yami to hikari

闇と光、 自分にもあり、隣人にもある。

カテゴリ: こころ

通院日、往復4時間、車の旅。
またまたスマホを忘れてしまいましたよ(笑)。
通いなれた道なのでスマホも必要ないっちゃない。

診療時間、今日は激安スーパーで買い物もしたので、
計7時間の旅でした。疲れた~~。

待ち時間で、他所ブログの下書きをしてました。
なかなか書けなくなってしまい、何度も締め切りを延ばしていただきました。
仕事が忙しいのと、オフの日まで仕事のことを考えて書くしんどさ。
職場での嫌な出来事も、他所ブログでちょっとした小遣いになると考えなおし(笑)。
どうまとめようかと思案中です。
「職場での不満は我慢しすぎず話し合いの場を持ちましょう」
そんなテーマで書きましょうか。

主治医にも「爆発しちゃいました」と経過を話すと、
「そこまで言えたのは立派ですよ」と褒め?られました。
ただ、ちょっと心配そうな顔もしてました。
出来事をきっかけに、私のメンタルが不安定になることを懸念したか、
出来事がこじれることを懸念したか・・。
医者としては前者でしょう。だけど長年私を診てきてわかってる部分もあり。
「きっとなんとか1年、あなたは頑張るんだと思うけどね」
ちょっとあきれたような笑顔です(笑)。
私もそれについては苦笑です。「ですね」と。

普通の人が放り投げて逃げ出す場面で、
私はまだ踏ん張ってその場に留まっている気がします。
弁慶かと思います(笑)。
伝説にでもなればカッコいいですが、たかだか私の人生です(笑)。なんにもなりゃしない。

あぁ、そうだ、病院に行く道すがら、
ラジオから、私の好きな小田和正の新曲が流れてきました。
聴いていて、「あぁ、小田さんらしい歌詞だなぁ」と思いました。


         この道を
   
   それでも けんめいに
   生きて行くと そう決めた
   
   繰り返す 迷いも
   争いも 悲しみも
   
   すべてを 時に任せて
   選んだ 道を 行く

   その道は どこへと
   つながって 行くのか

   未だ見ぬ その場所は
   どんな風が 吹くんだろう

   誇りと 正義のために
   戦う 自分がいるはず

   晴れわたる 広い空に
   明日が 確かに 見える

   どんなに 険しくても
   この道を 信じて行く

   守るべきもの それは ただひとつ
   それを 知った


歌に共鳴しながら、小田さんだからこの歌詞に説得力が生まれるんだなぁと思いました。
ずっと昔から、同じテーマで歌い続けています。
足跡は、まっすぐ。長い「この道を」まっすぐ歩き続けている人。
少しでも倣いたいと、思うのは私だけではないはずです。
1500216919511
「誇りと正義のために」
私はそんなこと言える柄ではないけれど、
一番印象に残った歌詞です。

いろんな人がいます。
人格障害(パーソナリティ障害)って、7人に一人の割合だとか。
https://radius4m.com/npd/

以前、元リーダーの話を書きました。
今は異動しましたが、典型的な人格障害の人でした。
女性に多い、「自己愛性」というやつです。
つける薬はなく、ターゲットにされたらとにかくこちらが逃げるしかない。
実際、私の話は「それは言い訳だから」と、一切聞いてもらえませんでした。
酷い時は、「どうしたの?」と私に理由を言わせ、
2,3言喋らせたうえで「言い訳だ」と切る、そんなこともされました。
ある時は私に対して、ヒステリックに怒鳴り(地団太まで踏み子どものようだった)、
その後、皆の前で涙をこぼし私に対する思いを語ったとか。
自己愛さんがよくやる、被害者と加害者を逆転させる方法です。
本当にやることが巧みなのです。いろんな方法でターゲットを追い込んでいきます。
泣きたいのはこっちの方です(笑)。
皆、彼女の異常性に気づいていましたが、心理操作にはまんまと嵌っていました。
異動していなくなり、私は本当に助かりました。

しかし、人格障害の人が職場に複数いることもあるかも。
強烈な人がいなくなり、そのとき「あれ?」って思うのかも。

自己愛は、自分が居心地の良い空間を作るためなら手段を選びません。
気に入らない人は徹底的に排除します。
どんな抵抗をしても徒労に終わることが多く、
結局はその人の望む通り、こちらが排除されるのがベストという、
なんともやりきれない解決方法しかないみたいです。

どう考えても、長くいる職場ではないな、と思っています。
だめだこりゃ、です。
たとえ自分が被害者でなくとも、誰かがそうされるのをみるのも嫌。
今年度で私は異動願を出します。

モラハラやいじめの加害者は皆人格障害です。
いったい私の職場、どうなっているんでしょうか。
P_20180317_180601
だめだこりゃ

さて、仕事です。
どういう一日になるのやら・・。

平常心、平常心。
P_20180428_145822
やっつけブログですみません(笑)。

今日、私はついに噴火しました(苦笑)。
モラハラについて、です。
まさか自分でも今日噴火するとは思ってなかったので、家に帰ってから驚いています。
てか、しばらく自己嫌悪に打ちのめされました・・・。
相方さんからすぐ電話が来て、話してラクになったんですがね・・・。

