yami to hikari

闇と光、 自分にもあり、隣人にもある。

2018年12月

身体がしんどくて今日は14時間ほど寝てしまいました。
昨日は明け番で行事がありまして。
明けで行事はかなり身体に堪えます。

P_20181212_164240
診断書を先月末提出しました。
だからといって何か配慮されてるわけではなく。
私の方からも、
「なんの配慮もいりません」「職場の人には言わないでください」「異動のみ考慮願います」
と部長に言ったので、業務は通常通りです。
今日は休みなのでなんとかやってますが、
勤務の日、こういう体調だと辛いですね。
なんらかの脳内ホルモンが足りてない感じ。節々が痛みます。

先日、リーダーも心療内科にかかりました。
「抑うつ性パニック障害」とのこと。
リーダーは皆に公言、「私はもう頑張りません!」と宣言しています(笑)。
公言したほうがリーダーはきっとラクです。
私の場合、ここが悩みどころで、
公言したほうが余計やりにくくなる予感がしてます。
裸に冷や水浴びせて来る人っているんだよ。
ここに来てからいろんなことが信じられなくなってる。
病気を皆に知らせる気になりません。
ウワサを燃料にしてるような人たちに。

いっそ休職出来たらラクだよな・・とは思います。
てか、「辞めます!」と言えたなら(笑)。
先のことが保証されてるなら「辞めます!」もアリでしょうが・・。

暇さえあればいろんな人の旅ブログを見てます。
誰も知らないとこで、好きなだけ寝て、好きな時に起きて、
気の向くまま街歩きして、気になったもの食べる・・。

P_20181208_125614
にゃんこと旅ブログが現在の癒しですわ。
早く年季が明けないかな(笑)。

人生、あんまり旅行しなかったなぁ。
それが今、心残りだな。

休みといえばパチンコ屋に入り浸り(笑)。
そして何処にでも行けそうなお金を溶かし(笑)。

東京に居ながら、東京の何処にも行かなかった。
北海道民の癖に、北海道のことよく識らない。

考えてみたら、行ったことのないところばかり。

こんなこと考えるのって若者だけなのかなぁ。

バックパッカー婆さんにでもなろうかな(笑)。
そんなこと思ってるうちに、足腰が立たなくなってしまうんだろうな。

壮大な風景が観たい、とか、
知らない人と交流したい、とか、そういうのは無い。
19d2018a-s
単純に「美味しそう!食べたい!」とか、
7e23e02c-s
「紫色のコメって食べたこと無いわー」とか、
もっぱら食い気ですね(笑)。

あとは今更外国語の習得に興味が出てきた。
片言でなんとか食べたいものを注文している自分を想像すると面白い。
(やっぱり食いもの関係・笑)

まぁ、中華街にでも行けば台湾料理はなんでも食べられるだろうけど。
そういうことでなくて。
温度とか、湿気とか、街の匂いとか。
「美味しい」と思う要素って、そういうところにもある。

日本だって行ったことないとこだらけだ。
数年前、実家の連中で計画立てたがパーになった沖縄。
自分のルーツである新潟。
そういや旭川にすら行ったことない(笑)。
襟裳岬も歌でしか知らん(笑)。

この歳になっても知らないことがたくさんある。
旅のこと考えると、つくづくそう思う。
P_20181208_125710_1
しかし旅の間、にゃんこはどーするのだ???
これ大問題。リュックに詰めて行くか?(笑)

昨日、一昨日は連休で、ずーっと台湾のサイトを観てました。
ボーナスがもしも多かったら、思い切って飛んでしまおう、と。

本日、「もしも」が泡のように消えました(笑)。
P_20181209_190452
毎度おなじみ、明細公開処刑です

これ、夏のボーナスより少ないんですけど・・・。
クルマのローンが天引きとはいえ、
これじゃ台湾どころじゃないですね。

最初、数字が、2だか3だかよく見えなかったんです。
(3なわけ無いよなー)
と思った瞬間、脱力しました(笑)。

たぶん、春には引っ越しです。
前回も10万ぐらい持ち出しがありました。
今回は繁忙期に引っ越すことになると思います。
このボーナス、全額パーかもしれません(涙)。

病気になるほど張り詰めて、
贅沢ゼロで切り詰めて、
2年頑張って働いて、いくら貯金できただろうか・・・。

台湾よ、さようなら・・・。
taiwan
ふらっと行きたかったよ。
・・・でも必ず行くぞ!そのために働くぞ!
激安弾丸ツアーでも絶対行きたい!

そうそう、私、かなり煮詰まってるんでしょうね。
「遠くへ行きたいbyジェリー藤尾」が頭に流れてます(笑)。
台湾の雑踏に独り揉まれたいのです。

当分お預けです。
あとは宝くじ当てるしかないですね(笑)。

12月になっちまいましたね。
11月も怒涛のように過ぎてしまいました。

がんの手術で入院していた利用者さんが退院しました。
医療設備の整った施設に転院、という話でしたが、
受け入れ先が見つからず、戻ってきました。
なんとなく予想はしてましたが・・。

上顎洞がんということで、
手術でがっぽり上顎が切除されてました。
口腔内上部と鼻腔の境目が無くなりました。
そこに蓋のような器具が装着されてます。
文字だとうまく説明できないな・・。
口と鼻がストレートになってしまった、ということです。
蓋で境目を作ってるんですね。

目を離すと他害に及ぶ利用者さんだったので、
戻ってきたら大変だ、と皆覚悟してたのですが、
全く手の掛からない別人になって戻ってきて驚愕です。
「座っててね」と言えばずーっと座ってるし、
すっかりおとなしくなってしまったというか。
我々にとっては良い変化なのですけれど。

精神薬を盛られて鎮静されてるわけではありません。
現在、精神薬を飲んでません。
どうしてなのか謎ですが、
手術後、ICUで数日間、昏々と眠らされてたようです。
もしかしたら電気ショック療法のような効果があったのでしょうか?
本当に、入院前の自分を忘れてしまったようなのです。

そんなわけで、
居るか居ないかわからないような存在になってしまい、
ユニットがカオスになることも無く。
今日も無事に私の仕事は終わりました。

しかし。私は凄く疲れてまして、
まるで燃えカスです(笑)。
仕事は通常業務だけではなく、
12月10日締め切りの論文提出だの、
会議だの、チューターだの何だので、あっちもこっちもです。
一応上司に診断書は提出しました。
予想通り、ふわっとした対応でした(笑)。
大ごとにしたくないんでしょうね。

ボヤけばキリがないです。今日はこのへんで・・・。

P_20181203_213345_1_1
ちゃーは今日もお美しいです。

このページのトップヘ