yami to hikari

闇と光、 自分にもあり、隣人にもある。

樹木希林さんが亡くなりましたね。
なんか、全身がんだといいながら、ずーっと生きてるような気がしてたのですが。
がんを上手に飼いならすことを会得してる方のような。

樹木希林さんと内田裕也さんの夫婦は、昔から興味があって。
也哉子さんのエッセイを読んだことがあります。
也哉子さんが子供の頃、何度か3人で食事に行ったことがあるそう。
だけどちょっとしたことから裕也さんが激昂し、
場が滅茶苦茶になり、
毎回、也哉子さんが泣き出して終了だったそう。

若い頃はこのご夫妻、すごく妙な取り合わせだと思ってました。
でもいろんな希林さんのエピソードを見聞きするほどに、
「ロックンローラーは希林さんの方だ」と、
この夫にしてこの妻ありき、というか。
縁の深いふたりなんだろうな、と思うようになりました。

真逆のようで似た者同士。
裕也さんが一番畏れていたのが希林さん。
俺より破天荒、と思っていたのでは(笑)。
希林さんも裕也さんの中に、
全く自分と同型のものを見ていたような気がします。

どうして離婚しないのか、の問いに、
次に生まれたときにもう出逢いたくないから。
出逢ったらまた大好きになって自分の人生が大変になる。
だから今生で添い遂げる。

その言葉に、
自分の人生捧げるってこういうことなのか、
と思いグッときました。
無題
この画像、数年前に見たとき衝撃でした。
すべてを物語っているような・・。
お似合いですよね。

どうなのかな・・・。
次の世も、このふたりは出逢ってしまうような気がする。
希林さんも、なんだかんだ言って望んでいるのでは?
大変な人生になるとしても。

希林さん、お疲れさまでした。
ゆっくり休んでくださいね。

https://miyearnzzlabo.com/archives/21221
↑希林さんに関する面白い記事を見つけました。
結構な毒婆さんだと思いました(笑)。

嫌なことがあっても、大概口にせず、我慢して流します。
まぁ、2~3か月は我慢しっぱなしのことが多いです。
何故その場で爆発しないのか?
性分としかいいようがない。
両親の壮絶な喧嘩の中で育ったから、
(といっても一方的な父のDVだったけど)
喧嘩が苦手というのもあります。

そして50年生きてきて、なんとなく学んだこともあるから。
それは「時間が解決してくれる」ということ。

爆発せず、じっと堪える。
もしかしたら状況は、明日には変わっているかもしれない。
1週間後には・・1か月後には・・。
それが叶わないとき、私は積もり積もって爆発するんですね。

(いい加減にしてくれ!!)という感じで。

ええ、今日、爆発してしまいましたね(苦笑)。

スルーし続けてたんですけどね。
昨日もまた嫌味を言われ。
(やれやれ、いつまで言い続けるんだ、この人は)
と、いい加減、相手の粘着ぶりに、昨日はちょっと嗤ってしまいました。

私、学校でも他の職場でも、ここまで人とトラブったことって無いです。
ホントに、今の状況って私の人生から言っても特殊です。
だいたい、いい歳コイたら、嫌なことあっても、
自分も大人の対応だし、相手も大人の対応だし。
相手を不快にさせる言動って、積極的に取らないのが普通でしょ?
この職場では、普通でないのが普通。
何かの業かなと思うほどです。

地獄の真ん中で叫んでしまった(笑)。

小1時間ほど話をしてましたが、
何も解決してないのに「わかったわ」と言われ。
「何がわかったの?」の問いに答えることもせず。
手前勝手に完結されてしまいました。
(それがその方の常套手段なんでしょうが)

こういう終わり方ってモヤモヤしますね(笑)。
気持ちを晒した甲斐がないというか。

解決は、今まで通り、時間に委ねる、で良いのでしょうか。

自分のためにも、皆さん(臨時職員さん)のためにも、
私がこの職場を去るのが一番良い方法だと思うんですが。

異動させてくれ、頼む!もう限界!(笑)。

いつもの薬置き場に、薬がない!

薬置き場から、だいたい1週間分の薬を出して、
別の所に保管しています。
1か月半分の薬が、袋ごと無いのです。

病院に行った記憶を手繰ります。
主治医の顔は思い出せる。
でも薬局の記憶が無い。

もしかしたら薬局に行き忘れた?
だとしたら薬の数が合わない。
家の中にあるはず。
少し使ってどこかに置き忘れた?

それでも一応クルマの中をみます。
やっぱり無い。

と、ようやく。
玄関の、地震避難用バッグに気づきます。

あーーーーここだ。
袋ごと全部ここに入れたんだった。

薬が無い不安から解放され、
そして、自分のもの忘れにガックリきて、脱力・・・。

まだまだもの忘れに悩む年齢ではないのですが、
今回のはまいったなぁ。
全然思い出せないんだもの・・。
こんなことが増えていくのかなぁ。
P_20180911_182537
黄昏・・・。



このページのトップヘ