思ってたことぶちまけました。
「あのさぁ、ずっと黙ってたけど、」みたいな切り出しで、結構感情的に言ってしまいました。
「いったい何なの?!」
いつものパターンで向こうから「今の口調気になったんだけど何?」みたいに言われたので。
2対1という構図(もちろん向こうが2・笑)だったんで、
途中で「この際、第三者交えて話ませんか?」と提案。
「おう、上等じゃねぇか、やるべ」とは言わなかったけど、
お二人はそんな感じで返してきました。
「いいよ!第三者とあなたとこっち全員で!」
とわけわからん提案されたんで、
「は?それは嫌だわ。1対1と第三者でしょ?全員ってなんだそれ」
と私も口調荒げて言い返す。
まぁ最初は子どものケンカみたいな感じ。
冷静に、とは思ったけど、この状況は感情ぶちまけたほうがいいと、本能的に感じました。
今まで淡々と受け流してきたんです。
この人も怒ったら感情的になるんだ、と認識させたかったのかも。

人と人、もめ事になれば結局「言った言わない、やったやらない」になるんです。
この場も、そうなりました。
「この時あなたはこう言ったよね。そして腕を叩いたよね?」
先日ブログで書いた件をぶつけました。
「そんなことしてません!」
彼女は顔を真っ赤にして言いました。そして、
「なんでそんな嘘言うんですか?そんなこと言って私を貶めたいの?」
「嘘じゃないし。実際あなた私の腕を叩いたからね」
「やってません!」
もう、私も頭にきたので言ってしまいました。
「私は日記書いてるし、全部あなたに言われたことやられたこと書いてますから!
それとも興奮しすぎて自分のやったことも憶えてないの?」
・・・言ってしまいました。病気のせいかもしれないのに、言ってしまいました。
「それは叩いたんじゃなく軽く触っただけだよね?」
あらら、なんか言ってることが変わってきましたよ。
「いいえ、叩かれたと私は感じたから。なんだそれと思ったわ」
「軽くポンってやっただけでしょ」
「だからもう、それでアウトなんだよ、〇〇さん!」

そこで電話が鳴った。(妙なタイミングだ)
閑話休題だ。

ヒートアップしてたものが一気に冷めました。
そしてこれまた妙なタイミングで、新人さんが子ども連れて遊びにきた(笑)。
何故このタイミングで来たのかな、不思議だ。

皆少し冷静になり、私は残業で人を待たせていたので、淡々と引継ぎをし、
(仕事になると私は淡々としてしまう。まさにビジネスライク。それが「冷たい」と映るとも言われました)
そのあと、彼女が硬い表情で「すみませんでした」と。全然すみません、って感じの口調ではないし。
なので「何が?」と返しました。そんな口調で何に対して謝ってんの?と思ったので。
「キツク言ったことと叩いたことです」謝りたくない!という気持ちが丸出しでした。
しかし、私も謝りました。言い過ぎたことや受け止める態度が悪かったことについて。

ここからがようやく「話し合い」でした。今までのは「ケンカ」。
まず、彼女の口調がキツすぎること。
いきなり頭ごなしに怒られたら、こっちも壁を作ってしまうこと。つっけんどんな態度を取ってしまうこと。
こっちにも感情があってずっと腹が立っていたが堪えていたこと。
そして、どうして私ばっかりに言うのか?同じ失敗した他の人には言わないのは理不尽だということ。

「自分が「キツイ」のは家族からも言われててわかってるの」、と彼女は涙ぐみ・・。
それは、そういうあなたに出くわしたら私もすぐシャッター下ろしちゃうし・・・ごめん。
お互い性分だから仕方がないよ・・。
でも気をつけていこうね、と。
私ばかり怒られ理不尽に感じる、というのはお二人も自覚があった様子。そわそわしてました。

バックで上司と繋がっている人には何も言わないんですよね。
お二人とも私には凄く強気で言ってくるのに、なんか変じゃない?と言いました。

まぁ、いろいろ皆気をつけてなんとか頑張ろう!というふうに終わりましたが。
どうなのかな。私はずっと性善説で生きてきました。性善説を信じたかったから。
だけどこの職場に来てから、疑うことも必要なんだな、と思うようになりました。
私はこれで解決した、これで終わったとは思ってないのです。
さらにこじれることも想定しています。
その時は本当に第三者交えるしかないですね。

P_20180428_145800
私が凹んでいると、普段来ないのに膝に乗って来るにゃんこ。
なにか感じるのかな?不思議です。

父親も妹も弟も大酒呑み。
私も若い頃は呑んでました。
男の人と二人で一升瓶空けたこともありました。
「強そう」などと言われ調子こいて。
たくさん呑んでもいつもと同じ。変わりません。
酔うけど気分が良くならない(笑)。
お酒の席で非常に気を遣うせいなのか。
家に帰ってから激しく酔いがまわるのです。
つまらん酒です(笑)。

つまらん酒だったので、妊娠を機に呑まなくなりました。
今ではカクテル3杯で頭が痛くなります。
ごくたまーに家で呑みたくなることがあり、
台所にジンが一本置いてあります。
ジンの柑橘系の香りが好き。
キリンレモンで割って、ほろ酔いで終了です(笑)。

父親の酒に泣いたんで、
「酔って乱れない」という深い自己暗示にかかっているのか?

だから、自分がわからなくなるまで呑む、というのがわからない。
お酒でも、自分の理性を引っ剥がせないのです。つまらん(笑)。

ジャニタレさん、地味にファンだったので哀しいなぁ。
お酒の問題は、自分だけで終了することなら何も言いません。
だけど、悪い酒は、周りを巻き込む酒は、考えて呑まないとね。
酒呑みに「考えて」って要求するのはとても難しいこと知ってるけど。

P_20180426_163441_1
2か月で半分くらい減りました

このページのトップヘ