yami to hikari

闇と光、 自分にもあり、隣人にもある。

カテゴリ: 仕事

8:50に職場から電話が来て、
9:30の研修に出られるかって・・・。
「無理です」と即答しました(笑)。

今日は夜勤で、まだベッドの中だったし。
普通、電話かけて来るかなぁ?
「出られます」って言うと思ってんのかなぁ?

男じゃないんだから、
さすがに15分で身支度は無理だべ~。

本当に何考えてるのかわからん・・・。

P_20180428_145746
「・・・?!」なことが多い職場だよ。
会社の都合優先しすぎじゃん?無神経・・・。

友達からよく、「割の合わない仕事ばっかりやってるよね~」
と言われていました。
仕事に関して、夢も野望も無く、たしかに、
昔からハイな労働量、ローな賃金のところにばかり務めているような(笑)。

ざっと、職歴を書いてみましょうか。

タウン誌の編集
新卒で務めたんですが、途中で給料が滞り、入社8か月で倒産。
たしか1か月分の給与が未払いのまま(苦笑)。

税理士事務所
友達の父上が税理士さんで、無職になった私を心配して、知り合いの税理士事務所を紹介してくれました。
その先生、ケチで有名な方でした(笑)。ここもまた人件費削減のためハードな業務量。
まぁ残業代で結構稼ぎましたが(笑)。

ベンツの代理店
最初、親会社の中古車販売店の経理の面接を受けたのですが、
何故か子会社のベンツの代理店に配属。
これまた立派そうな会社ですが(笑)、給与体系は親会社が基準、低賃金(笑)。
ここでも残業代でめっちゃ稼ぎました(笑)。人いなくて。

餃子屋
ここからパートです。
子が生まれ、長いブランクの後、初めて仕事に就いたのがここ。
またまた人手不足!(私の仕事の傾向が見えてきましたね・笑)
小学生の息子が熱を出し、休ませてほしいと店長に電話、
長々と嫌味を言われてうんざり・・1年に満たず退職。
社会ってそんなもんです。キビシーです。

コープのカウンター
これは前にちょっと書きましたが、自分に向いてた仕事です。
ここも半年続けば良い方、というイワク付きでした(笑)。
カウンター業務は多く、困ったお客さんも多く、給料は少ない(笑)。
スーパーは万年人手不足だし。
しかし何故か私はここでは前向きだったなぁ。「毎日飽きないなぁ」って思ってた(笑)。
4年勤めました。そして離婚。

西友のレジ・カウンター
主にレジが多く、ルーティンワークが苦手な私には苦痛な仕事でした。
レジ内で立ちっぱなし、足がダルダルになるのも辛かった。
西友もいっつも混んでますね。忙しかったなぁ。
時給はまぁまぁ良い方だったかな(珍しい・笑)。
でも有給がなかなか取れませんでしたね(どこもそうだよね~)。
2年ちょっと務めました。

キッズシッター
西友と並行してやっていた仕事。
ある小学生の専属シッターでした。
これはいつかブログに書きます。楽しんでやっていました。
この仕事はのちに、知的障がい児の仕事へと繋がっていきます。
仕事は好きだったけど、会社がだらしなかった・・。学生サークルみたいだった。

深夜のファミレスの厨房
これも西友と並行していました。
親会社が有名なブラックで、本当に真っ黒だった(笑)。
これほど向いてないと思った仕事もないです。
時給が高く、生活のためでした。
2か月で挫折(これもネタにしようっと・笑)。

(番外編・タクシー会社に面接に行く・笑)→前にネタにしてます。

生活支援員
現在の仕事です。フルタイムで働くのは20数年ぶり!
知的障がい者のお世話が主な仕事です。
いろいろ書いてますが、大変な仕事ですよ。給料安いしね(笑)。人はいないしね(笑)。

・・・もう私の仕事の傾向が見えましたね(笑)。
・人手不足
・ゆえに忙しい
・なのに低賃金
苦笑。

どうしてそういう所に面接に行ってしまうのか?
もう、薄々勘づきながら面接受けに行ってるんですよね(笑)。
一番の理由は、すぐに採用されたいから。
これに尽きるかも・・。
仕事探し続けるのがめんどくさいんだと思う。
少しでも条件の良いところに!という考えがない。
だけど別に取り敢えず、という気持ちでもない。
務めたらできるだけ長く、と思っている。

変なの!(笑)

どうも自分の物事に対する基本姿勢を語ってるような気がする(笑)。

苦労しそうなところに行っちゃうんだよなぁ。
必死こいて働いてる自分が好きなのか?(笑)・・いやいや、そんなことはないです。

私はラクしたいです!!!(笑)

P_20180207_113402
ラクしたいラクしたい・・・


あの~質問です。

4日前の、人の仕事のうっかりミスって指摘します?
それもささいな、「仕事」とはちょっと違うような、
まぁ、職場の給湯室にうっかり1個、湯飲み茶わんを洗い忘れて帰っちゃった、
みたいなことです。

私はそういうの指摘しないんだよね~。

そういうの発見したときは、(あらら)と思い、自分が洗い、
(うっかりだね~でも自分もうっかりすることあるしね~)
で終わる。

ましてや4日経ってから指摘することはないです。
まず忘れちゃうし。
指摘する人がよくわからん。
(あ、これ絶対言ってやろう)と心に誓ったとしか思えん(笑)。
うーん、いろいろ心情を推測してみる。
私が後始末してやった、ということが言いたいのか、
うっかりミスを指摘して凹ませたいのか、
はたまた、指摘することが親切だと思っているのか・・。

