何故、今時分に寺尾聡ネタなのか、
自分でもよく意味がわかりません(笑)。
しかし、つい先ほど、
テレビから「出航」が流れてきて「え?」と思いました。
どうやらCMソングになってるらしい。
世の中には似たようなことを考える人がいるもんですね(笑)。

中学1年の時、寺尾聡のアルバム「Reflections」のアレンジに衝撃を受けました。
当時は、「アレンジャー」の意味すらよくわかってませんでした(笑)。
まぁ、この素敵すぎるBGMの編曲をしてる人が「井上鑑」という名前だ、
とクレジットから知ったわけです。
このカッコよい前奏や間奏を考えたのが井上鑑って人なんだへえええ
って感じです。

そこから、「自分で楽器をレコードと同じに弾いてみたい!」
という欲求が生まれ、
明星の付録の歌本に書いてる記号、
「コード」というものが分かれば弾けるのだ!
と理解するのでした。

私のピアノの独学は、ほぼ明星の歌本が素になってます(笑)。
どなたが講師だったか・・・
かなり詳しくコード理論について解説してありました。
Em7の7とは何なのか。Amaj7のmaj7とは何なのか。
dimとは、sus4とは、f5、なんていうテンションコードも憶えました。
(ここまで付録本でやってたのが驚愕です)

それを、カワイのオルガンでフガフガ弾いてたのです(笑)。
そのうちオルガンじゃすぐに物足りなくなりました。
高校に入学するとき、ヤマハのクラビノーバちゃんが我が家にやってきました。
(勿論、私名義の定期預金が当てられました・涙)

長くなってしまいましたね。
初めて電子ピアノで「shadow city」を弾いたときは感動でした。

G#7-9 C#m Gdim7 B
これ、サビの部分のコードですが、クソカッコイイのなんのって・・・。
おそらく、寺尾氏のデモテープ段階では、
ここまでテンションコードは連発してないものと思われ。
しかもA7でサビを始めているはずです。
イントロでもこれでもかと言わんばかりにテンションコードを多用し、
エンディングでは何気なく転調しては元に戻るコードをリフレイン。
「やるな」「プロだな」「仕事できるな」
と思わせるのが、井上鑑氏の妙です(笑)。

ジャズピアノを学んだ人からすれば何のことはないのでしょうが、
ここまで凝ったアレンジは、日本には少なかったと思います。
当時、鑑氏はドナルド・フェイゲンをよく聴いていたそう。

なんか頷けますね。
AORってやつですね。

「Reflections」を聴き込んだおかげで、
巷に流れる曲を聴いただけで、
アレンジャーが井上鑑か否かが解るようになってしまいました(笑)。


音悪いので、鑑氏の仕事ぶりが伝わらないかもですが。
今や「ネタの人」となってしまった泰葉嬢の代表曲も氏のアレンジです。
これは、泰葉嬢が元々ジャズ畑の人ということで、
アレンジで大幅に手を加えた、ということはなさそうですが・・。
歌詞が残念なのと、歌唱が張り切り過ぎなのが惜しまれます・・・。
これも弾いてみると、テンションコードがいい味出してます。


当時、張り切って鑑氏のアルバムを借りてきた記憶があります。
が、歌唱が・・・。
いや、今聴くと悪くないのですよ。つぶやくような歌い方・・。
そして、アレンジは「ぽいよね!」って感じだし。
でも、購入には至りませんでした。
ちなみにこれもヨコハマタイヤのCM曲です。

ホントに何、長々と書いてるんでしょうか(笑)。

とにかく、寺尾さんの「Reflections」と井上鑑氏のアレンジは、
自分の音楽への目覚めのきっかけと言っていい、
とても大きな出逢いでした。
今に至るまで、「あ、この曲センスいいな」と感じる時の指標となってると思います。
てなわけで、今一度お聴きください。クソカッコイイです。