yami to hikari

闇と光、 自分にもあり、隣人にもある。

カテゴリ: 想い出

昔から私は、人に声を掛けられることが多いです。
ナンパとかそういうのではないですよ(笑)。
道を尋ねられたり、お年寄りに雑談を向けられたり、そういうのです。
たぶん、あまり美人じゃないからでしょう(笑)。
仕事以外は「話しかけないでオーラ」を出してないからかな(笑)。

ナンパは若い頃に数えられるほどです(笑)。
その中でもひとつだけ、強烈に憶えてる不思議な出逢いがありました。
(思い出話なのでここからは苦手な方はご遠慮ください・笑)

イニシアルはJ・P・・・アメリカ人でした。
20代の初め、別れた夫と遠距離恋愛をしてた頃、
初めて独りで訪れた新宿。元夫とのデートの時間まで東京見物していました。
ふらっと入ったダンキンドーナツ。混んだ店内で文庫本を広げ、時間を潰していました。
ふと、自分に近づいてくるトレイを持った大きな影に気づき顔をあげると、
にこやかな外人だ(笑)。思わずどっきりカメラかと思い辺りを見まわしました(笑)。
店内、満席。何故か私の前の席だけが空いていたのでした。

「ここ、いいですか?」
ものすごく彫りの深い顔、ものすごく背が高い、グリーンの瞳。ジンガイだ、どうするべか(笑)。
「どうぞ」
動揺と裏腹にクールな素振りで答えた私です(笑)。ぱたっと文庫本を閉じて。
「とても混んでますね」
綺麗な日本語と柔らかい物腰。どうやら英語はいらないみたい(ほっ)。
まともに外国の方と話したのは初めてでした。
本当に不思議ですが、ほんの数分の会話で一気に打ち解けてしまいました。
地方から来た私に興味を持ったようでした。
彼の出身地はニューヨークの北東にある町ということで、
気候が私の住む北国にとてもよく似ているということ。
「僕がずっと行ってみたかった街です」ワオ、という表情です(笑)。

彼は一枚の名刺を私に差し出しました。ヘンな物売りの人ではありませんでした(笑)。
外資系の証券会社名、彼の苗字?は日本語で「楽園」を意味する単語でした。
「へぇ、とても素敵な名前ですね」
「初めて会った方にもすぐ憶えてもらえますよ」
「私ももう憶えましたよ(笑)」
赤坂に住んでいて、休みの日は皇居周辺をサイクリングしていること。
私の年齢は聞いたのに、自分の年齢はどうしても言いたくないこと(笑)。
そしてお互いドーナツとコーヒーが無くなっても話が尽きません。
私の時間の余裕は2時間以上ありました。
「少し歩きませんか?案内させてください」彼は言いました。

新宿の人ごみの中、彼はゆっくり歩いてくれました。
すでに彼には、自分は婚約者に会うために上京していることを伝えていました。
それでは待ち合わせの時間まで、ということでエスコートしてくれました。
「是非かずみんさんを連れて行きたい場所がある」と言って、
案内してくれたのは裏通りのジャズバーでした。
まだ開店しておらず、外から眺めているだけでしたが、
「よくここに来てるんです。今日も夜行こうと思って」
なんとなく誘われてる気もしましたが、ふわっと流してしまいました(笑)。
まさか20年後、夫と別れるなんて思ってもいなかったので(苦笑)。

話はホント、途絶えることなく、新宿を歩き回りながらあっという間に時間が来ました。
「あなたは他の日本の女性とはどこか違う」
彼が言ったその言葉、どういう意味だったんだろう。
確かに私は都会の洗練された女性とはだいぶ違うし(笑)。
東京の真ん中で暮らすエリートのアメリカ人には、
不思議な生物に思えたのかもしれません(笑)。
当時の私はワンレングスの黒髪で、顔も「和」(笑)、
逆になんか新鮮だったのだろうか・・・。

最後、別れた雑踏は、あれはどこだったのか。
どこかのビルのホール、狭い空間にひしめくように都会の人達がいた。
その中で、人にもまれながら、求められて自分の電話番号を書いたメモを渡しました。
そのまま、私は人に流されてビルから押し出されました。
やっと振り返ると、ひとつ頭抜けて彼の顔が見えました。手を大きく振って。

やがて夫となる人にはひとことも言わない罪悪感(笑)。
一線も超えておらず、てか、触れてさえいないのに。

その後、毎日掛かって来るJ・Pなる外国人からの電話に実家は大騒ぎ(笑)。
「ええ?どうするの?」テンション高い母の問いに、
「どうするのって、婚約者がいることちゃんと言ってあるから」
夫と結婚することに迷いは無かったはずだけど、なんでこんなに憶えているのだろう(苦笑)。

次第に「逢いたい」と深刻になる彼に、私は途方に暮れるようになってしまった・・。
どうしても私の暮らす街に来たいと。ほんとうに街だけが目的だったかもしれないけれど。
「J、私はもうすぐ結婚するの」
それが最後の電話での私の言葉でした。
それから1か月ほどで、彼からの電話は途絶えました。

