yami to hikari

闇と光、 自分にもあり、隣人にもある。

カテゴリ: 福祉

今日は夜勤です。
昨日書いた件もあり、微妙に緊張しています。

重度知的障がい者施設の利用者さんの中には、
精神病を併発している方も多くいます。
私のユニットでも18人中5人が精神病を併発しています。

それを素人同然の我々がみている危うさ。

一応、棟内には内科と精神科の診療所があります。
しかし保護室のようなところは無く、
何かあってもユニットでの見守りが基本となります。

一昨年のお盆休み、
帰省していた利用者さんが寮内に包丁を持ち込む、
といった事件がありました。
やまゆり園の事件に触発されたようです。
この方も統合失調症を併発している方で。
包丁は詰め所で、持ち物チェックで見つかったので被害には及びませんでした。
さすがにこの件は、利用者さんが精神科に入院することとなりました。

本当に我々の仕事って、難しい仕事だと思います。
もう耐性がついて、多少のことではびっくりしなくなったけど。

行政も施設側も、知っているのに知らん顔をしている部分が多すぎる。
「どうしたら職員が辞めなくなるかなぁ」
・・・とぼけたことを言うなよ、と思います。
P_20180718_030622_1
にゃんこ並みに毎日10時間寝てます。疲れた。

利用者さんにガンが見つかりました。

診察のきっかけは足元がおぼつかなかったこと。
(ここら辺の経緯もいろいろあって詳しく書けません。)
総合病院でCTを撮ったところ、軽い脳梗塞が見つかりました。
ああ、これが原因だったんだね、軽くてまずは良かった、
と言っていたんですが、
右頬の腫れ、痛みの訴え、鼻鳴り等、「?」という症状が翌日現れ、
受診すると、「上顎腫瘍」との診断が。
おそらく悪性とのこと。

大きな病院ですが口腔外科がありません。
となり町の総合病院を紹介されました。

今日、受診となり、看護師と職員が付き添い。
「即日入院だろうね」と皆思っていました。
ところが、今日施設に利用者さん、帰ってきました。

早い話が「受け入れ拒否」です。

病院内のいろいろな科をたらいまわしにされ、
結局、「脳梗塞の治療を優先すべき」との言い分で。
上顎がんは最初の病院で「この人、死ぬよ」との医者の宣告があったのです。
「いつ死んでもおかしくないよ」と。
それを優先順位は脳梗塞が先だと?
もう手遅れだから拒否った?

利用者さんは自閉症に統合失調症の症状を持つ方で、
たしかに、受け入れが難しい患者さんではあります。
そして今日行った病院には精神科が無いという・・。
紹介した最初の病院も顛末が予想出来なかったんだろうか。

精神科と口腔外科のある病院となると、
この近隣では入院は無理でしょう。

どうするの?どうなるの?
我々が看取るの?
いつ死んでもおかしくない、と言われてる人のそばで、
皆、動揺しています。

利用者さんは身寄りの無い方。
重度知的障がい者で統合失調症患者、天涯孤独。
だからこんなにぞんざいに扱われたの?

ご本人はいつもどおり童女のよう。
大好きなコーヒーのことしか頭にありません。
それが余計やりきれない気持ちにさせますね。
P_20180419_164116_1
毎日がやすらかでありますように。

P_20171121_105120

昨日は、介護職=作業=だから給料安いのか!!(怒)というような内容を書きました。
あれは作業ではなく仕事です、そう書きました。
しかし中には自分の心を無機質なモノにして従事しなければならないこともあります。
「作業」と割り切らなければできないようなこと。
それが利用者さんの便処理です。

便だけではなく、嘔吐物、よだれ、鼻汁・・・
手袋をしているとはいえ、それらの処理は気持ちの良いものではありません。
「便処理が大好きですっ」という人はかなりのマニアです(笑)。
利用者さんの中には、便で芸術作品を作る方も・・・。
壁画とか陶芸とか(涙)。
私はこういうの、笑い飛ばすしかないなぁ~と思い、
「あら~すごい壁画だね~!」と笑った後、「・・・・」無言で処理、臭いと戦いながら・・・。
うちの施設では利用者さんにも掃除してもらいます。
(いいのか悪いのか。知的障碍者施設は未だに「教育的指導」の意識が強い)
まず、この汚物処理ができるかどうか。介護職の第一関門です。
生理的に無理!という人はたくさんいるでしょう。
そんな人はわざわざ介護職を選ばないですよね。