そして、その言い方。
「台所が散乱してたよ」って・・・。
コップ一個でしょーが!(笑)。
そうそう、その「散乱」に、私は頭にきてるのかもな。

いずれにせよ、私からすれば、性格がクソとしか思えん(笑)。
(細かい!)(粘着質!)(JAROか!)(お前もうっかりするだろーが!)と思う(笑)。
だってさ、4日前だよ!(笑)。
「あーごめん!ごめんなさい!」と、2回謝りましたがね(笑)。
(めんどくさいからそれで終了。)

もちろん、仕事を左右するようなデカいミスは、
言ってあげた方がその人のためだと思います。

私にとっては、そういうの、「重箱の隅」だと思うのですが、
なんか「重箱の隅も人それぞれなんだなぁ」と、しみじみ思いました。
(あーイライラする・笑)
姑か!(笑)。

P_20180629_191445
「私はあんたんちの嫁じゃねぇ!」(笑)
(まぁ生意気な嫁なんでしょうね・笑)
透明コーラでも飲んでスカッとしよーっと。

職場の敷地は広大で、
街灯の電気代だけでも毎月かなり掛かっていると思われます。
ケチケチ事業所、夜道は暗い。
遅番の帰り道、駐車場までの道のり、足元が暗くて見えない。

敷地は山の中なので、何となく夜は生き物の気配がします。
シカだのクマだのがきっと息をひそめているはず(笑)。
いや、もっと怖いのがヘビです(泣)。

駐車場まで、草むらを通らなければならないのですが、
暗くて地面を確認できません。
にょろっといたらどうしよう!
毎度、ひやひやしながら帰ってます。

5月から、「敷地内のマムシに気を付けて」というお触れが・・。
夜道がこんなに暗かったら気を付けようないじゃん(泣)。
「もう少ししたら、道に轢かれたアオダイショウがひっくり返るよ」
そんな先輩の言葉に震えます。

私はまだお目に掛かってませんが。
見ないうちに異動することを望んでます(笑)。

P_20180609_173500
ヘビの画像は貼りません(笑)

今年度の初めは、本当にいろいろありました。
今思えば、よく乗り越えたなぁ、という感じです。
「モラハラ女」と思えた同僚も、
話し合いの後、キツイ言動がほぼ皆無になりました。
そのママ友の同僚も、
今ではむしろフランクに私に接してくれるようになりました。

てか、私のミスもかなり減り、スムースに業務をこなせるようになった、
それが大きいかもしれません。
注意するような出来事自体がなくなってきているのかも。

今のところ、塞翁が馬、です。

その二人に突然加勢した人がいました。
私は心で「風見鶏さん」と呼んでいます(笑)。
今年度に入り、急に言動を強めてきました。
この職場で最年長の65歳。
正規職員歴は無いのですが、長いこと務めているベテランです。

先日、利用者さんが頭を打ち、大出血するという事故がありました。
この利用者さんは洗濯ものに対する拘りが強く、
職員が洗濯ものの片づけをしている間、
「まだ?」「まだ?」と5分を空けずに尋ねて来る、ちょっと困った方なのです。
私たちは洗濯ものの整理が終わると、すぐに利用者さんに返却します。
が、風見鶏さんは、この利用者さんに洗濯ものを返しません。
「しつこい!頭にきたので返さないよ!」
と宣言して、洗濯ものの入ったカゴを隠してしまうのです。
(これまた虐待ですよね)
洗濯ものが手元に無い利用者さんは不安の極みです。
余計執拗に洗濯ものに拘りはじめます。

こんなことして良いことなど皆無です。
で、隠してあった場所に隙をみて入り込み、
気付いた他の職員とカゴの取り合いになり、
拍子で角に頭をぶつけてしまった、というわけです。
私もその場に居合わせましたが、血の海でした・・。

驚いたのは、その利用者さんの洗濯ものへの執着でした。
大出血しているのにもかかわらず、洗濯ものに手を伸ばし、
誰にも取られないよう隠そうと必死なのです。
自分自身より洗濯ものの方が大事・・。
重い自閉症の方は、ここまで強い拘りをみせることがあります。

そんな事故が起きてなお、風見鶏さんは洗濯ものを隠し続けました。
もう、意地悪としか思えないし。
しかし皆、65歳の御大に強く言えずにいました。

そしてついに数日前、先輩が口を開きました。
「○○さん、そういうことするの止めて!引き継いだ私が困るから!」
強い語調でした。それに対する風見鶏さん、
「はぁ、それは出来ないわ」
・・・・は?悪いことだと思ってないの?出来ないってなに?!
てか、あなたも自閉症なんですか?!洗濯もの返さない拘りか?!

この返答に先輩も怒り、リーダーから言ってもらうことにしたそうです。
そしたらあっさり「はいわかりました」だと。

風見鶏には権力者から言ってもらうのがベストのようです。

最近、とんちんかんな口出しが多くて困ってます。
こちらもいろいろ段取りを考えて仕事してるんですが、
「ああしたら?こうしたら?」と口挟んでくる。
「いやこうしてこうしたほうがスムーズですよね?」
「あぁ、そういう方法もあるけど私は・・」
と、納得させるまでに時間がとられてしまう。めんどくせー(笑)。
昨日もそんな場面があり、心で(黙ってろ!!)と叫んでしまいました(笑)。
あなたがやるわけじゃなく、私がやる仕事なんですよ。考えて喋れ~~~。

老害、か・・。
敬える老人もいれば、軽蔑してしまう老人もいる。
うーん・・・もうこれだけ歳を重ねているんだから、どうしようもないね。
自分はそうならないように気を付けるだけだなぁ・・。

P_20180615_175333_1
老いては子に従え、か。

このページのトップヘ