yami to hikari

闇と光、 自分にもあり、隣人にもある。

初めて買ったレコードは「reflections」、
初めて行ったコンサートは寺尾聡。
中1の時でした。

何故、あんなにハマったのか。
何故あんなに総てがカッコイイと思ったのか。
単にブームに乗ったわけではありませんでした。
それだけなら、レコードも買わず、コンサートになんか行くわけがない。
大昔の13歳なんてまだまだコドモで、
当たり前のように、コンサート行きは母親に大反対されました。
それを押し切り、しかも友達の分までチケット代を払い、
震える気持ちで強行したのです。
「ホンキ」でした。

コンサートで観た、実物の寺尾さん。
(うわぁ、本物だぁ!)
生まれて初めてのコンサートだし、同じ空間にいるしで、
感動は半端ありませんでした。
寺尾さんの大好物のイチゴを、
ステージに持ってくる人が続出してました(笑)。

何故あんなに好きだったのか。

初恋の同級生に、クソミソ言われた記憶があります(笑)。
「なんであんなジジイがいいの?」
「サルみたいな変な顔!」
・・・酷くないですか(笑)。
その時は黙ってしまいましたけど、
今、BBAになった私ならわかります。
「ジジイ(大人)だからいいの!」
そう、当時34歳の寺尾さんはこう呼ばれてました。

ナイス・ミドル

これ死語だし(笑)、今の感覚じゃこれまた失礼な話です。
嵐の二宮に「ナイス・ミドル!」なんて言わないでしょ(笑)。
昔は30過ぎたら十分に大人だし、中年でした。
たぶん、捻じれたファザコンの私にはとても魅力的に思えたんでしょうね。

サルみたいな顔・・・(苦笑)。
寺尾さんに関しては顔じゃなく、
朴訥でシャイな雰囲気に惹かれたんだと思います。
それでいてちょっとおちゃめな感じ。
13歳にして、母性がヤラれたんでしょうね(笑)。


それから、音楽性ですよね。
当時、私はマッチに夢中でした(笑)。
そう、今やジャニーズの大御所、マッチさん(近藤真彦)です。
アイドルだらけのヒットチャートに、寺尾聡の曲は異色でした。
アルバムを買う前、クラスの音楽好きの男子がテープに録音してくれて、
「ヘッドフォンで聴いてみれ!いいから!」
聴いてみると、その音に衝撃を受けました。
聴きなれた「歌謡曲」とはかなり違う。
寺尾さんの歌もいいけど、
なんなんだ、このバックミュージシャン?のレベルの高さは!、みたいな。

そして、「井上鑑」というアレンジャーの名を知ることとなるのです。
(後半につづく)

あ~だいぶ間があいてしまいましたね。
10連休はあっという間に終わり、仕事に行くのがしんどいです(笑)。

連休2日目、妹が彼氏さんと来訪しました。
なんか自分、おじゃま虫みたいで(笑)、
行楽地に同行しましたが、なんかすいませんっ、て感じで(笑)。
このブログも読んでいるんだろーなー(笑)。
いやホントにすみませんでした!(笑)。

まだお互い知らない所がたくさんあるようなので、
ゆっくり♡を育んでいただきたい、と、
傷だらけの姉から言えるのはそれぐらいです(笑)。

妹はうちに2泊し、実家に送って行くと、
父がめまいを起こし不調になってました。
はじめて、低血糖発作を起こしたようです。
病院がたまたまやってたので連れて行きました。
取り敢えずなんでもなかったですが。
もう78になるので、これから心配です・・・。

そんな訳で、
気付くと連休も半ばになってました。
あと10日休みたい気持ちでした(笑)。
休みを持て余しそう、と思ったのは見事に杞憂でしたね。

私は特に何もなく、明るい未来の展望もなく(笑)、
何故か、妹を送る道すがらで聴いた寺尾聡にハマり(笑)、
残りの休日はひたすら「shadow city」を聴いて過ごしました。


これは昭和の名曲だと思います!
井上鑑のアレンジは、今聴いても鳥肌ものです。
凝ったテンションコードの連発とか、
アドリブさえ計算しつくした感の音、
ちょっとこの曲のことはまた後日書きましょうか。


井上鑑の名曲はこちらも。
「夏のクラクション」なんかも凄いですが、
昔「ヨコハマタイヤ」のCMで衝撃を受けたので・・。
稲垣潤一も今更聴くと凄く良いですね。

音楽談義はまた改めていたします。

仕事は徐々に大変になってきましたよ~。
学校の先生をイメージしていただけるとわかりやすいかな。
自分で授業を組み立て行う、みたいな。
それに伴い、日誌なんかも作成しなければならないし。
でも苦痛ではないです。

職場の方々は、私がどう足掻いても、決して届かないプロばかり。
私にはこれぐらいの環境の方が良いのです。
敬える方々が周りにいると、自然に遜る気持ちが湧きますよね。
毎日が勉強です。
この歳になって毎日勉強の日々が来るとは思ってなかったけど(笑)。
仕事の時間があっという間に過ぎてしまいます。

更年期障害と共存しつつ頑張りますわ(笑)。

ついに逝かれた洗濯機。
脱水、3回くらい掛けないと、水が切れなくなってました。
使ってたのはハイアールの中古、なんと3千円の品(笑)。
東京の、例の家賃2万4千円のアパート時代から使ってたやつです。
あれから5年弱、なのかな。
充分、働いてくれました。
ありがとう、そしてさよなら、ハイアールの洗濯機。

今日、新しい洗濯機が来ました。
前の職場で使ってたやつと同じなのが気になるが(笑)。
小さ目のでも良かったんですが、思い切って7kgにしました。
週末にまとめ洗いになると思うので。

痛い出費ですよ・・・。
配送・設置料で6千円も取られました・・・。
さっきおじさんが苦心して設置してくれました。
さらにリサイクル料も3千円弱・・・。

さよなら、諭吉5人・・・。
仕方ないですね、買い替え時です。

このページのトップヘ