P_20180110_144320
↑綺麗な画像で緩和(笑)

そんな汚物の処理は日常的にあるけれど、介護の仕事ってそればかりじゃないです。
この利用者さんとあの利用者さんは仲が悪いから、トイレやお風呂で鉢合わせにしないよう工夫するとか(取っ組み合いの仲裁もある)、
数分おきに同じ話を繰り返し詰め所に来る利用者さんの対応、
幻覚を見てる人に話を合わせ、外出に行きたいと泣く人の背中をさすり、
まぁ、いろいろ、いろいろ・・・・・・。
ハートが強くないと、持ちません。私も玉砕寸前の気分によく陥ります。

そして一番問題なのは、実は職場の人間関係です。
これが離職理由のトップになっています。
皆ストレス溜めまくって働いてますから、激昂しやすい状態なのですね。
AI導入に疑問の声を上げていましたけど、AIと人間が分業し介護にあたれば、
悪質な職員は「排除します」ということになるのかも。
悪質職員の給料が、ちゃんと仕事してる職員に回れば良いのですが。
事業所が肥えるだけだったりしてね。

たぶん、長い時間がかかるだろうな。いろんなことが改善されるまで。
「モチベーション向上研修」なんてやってますけど、正直「アホか・・」と。
もっとわかりやすいことで提示してくれていいんじゃないの、社会福祉法人さん!
と、思います。

夜勤明けです。
通常業務のほかに、ちょいちょい余計?な仕事が入ってきて、
明けだろうが休日だろうが、残業せざるを得ない状況です。
今日もお昼過ぎに帰ってきました。

余計な仕事、とは
私にとっては諸々の会議だとか、研修の資料作成だとか。
会議も何か議題があって、職員皆で何か考えましょう、というものなら良いけど、
「〇月〇日〇〇行事がありました。〇月〇日〇〇作業を行いました・・・」
ただの報告会なら書面で済むのでは?と思ってしまいます。
研修も現場に活きていない建前研修ばかりで意味あるのかな?と。
それらのために結構な時間を割いて、我々は残業するわけです。
(業務中は一切事務仕事はできない。)

しかしまた、この残業代が貴重な収入源であることは確か(笑)。
残業してようやく何も気にせず回転寿司に入れます(笑)。

先日、堀右衛門が「いずれ介護の仕事はAIがやるだろう」と言った話を書きましたが、
先ほど改めて当時の発言を読んでみました。
「誰でもできる仕事というのは給料が上がりづらい」
確かに堀右衛門にとっては「仕事」というより「作業」なんでしょうが、
(まともな)介護者からすれば、あれほど頭や心を遣う仕事はないのでは?と思います。
利用者さんを「モノ」と見てしまえばきっとラクです。「作業」になり得る。「作業」の対価なんて安いのは当たり前でしょう。
今日は同僚から、「夜勤中に利用者さんが亡くなった話」を聞きました。
人の死に立ち会う可能性がある仕事が、作業であるはずがないでしょう。

怒り任せに私の給料明細をupします↓
P_20180121_173513
今月は手取りが多かった(特殊な手当が付いた、でも右から左に消えるお金)ですが、通常は17万くらいです(通勤手当、住居手当、夜勤手当、残業代込みで)。ここから家賃、光熱費、食費、いろいろ出ていくと、「廻る寿司が唯一の楽しみ」状態・・・。たいして残らんよ。
これでも、他の事業所より給料は良いらしいし、女ひとり食べていくには充分かもしれません。
だけどすり減るような感覚で、あんなに頑張ってこれか・・・毎回給料明細見るたびに思います。
自分の辿った道に何も後悔はないけれど、やっぱりこの給料は安いと思うよ。モチベーション下がるわ。

国の偉い人もやはり我々の仕事は「作業」だと?
介護が必要な人がこれからどんどん増えるというのに、人材不足がニュースで流れるばかり。
本当に何とかしないとヤバいんじゃない?
ロボットが夜勤中に自分の死を看取るなんて、私はちょっとヤだな(笑・その方が気楽か?)。

(↑私の怒りと共に勝手に途中からフォントがでかくなってる・笑)

このページのトップヘ