yami to hikari

闇と光、 自分にもあり、隣人にもある。

スマホからなので、長文は無理(笑)。
小話です。

職員の顔写真を撮りました。
発達障害児なので、視覚からアプローチした方が憶えるんですよね。

職員それぞれ10枚ずつくらい撮ったんですが、
私、10枚とも、
大山のぶ代(爆)。

今は毎日、目がむくみとアレルギーで腫れちゃって、
笑うと目が線になるのです。

んで、大山のぶ代_ 。
全部…。

撮影者の先生に、
「どれがいいですか〜?」
と聞かれましたが、
のぶ代オールだったので、
「どれでもいいですっ」
と答えました…。

2年間、すっぴんで仕事してたんで、
鏡見ないうちにのぶ代度が増してしまいました(笑)。

撮影者からは「やさしそう!」と慰めの言葉を頂きましたが(笑)。
どうなのよ(笑)。

書くことが一杯あるのですが手短に。

昨日、着任しました。
やはり職場の雰囲気は全然違う!
ひとことで言えば子ども教室みたいな感じ。
職員も○○先生と呼ばれ、教育者ですね。
私はこっちの職場がやっぱり向いてそうです。
今のところ、楽しいですよ(笑)
職員も砕け過ぎず真面目過ぎずな感じです。

業務は大変そうです。
憶えることも山のよう。
前の職場から引きずってるものは何もないので、
そんなにギャップも感じてないです。
見学の時はビビったけど(笑)

本格的な引越しは後日なので、
今はテレビもねぇ、ラジオもねぇ、(笑)な生活です。
不便ですよ。

パソコンも接続出来ないので、
暫く更新は滞りますね。

あとひとつ、
今年の重大ニュースがもう決定しました(笑)。
なんと!
妹に彼氏が出来ました(笑)。
電撃でたまげました!!!
令和と共に、新しい時代の幕開けですね(笑)。
君に幸あれ!です。

では今日はこの辺て。

仕事、終了です。
明々後日から新しい職場に異動する実感がありません。

施設の利用者さんって、別れ慣れしてるんですよね。
前の施設の子どもたちもそうだった。
一部、すごく悲しんでくれる子どももいたけど。
毎年、繰り返される出逢いと別れ。
重度知的障がいの方たちなので、どこまで理解してるのかわかりません。

「じゃあね、元気でね」
「元気でね」
「ばいばい」
「ばいばい」
オウム返しのお別れ。

その中でも会話の成立するOさんからは、
「あら、いなくなっちゃうの?あらー元気でね。お身体に気を付けて」
と丁寧なお別れの言葉をいただきました。
Oさん、今日の入浴介助で、お腹がぽんぽこりんに張ってるのを見ました。
「もったいない」と言って、排泄を拒むんです。
なので、「うんこ溜まってたら病気になっちゃうよ。出そうね~」
と優しく誘い、トイレに一緒に行きました。
「はい、お腹に力入れてね~」
すると、どぼどぼと・・・。
私の最後の仕事は、尻拭き介助となりました(笑)。

なんというか、この職場を象徴するようでした(笑)。

いろんなことがあり過ぎたけど、
もう、全部過去です。
それこそ、きれいさっぱり水に流して(笑)、
次の職場に向かいます。

「お世話になりました!ありがとうございました!」
最敬礼で、大きな声で。
職場を後にしました。
elly181027A002_TP_V
もう不快な職員や出来事に、意識を持っていかれることはない

このページのトップヘ