yami to hikari

闇と光、 自分にもあり、隣人にもある。

長々とお休みしてしまいました。
ここのIDすら忘れ浦島状態です(笑)。
どなたも、訪問者などいないだろうなぁ、と思っていたのですが、
過去記事から来ていただいていたようですね。
読んでいただきありがとうございました。

さて、最後に記事を書いてから1か月以上経過したわけですが、
まぁいろんなことがありました。

先月末に相方さんは東京へ帰りました。
北方から猛暑の国へ(笑)。
私の住んでる所は、今年は特に涼しくて寒いぐらいでした。
職人で、毎年夏はロングバケイションな相方さん。
(まぁ今回はもう少し込み入った事情があったのですが)
なにも慌ててクソ暑い東京へ帰らなくても、とも言ったのですが、
残してきた息子とワンコとニャンコが気になるとのこと。
(息子っちは成人してます)
泣く泣く(泣いてないか・笑)帰っていかれました。

P_20180717_231027
手だけ出演

7月中旬は釣りの日々。
下旬はパチの日々(笑)。
これと言って何かするわけでもなく。

P_20180717_232529_1
キュウリウオのお造り

二人で協力してご飯を作り、
ご飯の感想を言いながら食べる。
なんともフツーで、なんともありがたい時間を過ごしました。

帰って1週間は、仕事もバタバタしてて何ともなかったのですが、
その後、ちょっと放心しました(笑)。
そして今に至る(仕事のバタバタは続いている)。

うーん、また放心しそうだからこの辺でやめます(笑)。

仕事のバタバタについてはまた後日。

ブログ、何日か空いてしまいましたね。
東京から相方さんがやって来ました。
年に1度、この時期しか逢えないので、一緒にいる時間を大事に、と。

雨が続いて釣りに行けず、暫くパチンコばかりしてました(笑)。
ようやく今日晴れて、私は仕事ですが、相方さんは念願の釣りに。
寒くてさっき家に帰ったようです。

やはり、一緒にいるとほっとします。
職場の人と話をするのとは違う。
説明しなくても話が通じるというか…。
1531315694379

子供の頃から音楽が大好きだったけど、
30歳前後も随分聴いてたなぁ。
そう、私の闇の時代。
何も考えたくなくて、音楽で頭を一杯にしたかった。





掃除をしながら、オリジナルラブからラルクへ。
懐かしいけど、辛かった頃を想い出す。
ポータブルCDをいつでも持っていて、
街を歩きながら聴いていました。
特にラルクは一番精神状態が悪い頃、聴きまくっていました。

回復期は、




少しずつ「モノを考えたい」欲求が出てきて、
ちょっと哲学的な匂いのする彼らの曲にはまりました。

この頃の曲聴くと、やっぱり鳥肌立つんだよなぁ(笑)。

このページのトップヘ