川崎の殺傷事件から5日経ちました。
当日、思わず書いた「ひとりで死ねって言うな」という意見に対するブログ・・。
今も「ひとりで死ね論争」とか名付けられ、メディアで話題になってますね。

私が書いたものも、かなり感情的なものでした。
論者の藤田氏の背景も全くわかってなかった。
彼は社会的弱者の支援を行っている方だそうです。
実際、そういう活動を行っている方の意見には、
「何故そう言うのか」の動機が明確で説得力があります。

だがしかし。
すごく単純に。

今回の犯人の生い立ち、確かにとても可哀想な境遇だと思います。
でもね、
何の落ち度も無い被害者の方が、比較できない程可哀想だよ。

やはり5日経っても、私は感情的なまんまです。

んで、
いったい社会的弱者の定義って何なん?
という疑問が湧いてきました。

身体的特徴、出自、学歴、病歴、性別、年齢、経済面、思想面などが、
他の多くの人と比べて不利な立場に置かれている人のことを言うらしい。

他の多くの人と比べて、って、どこで線引きするのだろう?
広義では、私も社会的弱者じゃん?
寛解してるものの、いまだに精神薬と睡眠薬を飲んで就寝し、
しんどいと言いながら働き、薄給を頂きなんとか生きています。
しかし、誰も私を「社会的弱者」とは認定しないと思います。
自分でも思わないし。
薄給だとしても、毎日外に出て働き、外部と繋がっていること、
がラインなのだろうか?

今の私が、「私は社会的弱者だよ!!」と大声で叫べば、
周りは冗談だと思って大笑いするでしょうね。
だけど、仕事を辞め、カーテンも開けない散らかった部屋に引きこもり、
訪ねてきた市の福祉課の人に、
「私は社会的弱者だよ!!」と叫んだらどうなるのか。
顔を引きつらせ、腫れ物に触るように丁重に扱われるんでしょうか。

どちらも、同じ私なのに。
社会的弱者って、いったい何やねん。

あと、もう二つ。今回の事件について。

「社会的弱者」である犯人も、
柳葉包丁両手に持って子どもの前に現れた時点で、
もう強者になっちゃうんでないの?
これもネットで言うなって言うけど、
完全に無敵なんでないの?

被害で負傷した方に、
「命が助かって良かったね」とはとても言えない。
包丁で切られるダメージって相当なものです。
長いリハビリが余儀なくされるでしょう。
後遺症に苦しむ方もいるでしょう。
「痛いよーおかあさーん」
事件直後の様子を映したテレビから聞こえた声。

この事件の本当の弱者は誰???
まず寄り添うべきは、誰だと思いますか?