たった1回逢っただけ、(遭った、という感じか)、そしてなんにもなかったのに、
30年近く経ってもよく憶えています。
BBAとなった今、
「単に友達として北国を案内してあげればよかったんじゃないの?」
自分の娘ほどのあの頃の自分にそう言うかな。
たぶん彼には下心などなく、あったのは「friendly」だったんじゃないかと。
ちょっと怖いなら、私の友達も一緒に会おうよ、とか方法はあったはず。
幼くて、知恵もなかったなぁ・・。

BBAの昔話にお付き合いくださり誠にありがとうございました(笑)。






実家は貧乏でした。
年頃になってから、私は服を買ってもらった記憶がありません。
初めてのブラジャーは母のおさがりでした(笑)。
私がいくらぽちゃだったとはいえ、母のブラはぶかぶかでした。
「ノルウェイの森」の中で、主人公の恋人がブラを2枚しか買ってもらえなく、
洗い替えしながら身につけていたためいつも湿っていてみじめだった、
というエピソードに妙に共感しました。
私も2枚のみ。しかもおさがりじゃ私の方がみじめだろ、と思いました(笑)。
私の乳の形がおかしいのはそのせいです(爆)。

そんなわけで、お金がないことで、進学時は常に親との諍いが起きました。
高校進学時も、なんと母親は公立一本を担任に主張。私立のすべり止めを受けさせない、と。
担任は「お母さん、もし万が一落ちたらどうするんですか?」と驚いて母に尋ねましたが、
ひょうひょうと、「落ちたら働かせます」と答えてました(笑)。
母は中卒で社会に出ているのです。それが普通と思っていたのかも。
担任は、えええええ、という感じ(笑)。
なんとか母を説得してくれました。しぶしぶ、母は私立受験を認めましたが、もし公立に落ちたら働くことになってたんだろうなぁ・・。
そんないきさつで、高校はランクを落とし、絶対合格できるところを受験し行きました。

さて、高校卒業したらどうするか。
私は「こんなバカ高校を最終学歴にしたくない」とか思ってました(笑)。
今の自分の現状考えれば、進学なんてどうでもよかったんじゃないか?と思いますが。
当時は進学することしか考えていませんでした。

高校受験でさえそんな感じだったのに、大学受験なんて親は頭の片隅にも無かった様子。
揉めに揉めました。
しかしその間も模試をせっせと受け、第一志望はボーダー、すべり止めはA判定という結果を親に見せていました。
もちろん親はノー興味です(笑)。

受験はほぼ強行突破でした。
なんとか「受験は1校だけ」という条件をもらい、
貯めていたお年玉貯金を崩し、A判定の出ていた短大を受験しました。
またもや志望校のランクを下げるという妥協です。

結果、合格しました。誰にも喜ばれない合格でした。
入学金を親戚からかき集めてくれた親には感謝しております。
しかし毎日のように嫌味を言われ続けました・・・。
そりゃそうだ、本当に貧乏だったんだから。

やっとの思いで入学したものの、
さて、後期に納入するお金はどうするのか?
こりゃ前期で私は退学することになるだろうな。
交通費やテキスト代をバイトで賄ってるけど、学費までは稼げないわ。

暗澹たる思いでふと教務課の掲示板を見ると、
「奨学生募集」の張り紙が。
しかも「返還なし」だって。

すぐに教務課の職員に尋ねました。
親の源泉徴収票を用意して、書類を提出後審査します、と言われました。
経済状況と入試の得点で決定するとのこと。

親に「短大のお金、タダになるかもしれない」と話すと、すぐ源泉を取ってくれました。
父親の年収、今でもハッキリ憶えてます。

333万円。
扶養家族4名、非課税。

母親がパートして、やっと食べて行けるような年収です。
本当に、私が進学できるような家庭じゃなかったんですよ。
その金額見て改めて、自分ちが貧乏なのを実感しました。

無事に奨学生に合格して、その後の学費は免除になりました。
入学金も就職して家に入れるお金から相殺してもらいました。
小学校教諭の専門科だったのに、教員にもならず、
早くに結婚して(結局離婚してるし)奨学金貰ってまで進学する必要があったのか?

現在正規職員として働いてますが、採用試験の受験資格に「教員免許」とあったので、
その点、免許持っていてよかったなぁと思います。
50歳手前で、専業主婦歴が長かった私が、正規職員として社会人に復帰できたのはこの免許のおかげです。
もし今後児童福祉職に転職するにしても、有利なのは間違いない。
と考えると無駄じゃなかったのかな。

資格とか免許って、思いがけないところで役に立つことがありますよね。
前にも書きましたけど、今後は保育士の資格習得を考えています。
私は勉強嫌いです(笑)。でも知識の吸収は大好きです。
堅く考えず「保育士に関する知識を引き出しにストックしよ~っと」と思ってます(笑)。

知識の吸収が大好きな子どもが、
親の経済的事情で進学を断念しなければならないのはとても残念です。
上位校へ進学しないと就けない仕事もたくさんありますし。
現在、学費がどんどん高くなっていて、国公立の大学でさえ、進学をあきらめなくてはならない子どもたちがいます。
国の偉い人!血税は社会福祉の充実のために使っていただきたいです。
貧乏な家に生まれるのは仕方ないにしても、
平等なチャンスを子どもたちに与えてください。

かつて貧乏だった(あ、今もか・笑)私は切にそう思います。

P_20180423_142213
扶養は猫のみ

このページのトップヘ