yami to hikari

闇と光、 自分にもあり、隣人にもある。

昨日は明け番、職場で1時間ほど残業して帰ってきました。

11時頃から在宅ワークをスタート。
途中だらだら休憩だらけで、結局記事を書き終えたのが17時前。
やはりスムースに書くことができません。考え考え書くもので。
「ここの言い回し変だな」「ここはもう少し丁寧に説明しないと」「まとめがちょっと雑だな」
色々気になる訳です。
19時から修正して、完成したのが21時。眠かった・・。

順調に検収されたとしても、時給250円です(笑)。
能力次第なんですね。早くて完璧なら割の良い仕事です。

私の場合、コーヒー飲んだり、煙草吸ったり、テレビに気を取られたり、にゃんこに邪魔されたり(笑)。
自由な感じで書いております。これが私には良いんですね(笑)。
だから時給に換算するのは正しくないかな。
ただ、雑な仕事はしたくないので、「やっつけ記事」にならないよう気をつけてます。

「割に合わない!やめた!」と思う方もいると思いますね。
文章書くのが好きな私ですら四苦八苦してます。
「在宅ワークってどうなのかなぁ」と思ってる方は、一回単発の仕事をしてみて考えると良いかもしれません。

先日、ニュースで「在宅ワーク詐欺」についてやってました。
最初に50万払え、みたいな・・昔からあるやつですね。
私はその辺慎重で、時折「記事の書き方マニュアルお渡しします」という仕事もあるんですけど、
それすら「え、マニュアル代くれとか言わないよね?」と警戒してます(笑)。
今回の依頼主様は、最初から縛りが少なく自由に書かせて頂いたので信頼しております。

クラウドワークスが仲介してくれて、依頼主は報酬を前払いする訳で。
クラウドワークスがヤバかったら話にならないけど(笑)、
すでに支払われている報酬は検収が終わると受け取れるので、まぁ安心してます。

ちょっと困るのが報酬を振り込んでもらう時、振り込み手数料が500円掛かるんですよね。
これ何とかならんの?
仕方なく、これが痛手にならないくらい報酬が貯まってから受け取るようにしてます。

P_20180213_200057
こんなふうに邪魔されること多し(笑)

主婦だった頃、最後にやったパートがcoopのサービスカウンターの仕事です。4年就業してました。
これまた気苦労と業務内容の大変さが伴う仕事でしたけど、
それなりに楽しんで働いてました。自分に向いてるかな、と思った仕事です。

勤続年数の長いパートさんも多く、最初は確かに揉まれました(笑)。
でも半年もしないで馴染んでました。気の合う人は大抵いるもんです。
今の職場が特殊なんだなぁとしみじみ思います(笑)。

でも、気の合う人って何故か1年ほどで辞めちゃうんですよね。
クレーマーもたくさんいるし、coopのカウンターは出資金に関する業務も多いから気が抜けない。ミスすると局様の犯人探しが始まるし。
図太くないと続かないんですね。

でも、クレーマーの存在って嫌だけど、チームの結束力を上げるには良い存在なんですよ(笑)。
某国が日本の国旗を焼き払うようなものか?(笑)
お馴染みのクレーマーがカウンターにくると、一同目配せで(来たぞ)と合図(笑)。
お馴染みのクレーマーって「常連」「自分がこの店を支えている」という意識が強く、
自分をぞんざいに扱わない「お気に入りの店員」が必ずいるんですよね(笑)。
まぁ「お気に入り」がメインで対応するんですが、それでも臍を曲げることがあり、
そんな時に備えて、局様はしれーっと他の業務を行いながら力をためている訳です(笑)。
いざとなったら助け舟をいつでも出す準備をしてくれます。心強いもんです。
力を合わせて撃退したときには、後輩は「ありがとうございました」が素直に言えるし、
先輩は「大変だったね」とこれまた素直に労うことができますよね。

本当にクレーマーって面倒くさい存在だけど、必要悪なのかなって思います。

もし今の業界を去るとしたら、またcoopのサービスカウンターの仕事をやりたいかもです。
元の職場は「知りたがりサン」もいるので嫌だけど(笑)、どこか地方なら。
どうも私は面倒くさそうな仕事が好きみたいです(笑)。

P_20180214_212314

今日は副業の話です。
現在、依頼を受けて1記事2000円で他所ブログのライティングを行ってます。
ご依頼頂いた仕事は「かずみん」という人が書く、10回のシリーズ、みたいな契約です。
(実際はかずみんにはならないと思うけど・笑)

文字数は2000字以上。これって意外と書くのに時間を要します。
原稿用紙5枚分ですからね。
自分のブログは数えてないですけど、大体800~1000字くらいかな。
さらっと読むには800字くらいが丁度良いのです。

毎週2本書く流れになっているので、週4000円の収入が発生します。
1ヵ月で1万6000円の副収入になりますね。
なかなか貴重な収入源ですよ。

ただ、書いて納品した記事が毎度OKになるわけではなく、
ご依頼主様から「もう少しこう書いてほしい」「まとめ方を工夫してほしい」というような要望もあり、
書き直さなければならないこともあります。
相手が何を、どういうものを望んでるのか。
はじめにそこをよく理解しないと、頭を悩ませることになります。
それから、誰が読んでもわかりやすく、何が言いたいのか明確に書くこと。
これが意外と難しく、自分のブログのようにぼんやりまとめては伝わらない(笑)。
今回書くものは、最終的にポジティブに持って行ってほしい、とのことで、
ポジティブな事象の少ない現場の話なので、なかなか苦労してます(笑)。

仕事の休みに2本づつ書く予定でいます。
自分の仕事の良いところを探し出す機会にもなるかなぁ(笑)。

前にも書きましたけれど、これからどんどんパソコンを使った仕事、
在宅ワークが増えてくると思います。
私のようなワーキングプアには貴重な財源だと思いますね。
無理のない範囲で続けていきたいと思います。

P_20180201_121200
↑私のズボン、落ち着くらしい(笑)


このページのトップヘ