yami to hikari

闇と光、 自分にもあり、隣人にもある。

カテゴリ: 生活

ついに逝かれた洗濯機。
脱水、3回くらい掛けないと、水が切れなくなってました。
使ってたのはハイアールの中古、なんと3千円の品(笑)。
東京の、例の家賃2万4千円のアパート時代から使ってたやつです。
あれから5年弱、なのかな。
充分、働いてくれました。
ありがとう、そしてさよなら、ハイアールの洗濯機。

今日、新しい洗濯機が来ました。
前の職場で使ってたやつと同じなのが気になるが(笑)。
小さ目のでも良かったんですが、思い切って7kgにしました。
週末にまとめ洗いになると思うので。

痛い出費ですよ・・・。
配送・設置料で6千円も取られました・・・。
さっきおじさんが苦心して設置してくれました。
さらにリサイクル料も3千円弱・・・。

さよなら、諭吉5人・・・。
仕方ないですね、買い替え時です。

今、北海道地方では、
地震から半年ということで特番がやってます。

つい先日も厚真町で震度6の地震がありました。
21時過ぎ。私は翌日早番で、早々に布団に入ってました。
枕もとのスマホから嫌な音が。
揺れの直前に警戒音が鳴りますね。
ありがたいような、鳴ってもどうしようもないような(笑)。
余計不安になります。どれだけの揺れがくるんだろうって。

うちは震度3で、何も被害はありませんでしたが、
札幌では地下鉄が止まり、多くの帰宅難民が出ました。

半年前も今回も、怖かったのが津波です。
津波警報が出ないのを確認するまで気が気じゃありません。
調べたら、大きな被害が出るのは第二波で、
警報が出てから約20分で到達するようです。
うちは海へ歩いて行ける距離なので、迷ってる暇はありません。
クルマを使うな、と言いますが、走ってどれだけ逃げられるのか???

今度、引っ越そうと思ってる町も、見事に海沿いの町です。
目星をつけた物件は、20歩歩いたら海(笑)。
海と反対側に山がありますが、その間に線路が走ってます。
踏切を超えないと山側に行けない。
が、踏切が、無い!!!!
踏切と踏切の間が3km以上ある・・・。
線路を越えられないじゃん。

この辺に住んでる人は、諦めの境地なのか?!

何かと危機管理の甘い北海道です。
海沿いに、10メートル以上のビルを何か所か建てるとか、
すぐ避難できる場所を確保しないとダメなんでないの?

海沿いに線路が走ってるのがネックです。
線路から海側に住むのはヤバイかもしれませんね。
(誰も疑問に思わないのかなぁ???)

復興はもちろん大事なんですけど、
2度あることは3度ある、
危機管理もしっかり行ってほしいです。
P_20180426_151244
海はいろんな顔を持っている

P_20190118_213548_1
実家から自分家に帰る道すがら、
巨大ホームセンターで猫ハウス?ゲットしました。

うちのにゃんこは人懐こいくせに、
妙なところで警戒心が強い。
前に買ったテント型のハウスは結局お気に召さず、
先日思い切って処分しました。

この入れ物?も、一晩放置。
匂い嗅ぎまくり、興味津々ですが、なかなか中に入りませんでした。

さきほど、そろり、と中に入ったのを、そーっと見てました。
thKC2GJP2J
こんな感じで(笑)。

やがて「お座り」から「伏せ」の姿勢に。
そして今、
P_20190118_215343_1
まーるくなってスヤスヤ寝てますね(笑)。
気に入ってくれたかな?

マットには暖房器具が仕込んであります。電気アンカみたいな。
留守の時もストーブつけっぱなんですが、ちょっと心配で。
今後これで凌げるかな?

蚊に刺されたような丘疹が、次第に大きくなり、
直径15センチほどの膨疹になる・・・
これが全身あちこちに出来ています。

3日ほどで腫れが引いたと思ったら、
また別の場所に・・・。
猛烈な痒みと痛み。

昨日、施設の看護師さんにちょっと診てもらいました。

「これは膠原病の紅斑かもよ。内科から来てる可能性あるから、ちゃんと検査した方がいいよ」
と言われ。
膠原病。
聞いたことあるけど漠然としたイメージでした。
膠原病=リウマチ
と思ってましたが、調べると他にも様々な病気があるようですね。

病気の原理は橋本病と似ていて、
自分の臓器等を外敵とみなし、自己免疫が攻撃してしまう。
自己免疫がエラーを起こしてるんですね。勘違いというか。
やっつけなくても良い自分を、自分自身が攻撃してるという・・。
なんだかなぁ、ですね。
細胞レベルでも自分を大事にできないとは・・・。

今日も仕事は休みを頂き、今度は膠原病の検査をしてきました。
血液を4本採り、結果は1週間後にわかります。

もし膠原病だったら、また不治の病気が1個増えることになります。
前にも書きましたが、治る見込みのない病気を持つって、非常に憂鬱ですよ。
「完治」というのは無く、「寛解」という病気が落ち着いた状態を目指すことになります。
全く健康な人と同じく生活できれば良いですが、
そうもいかず、疲れやすいとか、感染症に罹りやすいとか。
昔から、風邪を引いたら他の人より症状が酷くなりがちでした。
咳が2か月取れないとかね。
傷の治りも非常に悪いし。

去年からずっと健康状態が思わしくなく、気持ちも凹みがちです。
未来に明るい展望なんて持てやしない。
誰にも迷惑かけずなんとか生きて行こう。
そんなことばかり考えてます。

今はとにかくこの膨疹が収まらないかと。
寝ても起きても痒いのでどーもなりません。
皮膚科のアレルギー薬はぼんやり効いてるようですが。

膠原病じゃなく、酷い蕁麻疹だった、
そういうハッピーエンド?にならないかなぁ(笑)。

ちなみに、作業所で一緒に働いている60代の男性職員の奥様が膠原病だそうで、
ちょっと話を伺いました。
30代の頃診断され、半年入院したそうです(!)。
今も、風邪なんか引くととても症状が酷くなるので注意してるそう。
で、奥様の双子のお姉さんは橋本病だったそうで(!)。
最期は腎不全(透析していたが免疫の関係で腎移植ができなかった)で亡くなったそうです。

病気って凄く気を付けてる人でも、なるときはなるもの。
でも、こんな風にあちこちやられてくると、
2年前、3年前・・・元気でいられたことがありがたいことだった、と思います。
なんとか小康状態の自分に戻れたら良いですね・・・。
P_20180830_130654
入院することになったらにゃんこはどうすれば良いのだろう???
考えておかなくては。

こんにちは。
全く元旦って気がしないので「こんにちは」です(笑)。
テレビに紋付き袴の芸人が映ってるので、
かろうじて年が明けたと感じてるという・・・。
P_20181222_195035_1
いつも通りの、にゃんこ。かわいいね。
いつも通りの、窓からの風景。寒そうだ。
雑煮を作る気にもならず、きなこ餅ふたつ食べました。
なにもめでたくない!(笑)。

さっき妹からメールがきて、
実家の母が宝くじ、1万3千円当てたと。
10枚しか買ってないのに。
母はよく当たるのです。日頃の功徳なのか・・・。

私も宝くじを確認しようか、今、迷ってます。
もうしばらく夢を見ていたい気もするし。
当たったらすぐ仕事辞める(笑)。

今年の展望・・・特に何もないけど、
去年よりはマシな1年になりますように(笑)。
心身が少しでもマシになりますように。
仕事の環境が少しでもマシになりますように。

P_20181107_161846_1
皆さまの無病息災を祈念いたします。

このページのトップヘ