪化するのを避けるため、やむを得なかった」などと説明しているという。

 同刑務所は5月に常勤医師を1人増やすなどの対策を取ったが、悪質性は低いとして、看護師らの処分は行わないとしている。高橋昌博所長は「誠に遺憾で、より一層、薬剤の適正管理を含む医療体制の構築・維持に努めたい」とコメントした。

なんか読んでいて、看護師さんに同情を禁じ得ないというか。
常勤の医師が2か月不在って・・。
上の方は何も思わなかったのか?
大至急、医師の補填をしないと大変なことになるって。
「処方箋は非常勤医師が作成していると思っていた」とか仰ってます。
本当に、何の相談も無く、看護師が勝手にやったことなんでしょうか。
看護師の「やむを得なかった」って、本当にやむを得なかったんでしょうね。

内容は違えどこの状況、他人事じゃないな、と思ったニュースでした。

看護師が、そんなことやっちゃう状況こそが問題だと思います。

ぼんやり、昨日ニュースを見ていたら、
ノーベル賞を受賞された方がとても印象的な言葉を発していらっしゃいました。

こころがけていることを問われ、
「簡単に信じないということ。
自分の目で確信ができるまでやる。
自分の頭で考えて納得できるまでやる。」

最近、私が非常に注意してることだったので、
ひとり、大きく頷いてしまいました。

しかし、特別教授はそれは「サイエンスに対する」という注釈もつけていらっしゃった。
科学者として、研究者として尊ばれる姿勢です。

そのあと、ネットニュースで貴乃花の記事を読みました。

おふた方のことはよく存じ上げないのですが・・・
何だか輪郭はよく似ているのに、と思いました。

輪郭はよく似ているのに、何が違ったんだろう?

貴乃花の属した世界では、それは最も求められないことだった、
ということなんでしょうか。

ため息をつきながら、私も、
心のメモをちっちゃくちっちゃく畳んで、
ポケットの奥深くにしまいこみました・・・。

どうやら自分の頭で考えないやつの方が、重宝される世界があるみたいだよ。
P_20180929_173519
すごい夕焼けだった


このページのトップヘ