yami to hikari

闇と光、 自分にもあり、隣人にもある。

2019年01月

毎度、病気ネタですみません。
今日は膠原病の検査結果を訊きに行きました。
シロでした。

しかし本日も右脇というか右胸横に直径15センチの膨疹が出ており、
医師に見せると、
「蕁麻疹かな~」という反応。
慢性蕁麻疹ぽいと。

次は大きな病院の皮膚科受診となりました。

たらいまわし感満載です(笑)。
もういい加減疲れました。

今飲んでいる薬、子どもでも服用できるらしく、効きやしない。
「少しステロイドの入った薬を出してもらった方がいい」
と先生は言いました(飲み薬)。
ステロイド依存とかいろいろ言われてますけど、
眠れず、集中力も削がれてる今、この痒みを何とかしたい。
アトピーの人がしばしば自殺するのもよくわかる。
四肢に出まくったときには、頭がおかしくなりそうでした。

いや真面目に・・・「たかがアトピーぐらいで・・・」
みたいな言い方する人いるけど、
たぶん私の何十倍も痒いんだろうと思います。
私の皮膚も悲惨なことになってますけど、
とても露出する気にはなりませんね。
ホント、辛いと思う。

さて、年明け早々「闘病記」みたいになってます(笑)。
まずは膠原病でなくて、かなり安堵しました。
アレルギーは体質改善が大事みたいですね。
ここ3年ばかり食生活が超テキトーだったので、
出るべきものが出たのかも。
ちゃんと考えなくてはいけませんね。
P_20180615_175333_1
「猫としばらく離れて様子みるとかね」
とも言われたが、それは無理!!!(笑)。

実家に1泊しての通院です。
大荒れの天候の中、さっき自分家に戻ってきました。

落ち着いていた身体の腫れが、実家にて再発。
一番最初に腫れた左腕にまた膨疹が。
「これ、また出た」
と家族に見せると、
「あーーー」
「いや~何だろうね」
まぁ色々話を。
太ってるのが良くないという意見も(笑)。
耳が痛いのですが、一朝一夕に痩せるわけは無く・・・。
「あんまり治らないんだったら仕事休んで、
こっちの病院で検査しなさい」
と母に言われました。
そうしたいが、そうなると考えなきゃならないことが山積み。

うつ病の方は、今日は院長が診察。
身体の膨疹のことも話し見せると、
「あ~結節性紅斑かな~」
「今、膠原病の検査中です」
「あ~女性に多いんだよね。ま、心配だよね」
ライトな語り口と笑顔で言われ・・・
(笑い事じゃないんですけど・・・)
と思いつつも、私も愛想笑いです。

明日、膠原病の検査結果が出ます。
まぁ原因不明だとかストレスとか言われたら、対処が難しいですよね。
かと言って膠原病と言われるのも、ショックでかいなぁ、と。
難病ですからね。

とか言ってる今もまた、痒いのが出始めてます(泣)。何かの呪いか?
明日の結果発表?にむけて覚悟決めているところ・・・。
P_20180612_191253_1_1_1
「異常無いね~」と言われたらどうすればいいのだ?
「じゃ、何なんですか、これ?!」と突っ込むことにしよう・・。

身体のあちこちに出てた痒い膨疹が、
昨日から落ち着いてきています。
いったい何だったんだろう、
と思いますが、
金曜日に血液検査の結果が出るのでその時にわかるかも。

まだ、ダニの線も消せないので、
毎日服の熱湯消毒を行ってます。
消毒じゃないですね。
ダニは熱湯で即死するらしいので
撲滅作戦ですね(笑)。
75度の給湯器からのお湯を
バスタブに入れた服にシャワーでまんべんなく掛けます。

今後、休みの日に、服の整理をしようと思います。
私が買う服はほとんど千円以下なので(笑)
惜しみなく処分できますね。
ダニの繁殖考えると、服は少ないに越したことはない。

さて、これから地元の病院に行かなくてはなりません。
北海道は大荒れの天気、風が強いです。
峠を通らないとなると、片道車で4時間半かかります(泣)。
とてもめんどくさいですが・・・行かねば・・・。
P_20181205_145635_1
にゃんこ、留守番ばかりでしのびない。

今日はライトに。

最近ついつい惹きつけられるCMといえば・・・



久々になんか笑ってしまうCMでした。
「ワンピース」詳しくはないけど、
一番好きなキャラが「サンジ」(笑)。
顔、たばこの吸い方、歩き方、好きだわー。

実写はなんと窪塚洋介。
ハマっている!

