yami to hikari

闇と光、 自分にもあり、隣人にもある。

2019年03月

今、北海道地方では、
地震から半年ということで特番がやってます。

つい先日も厚真町で震度6の地震がありました。
21時過ぎ。私は翌日早番で、早々に布団に入ってました。
枕もとのスマホから嫌な音が。
揺れの直前に警戒音が鳴りますね。
ありがたいような、鳴ってもどうしようもないような(笑)。
余計不安になります。どれだけの揺れがくるんだろうって。

うちは震度3で、何も被害はありませんでしたが、
札幌では地下鉄が止まり、多くの帰宅難民が出ました。

半年前も今回も、怖かったのが津波です。
津波警報が出ないのを確認するまで気が気じゃありません。
調べたら、大きな被害が出るのは第二波で、
警報が出てから約20分で到達するようです。
うちは海へ歩いて行ける距離なので、迷ってる暇はありません。
クルマを使うな、と言いますが、走ってどれだけ逃げられるのか???

今度、引っ越そうと思ってる町も、見事に海沿いの町です。
目星をつけた物件は、20歩歩いたら海(笑)。
海と反対側に山がありますが、その間に線路が走ってます。
踏切を超えないと山側に行けない。
が、踏切が、無い!!!!
踏切と踏切の間が3km以上ある・・・。
線路を越えられないじゃん。

この辺に住んでる人は、諦めの境地なのか?!

何かと危機管理の甘い北海道です。
海沿いに、10メートル以上のビルを何か所か建てるとか、
すぐ避難できる場所を確保しないとダメなんでないの?

海沿いに線路が走ってるのがネックです。
線路から海側に住むのはヤバイかもしれませんね。
(誰も疑問に思わないのかなぁ???)

復興はもちろん大事なんですけど、
2度あることは3度ある、
危機管理もしっかり行ってほしいです。
P_20180426_151244
海はいろんな顔を持っている

ひとり暮らしになり、
コンビニやスーパーのお弁当にお世話になることが増えました。
副菜のしょっぱさに、「うわっ」と思うことが多いです。
弁当に付いてる醤油の類は一切使わない。

そう、私は味付けの薄い女(笑)。
まだ実家にいた若き日、
たまに味噌汁を作ることがありました。
母には、
「味が薄い!あんたの味噌汁は飲めない!」
と言われ。
出汁の風味が好きなので、味噌は控えめなのです。
友達にも「味が薄い!」と言われ続けてました(笑)。
「でも薄いけど美味しい、○○(私)の味付け好きだよ」
と言ってくれる幼馴染もいました。

結婚してからは、夫に「美味しい」と言われた記憶がありません(笑)。
元夫の母は実家が漁師なので、味がチョー濃いのです。
どうしたら褒められるのかわかっていたけど、
元夫の両親は若い頃から高血圧。
私は薄味で通してしまった。

娘がいたらひとこと言いたい。
男の胃袋掴みたいなら、味付けは濃いめに(笑)。
料理上手と錯覚させるのはこれが手っ取り早いのです。

出汁の美味しさで料理作る、
そしてそれを「美味しい」と言ってくれる男の人は少ない。
杉本彩のダンナか、お爺ちゃんぐらいじゃないか?(笑)
なんて、私の「出汁の味」って言ったって、「だしの素の味」なんだけど(笑)。
ハナっから玉砕なんだけど・・・。

どうして濃い味が美味しいと感じるのか?
若い人や身体を動かす仕事の人は、汗で塩分が外に出る。
身体がしょっぱさを求めちゃうんですね。
枯れて来るとしょっぱい味が苦手になるのもこのせい。

でもまぁ、歳取ってきて、自分は薄味で良かったなーと思うこともある。
血圧は至って正常。
周りは、夫婦揃って高血圧、という話もよく聞きます。

若い頃は褒められるために濃いめの味で。
徐々に薄味にシフトするのが、賢い妻なんだろうね。

そういや、「cook do」とか使うと、
凄いしょっぱい仕上がりになるなーと思ってた。
袋全量入れることが無かった。
しかし、それが世間の標準だったのですね?

これ以上病気を増やさないためにも、
今後も私は薄味で生きて行きます(笑)。
thFNKLVW5Z
この方の味付けってどうなんだろう(笑)。
破天荒で好きですが・・気になる。

異動が決まり、
私は既に、今の職場では部外者なのかもしれません。
このまま自分のことだけ考えて、
ロウソクの炎のようにシューっと消えていけば良いのでしょう。

しかしまた昨日、気になる発言が聞かれまして。

新人さん二人に対する苦情を強く述べる人がいるのです。

女ジャイアンのママ友である彼女。
心で「三白眼さん」と呼んでいます・・・。
20140317155919-446559749
三白眼さんの話は、妙に説得力があります。
話の最後に必ず、「と、私は思う!」と付けるのです(笑)。
かなりはっきり物を言う。
話の内容も整理されているので、頭は良い人だ、と私は感じています。

