yami to hikari

闇と光、 自分にもあり、隣人にもある。

カテゴリ: からだ

春先から続いているめまいの原因を探るため、
脳神経外科に行ってきました、ついに!。

結論、先に言います。
脳に異常なし。

この小田舎、「行くの辞めた方がいいよ」と周りが口を揃えて言う、迷医だらけみたいなんですけど(笑)。
脳神経外科なんて、そこの病院しかないので仕方ないです。
「変な先生みたいですよ」って言われたけど、
そう言われるとちょっと興味も沸いちゃって(笑)。
どんな「変」なのか?

まず脳波とって、レントゲン撮って、MRI・・・。
アタマのMRIってこんなうるさかったっけ?
20分ぐらいがちゃがちゃ音の中、我慢しました。

そしてようやく診察。
変な先生とご対面(笑)。
小太りで、髭で、眼鏡。

受付で今飲んでる薬を書いたんですけど、
その薬にまず驚かれた。「これ飲んでんの?!」って。
この脳神経外科、実は心療内科もやっていて。
先生は薬にも詳しいわけです。
私の薬、ぶっちゃけフツウの人が飲む薬ではないんですね(笑)。
主治医は不眠考慮して応用的に使ってるんですけどね。
まぁ、この反応は初めてではないので想像してましたが。

この先生、自分を実験台にして色々な薬を飲んできたとのこと(笑)。
私の薬も飲んだことある、と。
3日間、吐きまくりで酷い目にあった、と(笑)。
「へぇぇぇ、これ飲んでんだー」何回も言うなよ(笑)。

この辺で何となく「変」の意味がわかってきた(笑)。

まぁ、まずは私の脳の画像を観ながら、
「脳はね、右の頭のてっぺんに水が溜まってるけど問題ありません」
笑・・・大丈夫なの、水が溜まってるって・・・。
「ああ、大丈夫なんですね・・」
「うん、問題ないから。あと血管・・あ~綺麗だね。あ、まだ50か、若いもんね」
若くはないんですが・・・まぁ血管大丈夫で良かったか。
めまいのことを話すと、「肩凝ってる?揉もうか?」
肩揉んでもらいながら、
「20年前にメニエルの疑いって言われて、10年前は耳鼻科で頭位性めまいと言われました」
と話すと、急に揉むのをやめ、机に向かってしまわれました。
「メニエルはね、治療法ないの。メニエルの薬できたらノーベル賞って言われてるんだよ」
「めまいとキーンって音が聞こてはじめて、メニエルって診断するんだけどね」
とのこと。

それきり、私のめまいの話は宙に浮き(笑)。

先生のお話タイムがはじまりました(笑)。

精神科医を目指していたが、実習で統合失調症患者の実態に打ちのめされた話。
「どうして人間がああなってしまうのか知りたかったんだよね」
「紙の一枚向こう側にどうして行ってしまうのか。でもわかんなかった」
「それで精神科医諦めてね、脳外科も面白そうだったからなったの」

そうなんですね。

「ここでもう13年やってるけど、何もいいことないよ」
「女の子とイチャイチャすることも無いしさ、なにか旨いもの食いたいって願望も無い」
「オレはもう何も楽しみ無いよ。漫然と生きてるだけだね」
「テニスやってるんだけどね。体のためにね」

そうなんですね。
・・・って、どっちが患者ですか(笑)。
いつの間にか私がカウンセラーみたいになってて(笑)。

先生の問わず語りは30分続いたのでした(苦笑)。

たしかに変(笑)。だいぶ変(笑)。
だけど何故か、私はこういう人嫌いじゃないな~と思いました。

ほとんど私の方は見なかったのですが、時折じーっと見て、
「うーん、この薬飲むような人には見えないよなぁ・・」
ええ、そっち系ではないはずです(笑)。ま、ちょっと変わり者かもしれんけど。
「その当時、不安感が酷くて眠れなくて、たまたまその薬がハマったんですよね」
「ああ~そっか~でもこの薬、オレはオススメしないなぁ~」
この先生がアンチ薬の医者だと、口コミは読んでました。
「あー最近出た新薬あるから出してみる?」
この間、何かのコラムで私も目にしていた眠剤の名が出ました。
それを7日分処方してもらい、診察終了。
と、なるはずが、最後に先生、
「一番いい睡眠薬はね、やってやってヤリまくることだよ!」
爆。
「いや、真面目に、若い男の患者にはよく言ってるの!」
「それで去年、患者さんにふたり子どもが出来てるの!オレ、少子化に歯止めかけてんだよ!」
うはははは、私にはあんまり関係のない話でした(笑)。
しかし、よく笑ったので、身体には良い診察だったかも(笑)。

本当にユニークな先生でしたね。
なんとなく、根っこにはちゃんとした哲学を持っていそうな気もします。
「薬じゃ、ほんとは人は救えないんだよ」
途中、ポツンと言ったその言葉が印象的でした。

やってやってヤリまくれない私は、運動を勧められましたとさ(笑)。
P_20180929_173414
めでたし、めでたし(笑)

いつもの薬置き場に、薬がない!

