本当に久しぶりのブログです。
身体がガッタガタでして。
最後のブログも蕁麻疹ネタでしたね。
現在も皮膚科通院中です。

どうにもこうにも、おさまらない蕁麻疹。
この辺りでは有名な皮膚科で、毎度2時間待ちです。
先日、3回目の診察でした。
1回目 Dr.「環状紅斑かなぁ」→アレロックと塗り薬で1ヵ月様子見。
2回目 Dr.「蕁麻疹、あるいは蕁麻疹の一種かなー」→アレロック、ルパフィンの合わせ技。
(余Dr.談「これだけ飲めば出ないっしょ、ははは」)
そして先日。

コブのように腫れた左腕を見て、
「これ慢性蕁麻疹だよ」と断言。
ようやく真剣にカルテを書きだした(笑)。
飼い猫のことも聞き取り・・・
「あと10年は出るよ!(蕁麻疹が)」
函館訛りのせいかふざけてるような口調に聞こえます。
「んーでも仕方ないねぇ」
はい、猫とは離れません。
「うーん」と悩みながら出された薬、「免疫抑制剤」
薬のことはよくわからんけど、重症なんだろうな、と想像がつく。
どうやら最終段階の薬のようです。
大概、抗ヒスタミン剤×2でおさまるらしい。
しかし、免疫抑制剤って長々と飲んでもいい薬なの?
なんか怖いし不安・・・。

しかし蕁麻疹はぴたっとおさまりました。
もうひとつの最終兵器があるんですが・・
「ゾレア」っていう注射です。
最後はそれにすがるしかないかと思うんですが、
お値段ナント!1回3万円!!!
って、マーシーもビックリじゃん!!!(爆)
それを月一回、3か月続けるそうです。
ま、これはもし使うことになったら詳しく書きます。
P_20190317_220056_1
にゃんこのせいではない(はず)