私、取り越し苦労タイプです。
若い時から「もしも」の時のことをシュミレーションするのが癖になっております。
何故か?
ただ安心したいだけです。
「もしも」に備えると安心するんですね。

20代の終わり。
あらゆることが不安になり、
(まぁ病んじゃってたわけですが)
あらゆる対策をたてたわけです。
そのひとつとして、
夫婦型のガン保険に加入いたしました。
20代で、もしもの時は400万円もらえるという、
手厚すぎる保険に加入しました(笑)。

今思えば「なんでそんなのに入った?」と笑えますが、
当時は真剣でした。

がしかし。
「もしも」は10年経たずにやってきた。

30代半ばで、元夫がガンに罹患。
まさかの若年でガンとは。

それが、なんとも幸運なことに、
元夫のガンは極めて予後の良い「甲状腺がん」でした。
9割方完治します!と大学病院の医師のお墨付き。

ハイ、400万円、ドッカーンです(笑)。
他にも手術給付金やら入院給付金が出て、
元夫は「ガン長者」と呼ばれることに(笑)。

そして、ヤツは全額で、レガシー(車)を購入。
「貯金にまわそう」とか「美味しいもの食べようか」とか、
全くナシで全額クルマにしちゃいました(笑)。
その後もちろんガンは完治。

まぁいいけど。
何の話だっけ(笑)。

そうそう、「もしもを考える」というのは無駄ではない、
ということが言いたかった!

それで今、「今後、入院、手術という事態になったらどうするか」
ということを真面目に考え中です。
地元で入院するのか、仕事はどうするのか、
にゃんこはどうするのか、お金は大丈夫か、etc・・・。

「なんとかなるんでないかい?!」
そうは言っても、いろいろ決断し実行するのは自分だし、
お金は降って来るものじゃないのでね(笑)。
考えますよ。

・・・まだ病気が確定したわけじゃないので、
取り越し苦労に終わるかもしれないですが(笑)。
いつかは現実問題となることなので、考えておくことは無駄ではないよね。
P_20181027_160303_1
私が健康でにゃんこを看取るのがベストなのですが。