薬置き場から、だいたい1週間分の薬を出して、
別の所に保管しています。
1か月半分の薬が、袋ごと無いのです。

病院に行った記憶を手繰ります。
主治医の顔は思い出せる。
でも薬局の記憶が無い。

もしかしたら薬局に行き忘れた?
だとしたら薬の数が合わない。
家の中にあるはず。
少し使ってどこかに置き忘れた?

それでも一応クルマの中をみます。
やっぱり無い。

と、ようやく。
玄関の、地震避難用バッグに気づきます。

あーーーーここだ。
袋ごと全部ここに入れたんだった。

薬が無い不安から解放され、
そして、自分のもの忘れにガックリきて、脱力・・・。

まだまだもの忘れに悩む年齢ではないのですが、
今回のはまいったなぁ。
全然思い出せないんだもの・・。
こんなことが増えていくのかなぁ。
P_20180911_182537
黄昏・・・。



うつ病寛解状態がもう何年も続いています。
だがしかし。
劣悪な職場の人間関係で、悪化するのが不安な今日この頃。

先日、橋本病のことも書きました。
橋本病の症状のひとつに「うつ状態」もあるんです。
なんか、ダブルパンチですね。

職場のナースに、
「元気そうで橋本病に見えないね~。
橋本病の患者さんって、もっとどんよりしてる人が多いけど」
と言われました。
「いやいや、家ではどんよりですよ。満身創痍です」
独り暮らしで、家ではしゃいでたら怖いですよ(笑)。
私は甲状腺ホルモンがまだ出ているので、元気そうに見えるんでしょうね。

うつ病は、何となく付き合い方がわかってる、というか。
騙しだまし、闘わないようにしてます。
うつ病=今の自分、なのだから、闘うと余計こじれます。
おかしくなりそうな時はいい子にならない。
「バーカ」と思ったら、「バーカ」と心でつぶやきます。
「あームカつく!!」と車の中で言うことも。
自分が許せる範囲で悪い子になったらいいんです(笑)。
真面目過ぎ、善い人過ぎ、責任感じ過ぎは、
転げるようにうつの坂道を落ちて行きます。

うつ病になる人って、いくら悪い子になっても、
早い段階で内省するもんだと思います。
内省したくなったらすればよい。
内省し過ぎには注意だけど。

そんな感じでうつを飼い慣らしてきました。
最近は本当に精神的に疲れますが、
無理に明るくふるまわず、かといって深刻にもならず、
「ちょうど良いウツ」で生きています(笑・かな?)。
なーんて、カラ元気だなーと思うことも多いけど(笑)。

毎日、胸が塞ぎますが、
いつの間にかその日のうちにモヤモヤがなくなってます。
ブログに書くのもストレス解消になっているのかも。
読み流してくださってる皆さん、ありがとうございます。
P_20180909_081855_1
うつ人間は、猫に学ぶことが多い。

またまた起き抜けの頭痛です。
すぐに頭痛薬を飲んで治まりました。

私は橋本病という持病を抱えてます。
甲状腺ホルモンが普通の人より少ないんです。
ホルモン分泌量なんて皆さん意識しないで生活してるでしょうが、
これが多かったり少なかったりすると、
身体のいろんなところに影響が出ます。

私の場合、まだ自分の甲状腺ホルモンで賄える状態。
薬で補填しなくてもなんとか大丈夫みたいです。

しかし、普通の人より、あちこちにダメージが来やすいのです。
皮膚の代謝が遅く、傷がなかなか治りません。
身体全体の代謝も悪く、太りやすいしむくみやすい。
体力は無く、バテやすい。
眼圧高く、緑内障のリスクがあることも前に書きました。

頭痛も気になるし、めまいはもう何か月も放置しています。

ちょっとこれは全部病院で診てもらわないといけないのでは?!

・・・と思いつつ、行きそびれてます。
休みの日はのんびりしたいし。
そんなこと言ってる場合じゃないかな。
病院のスケジュールたてなきゃいけないなぁ。
P_20180519_144634
今日の休みは会議です

昨夜、仕事から帰って食べ過ぎました。

枝豆、ホールコーン1缶、豆腐1丁、パン、サラダチキン、アーモンドチョコレート・・。
乱れ喰いですね。手当たり次第です。
寝る直前まで食べ続け、胃が破裂するかと思いました(笑)。

8月からまたローカロリー食にしてますが、こんなに食べたらアカンやろ・・。
脳内ホルモン、ここまで食べないと出なくなってるのか?(笑)

普段忘れているけど、更年期です。
先日の夜勤明けには酷い動悸がおさまらなくて参りました。
まぁ強烈なストレスがあったわけだけど・・。

火の粉くぐってなんとか異動できるかなぁ。
めげずに「よい未来」をイメージし続けますか・・。

P_20180324_150705
子どもの療育に戻りたい

このページのトップヘ