パートさんは誰が見ても、優しくて善い人なのです。
しかしそういう人が一番この職場には向いていない・・。
「悪いけどあの人が1年後、ここで通用するような職員になっているとは、私は思わない!」
三白眼さんの力説・・・たしかに、そうかもしれない・・・。
いや、そうなのだ・・・パートさんは永遠に、あなたのような残酷な対応はしないだろう。

異常な職場に最も適応している三白眼さん。
異常な中にいると自分の異常さがわからなくなるのですね。
それがスタンダードになってしまう。

私はこの職場のスタンダードから外れている。
その自覚の元、ここを去ります。

しかし、パートさんは我慢して務めている限り、
ずーっとこの職場の一員です。
三白眼さんの説得力に感化されれば、皆、パートさんを疎外するようになるでしょう。

三白眼さんの演説に欠けているもの。
それは、「それでは、どうすれば解決するのか」なのです。
いつもその演説に圧倒され、
(なるほど)と思い、家に帰ってもう一度三白眼さんの意見を考えてみるのですが、
(言いっぱなしで解決策がない)と気付きます。

てか、三白眼さん、本当は決定的な言葉は言いあぐねているのだと思う。
「あんた向いてないから辞めれば?!」
本当はそれが言いたいだけじゃないかな。

永遠に、この職場のスタンダードが出来ないパートさん。
正職と違って異動願も出せない。
解決策は二つにひとつ。
我慢を重ねてここに居続けるか。
辞めるか。

(この人辞めればいいのに!)
という思いの元、
じわじわ真綿で首を絞めるようなやりかたで、居づらい環境を作り上げる。
結局、またこれか・・・。
前の新人さんの時と同じじゃん・・・。クソか。

今度、パートさんと勤務が被ったら伝えよう。
「ここは、我慢して居続ける職場じゃないですよ」
(前も何度もヤンワリ伝えてはいるのですが)
異動の可能性があるなら、私のように辛抱するのもアリですが、
基本パートさんは、一度決まった部署から動くことがありません。
あまりにも可哀想すぎる。
私はもう部外者かもしれないけど、
最後の最後に出来ることだよね。

福祉の仕事なら(パートなら)、雇用先はたくさんあります。
ジャイアン、フレネミー、三白眼(苦笑)、
ここはヤバ過ぎるやろ(笑)!
本当に、逃げるが勝ちです。
パートさんが葛藤する必要は無い!

ここは修羅場。阿修羅しか務まらないらしい。
(一番可哀想なのは利用者さんだ・・・)

どんでん返しナシで、異動確定です。
とにかくホッとしました。
2転3転しなくて良かったです。

希望していた、児童の仕事がまた始まります。
地元では無かったけど、子どもの療育ということで、
ありがたいお話です。

心機一転です。
どうかフツーな職場でありますように(笑)。

やりたかった子どもの療育なので、
2~3年はここで腰を据えて頑張りたいと思います。
できれば「児発管」という資格取りたいです。

さて、「さよなら今の職場」です・・・。
何事も無く、静かに去れたら、と思ってます・・・。
P_20180324_150705
あと1ヵ月、ヘタこかないように(祈)。

ずーっと、困ってることがありました。
P_20190228_182030_1
市税(自動車税)の督促状です。
これ、下取りの車のです。

その辺よくわからず、
(手放した車と新しい車の2台分払わなくちゃダメなのか)
と思ってました。

毎月届く赤紙。
見るたびに嫌な気分になります。
数か月放置して、ようやくいろいろ調べてみました。

やっぱり、所有権は4月1日でクルマ屋なので、
私に支払い義務が無いことがわかりました。
(良かった、払わないで)

クルマ屋の担当さん、
納車時もタイヤ積むの忘れるわ、
希望ナンバーサービスも忘れてて、ナンバーは変わってないわ、
壊れてて直すと言っていたオーディオに関してはなしのつぶて。

こうなると私の場合、苦情を言うより、
もう関わりたくないわ~、となってしまう。
苦情を言われないと動かない、そこが嫌だ。

ヤフー知恵袋読んだら、
こういうだらしない担当者に言うのではなく、
本社に電話して対応してもらった方がいい、
と書いていたので、本社に連絡しました。
(ある意味ヤキですね)
本社の人、平謝りでした。

担当者、その日のうちに納付書を取りに来ました。
オーディオも直すとのこと(当たり前だ)。
ナンバーはもうめんどくさくなったので何も言いませんでした。
不備に関してなんで今まで連絡もなく放置したのか、
それも追求しませんでした。
(今解決したんだからもうそれでいい)
そんな感じ。

来るはずもない誠意ある対応を、
待ってる私もバカでのんきなオバサンですね(笑)。
ちょっと怒った方がいいんですかね。
そんな気力が今は無いんですよ。

このページのトップヘ