異動先へ、見学に行ってきました。

何の心の準備も無く(引継ぎと訊いていた)、
いきなり幼児療育に参加。
4歳の発達障害児といっても、ほぼ定型のお子さんと同じで、
内容は保育園のプログラムのよう。
昔で言う「お遊戯」的なものや、読み聞かせ、歌をうたう、等々。

とにかく、現在の職場でやってることの真逆。
働いている方はほとんどが保育士。
保護者の方もそばにいて、とにかく褒めちぎる!
現在と180度違う仕事内容です(笑)。
しばらく頭がついていきませんでした。笑顔は引きつるし(笑)。

しかし、久しぶりに繋いだ、ちいさな手!
自然と笑顔になり、忘れかけてた優しい自分が出てきました(笑)。
不思議だ・・・魔法のようなちいさな手。

現場では緊張しましたが、今になってほっこりしています。

職員の人間関係は、まだわかりません(笑)。
あまり最初からあれこれ考えないようにします。
(この2年間でかなり警戒心が出来てしまっている。)

ただ、実際見学して、不安なことも・・・。
ピアノ・・・私はなんちゃってピアノなので、不安。
楽譜通りに弾けません(苦笑)。
そして流石に皆さん有資格者なので、プロ。
流れるような療育内容。
私はついて行けるのか?!

今までの仕事は生活のフォローで、プログラムのようなものはありませんでした。
かなり勉強しなおさなければならない予感。
そういう面ではきっと今より大変そうです。

しかし、この年齢でまた勉強することができるのは、有難いことかもしれません。
何より子どもの可愛らしさが励みになります。

不安と楽しみが入り混じってる、今。
自分を取り戻す日々になるのかもしれませんね。
P_20190317_220056_1
にゃんとか頑張る!