昨日は自分の年金について書きました。
65歳の受け取り見込み額は約13万円。
ちょっと補足すると、
2号保険者の期間は通算7年ほど、
専業主婦の期間が約20年、
離婚後、保険料を全額免除されていた期間が3年ほどあります。
離婚で年金分割された金額もおそらく含まれてこの金額です。
元夫はけっこうお給料もらってた方。
それで20年分の年金を半分もらって13万なのですよ。
平均的な収入で、ずっと専業主婦で、という方、
離婚後はおそらくいばらの道です。

たとえば、うちの母親なんかは、
父親の給料が少なく、ずっとパート勤めをしてました。
手に職も無く、仕事のスキルも無く、
毎晩のようにDVに遭うわ・・・、
頭にハゲを作りながら結婚生活を継続しておりました。
離婚しても自分の稼ぎで食べて行くことは難しかったでしょうね。
男を渡り歩くキャラでもないし(笑・この手段を取るひと多し)。
はっきり聞いてないですが、母の年金額は驚くほど少なかったはず。
とても独りで老後を生きて行ける額では無いです。

年金が少ない老人はどうすれば良いのか?
・・おそらく国がなんとかしてくれるはず。
それじゃぁ、私も65歳まで必死こいて働くこともないんじゃないのか。
13万円の月収って、病院代とか考えると、
家賃込みの生活保護とほぼ一緒じゃないのか・・。

ああ、また憂鬱になってきた(笑)。

さっきまで、また海外移住のサイトを観てました(笑)。
妄想してると心が安らぎます(笑)。
実行することは無いと思いますが・・・。
154115907540093304_765x517.water3
154115906825629005_765x517.water3
↑この部屋は台湾のワンルームです。家賃は3万3千円。台北では無いですが。
台湾では家具付きが普通だそうです。
今住んでいるところよりちょっと狭いぐらい。充分な広さです。
生活費は10万円で足りるというし。
まず3か月ほど滞在してみたいですね。

ええ、妄想ですよ(笑)。エンドルフィンが出て、心も身体もラクになるんです(笑)。

話が脱線してしまいましたね・・。
まぁ、自分の年金額考えると現実逃避したくなる、ということです・・・。
明日からまた頑張って働くかぁ・・・。