窪塚ってチャラそうだけど、
言ってる中身はクソ真面目だよなぁ。

他のキャラも皆さんハマってますね~。
ゾロとサンジの絡みが良いですね。
ナミさんのボディ、CGかと思いました(笑)。
本物です。素晴らしい!

アレルギー検査の結果が出ました。
P_20190112_130144
あーあ(笑)。
やっぱり猫で出たか。

予想通り、ダニでも出ました。
ハウスダストはホコリ、ダニの死骸や糞ですね。
意外だったのは犬にも反応したこと。
猫ほどではないけど。

6段階評価なので、MAXでは無いんですね。
酷い目の痒みに襲われたり、くしゃみが出まくったり、
たまにそんなことがあります(たぶん部屋の掃除をサボってる時)。
最近そういう症状は出ず落ち着いてます。

ちゃーとは生涯の付き合いになるので、
「ずっと薬を飲み続けるとかした方が良いですか?」
と訊くと、
「いや、しなくていいです。もう飼っちゃってるんだから仕方ない」
症状が酷くなったら薬を貰いに行くということで良いみたい。

2週間分の飲み薬が処方されました。

そこで、
猫アレルギーの私が、猫と一緒に生活する上でのポイントをまとめてみます。


布団カバー、シーツはスルッとした生地

スルッとした生地(笑)。ポリエステルになるかと。
肌のためには綿が良さそうですが、
毛やホコリが付着するのを防ぐには、ポリ素材が良いみたいです。
コロコロ粘着シートでざっくり掃除してから干したり洗ったりしてます。

布小物は極力置かない

今回、部屋のクッションを全部、泣く泣く処分しました。
私は布小物が大好きで、たくさん手作りしましたが、
ホコリや猫の毛が付くのは必須です。
今後はカバー類も処分します。
ソファも布製品から買い替えたいところですが、
予算の都合で見送りました。課題ですね。

掃除はウェットタイプシートで

掃除機をいきなり掛けると、ホコリや毛が舞い上がります。
まずウェットタイプのクイックルワイパーで拭きながらホコリや毛を集めます。
それから集めたゴミを掃除機で吸い取る方法で掃除してます。
窓を開けてマスクして行うのがベター。

布団乾燥機をマメに掛ける

猫対策というよりダニ対策になりますね。
今は毎日掛けてます。
最後に布団に掃除機掛けるので、猫の毛も吸い取れますね。
P_20190107_211226

空気清浄機を設置する

うちも一昨年設置しました。
実感はそんなに無いのですが、
対策サイトでは症状を半減させる効果があると書かれていました。
アレルギー持ちの方には必須アイテムかもしれません。

猫に接近するのは最小限に

にゃんこ好きには最も辛いのがこれ(笑)。
うちのにゃんこはあまり膝乗りが好きではないので、
常に至近距離にはなりません。
しかしたまに膝に乗って来ると邪険にすることは無理(笑)。
撫でまくりです(笑)。
猫アレルギー対策サイトには、触ったら手洗いを必ずせよ、と書いてます。
やらなきゃダメですかー?(笑)。ハイ、やったほうが良いですよね・・。
爪で引っ掻かれたときや舐められると痒くなるので、
そういう時は流水で流すようにはしてます。

抗アレルギー薬を服用する

病院の薬が一番安心できると思いますが、
市販のアレルギー薬でも症状を抑えることができます。
鼻炎薬で大丈夫です。
常用はちょっと不安なので、
私は目が痒くなった時にだけ飲んでます。

神経質になりすぎない

アレルギーは体調が悪い時や、ストレスによっても悪化します。
マメな掃除は大事ですが、
あまり神経質になって、にゃんこがストレスになっては元も子も無いです。
にゃんことはほっこり暮らす、が大原則だと思います。


猫アレルギーといわれても、手放すことは考えられませんよね。
なんとかにゃんこと共存していきたいと思います。
猫を飼っていて、猫アレルギーMAXの方はさぞかし辛いことと思います。
飼った後から自分がアレルギーだとわかったとか、
どうしてもダメなこともあるかもしれません・・・。
そんな時でも、にゃんこの幸せになる方法を考えてあげてください。
保護団体に相談するとか、
猫カフェ経営しているところでも預かってくれることがあります。
(ただし悪質経営者には注意!)
他にも、ペットショップや動物病院など、
良いアドバイスが貰えるかもしれません。
まずは相談してみましょう。
P_20180115_210653

ペットというより家族だよね、やっぱり。

このページのトップヘ