ネットのコラムで以下の文面を見つけて、ゾワッとしました。

平成28年の簡易生命表によると、70歳の人の平均余命は、男性15.72年(85.72歳)、女性19.98年(89.98歳)です。

女性は、人生90年の時代になってるんだ・・・。

コラムは、老後の貯金は1000万じゃ足りないですよ~という内容です。
ええええ!っと思って読んだわけです。

今の私の経済力では、精いっぱい頑張っても年間40万ほどの預金しかできません。
今年度はおそらく15万も貯められないでしょう。
春には引っ越しすると思うので。

今後15年、不意の出費を考えると、
年平均30万ぐらい貯められるんだろうか・・。
30万を15年間・・・450万だ・・・。
1000万なんてどこの世界の話だ?(笑)

老後は現在の水準より生活を落とすつもりではいます。
それでも年金だけじゃ毎月2万円は足りないでしょう。
年間24万円の補填と考えると、
90歳まで(!)だと、600万の預金が必要・・・。
足りないじゃん。
80ちょいでお迎えが来ないと駄目じゃん(笑)。

私なんぞ持病だらけですし、90歳まで生きる気なんか更々無いのですが。
そういうやつに限って長生きしちゃうんだなぁ(笑)。

父の弟が昨年亡くなりました。75歳でした。
生涯独身で年金もわずか、近所に住む長兄からお金を都合してもらい細々と生活していました。
体調を崩した時には所持金もゼロに近く、
父と長兄が奔走して生活保護の手続きをしました。

そういう手段もあるんだ、とわかっています。
しかし生活保護者の医療なんて杜撰で、
膀胱がんが見つかったのは亡くなるほんの少し前でした。
その日暮らしの叔父さんだったから、仕方ないかもだけど・・。

なんとか自分が生きて行く分くらいは賄わなきゃなぁ、と思ってます。
病気で倒れたとき、周りが困り果てるのは避けたいと思う。

お葬式は家族葬でこじんまりと。
そろそろ互助会に入って葬式代を貯め始めようかな。
お墓は別に無くてもいい。お寺の納骨堂で充分。
なんなら市営の共同墓地でもいいや(笑)。

コラムではこんなことも書いてました。

国も「人生100年時代」と言い始めているので、100歳まで生きることを想定して、老後の貯蓄を含めたライフプランを考えた方がいいでしょう。つまり、1000万円では全く足りないので、とにかく貯蓄を増やした方がいいということ。そして、幸いにも「若くて健康なまま歳をとる時代が来る」と研究者が予測してくれているので、80歳か90歳まで、あるいは生涯現役で働くつもりで、それを実現するための準備をしましょう。

げげげ!80歳まで働くなんて絶対イヤだ!!(笑)
「収入に見合った生活をすればいいだけ」
うちの母親は常々そう言っておりました。
そして現在もわずかな年金で上手に暮らしています。
たぶん、わずかな年金からいくらか貯金してると思います。おそるべし・・・。

きっと私もできるはず。
今のすずめの涙ほどの給料でやっているんだもの、できるはずだ(笑)。P_20181103_192331
家猫の危機感ゼロの感じ、うらやましい(笑)。