ついに、とうとう、退職者が出ました。
うちの職場3年目の若手です。
前々から一部の職員には退職を匂わせていました。
私にも、「異動じゃなくて辞めるかもです」と、
こっそり話していました。

昨日、「大事な話があるんですけど」と。
まだ課長とリーダーにしか伝えてないとのことです。
もうすぐ次のシフトが出ますから、皆にもわかってしまいますけど、
噂好きな他の職員に言ったら、一気に話が広がっちゃうもんね。
言わなくて正解。

祖父母が倒れ、ひとり親の母が面倒をみてると。
彼女も実家の手伝いをしなくてはならないとのこと。
この辺、ツッコミは無しで。そのまま受け取ってます。
上司には1ヵ月前に伝えたのに、今さら引き止めが掛かったらしいです。
もう次の職場も決まっているし困惑してました。
その引き止めの内容も事業所に都合の良い条件ばかりで、
何にも職員のことを考えていない提案だったと。
充分、想像できますね(苦笑)。

3か月休職扱いにする、とか。
(有給にするにはハードルがかなり高く、非現実的。)
実家のそばの事業所に配属してあげる、とか。
(うちと同レベルで劣悪な人間関係で有名、慢性的な人手不足の事業所。)

聞いてるだけでますます辞めたくなるっつーの(笑)。
あほですか、上司・・・。

有給もまるっと残っているので、
もう9月半ばから出勤しないとか。
うーむ、私の仕事にかなり負担掛かるだろうな、と
そんなことが頭に過りましたが・・・。
「自分の人生だもんね!」とエールをおくりました。
そうそう、会社のことを一番に考えても、いざとなったら何もしてくれない。
何言われたとしても、彼女の方が利口です。

彼女もまた、うるさ方から陰口たたかれ、嫌味を言われてました。
うんざりだったろうな。

シフトが出たら、ハチの巣をつついたような騒ぎになるんだろうな。
そしてまた、私にプレッシャー掛けてくるんだろうな(笑)。
休日が消化できないだろうな。
人員補充しないだろうな。
職場の空気、ますます悪くなるだろうな。

もう悲観しかないっすね~~~(苦笑)。
いざとなったら、倒れるしかないっすね・・(笑)。
P_20180830_130607
「あんたはどーすんの?!」と言ってるような顔。
「や、辞めたいですけど・・・」(笑)
私の人生、割喰ってばかりだなぁ・・。
異動もわからなくなってきたぞ(これが心配)。